おーぷん2ch速報

話題のニュースをお届けします

    タグ:阪神タイガース

    1: 名無しさん 投稿日:2015/01/11(日) 12:29:28.49img_e3ab35904ae8fe658d0147898fb88e3f190934
    ■「レギュラーとしての彼の能力に対する疑問からマーケットは限定されていた」

    海外FA権の行使を宣言しながら、最終的に阪神残留を決めた鳥谷敬外野手に関して、メジャー契約のオファーが届いていなかった可能性が浮上している。

    パドレスの本拠地サンディエゴの地元紙「ユニオン・トリビューン」は「トリタニ、日本残留」との見出しで、日本人内野手の決断を報じた。
    33歳の遊撃手はスコット・ボラス代理人と契約し、メジャー移籍を模索。候補にパドレスも挙がっていたが、鳥谷が阪神球団を通じて残留を発表したことを伝えている。

    強引な手腕で有名なボラス代理人は、鳥谷を「日本のカル・リプケン」と伝説の鉄人にたとえて、売り込みをかけていた。
    だが、記事では「メジャーリーグのレギュラーとしての彼の能力に対する疑問から彼のマーケットは限定されていた」と報じている。

    さらには「パドレスに加え、ブルージェイズ、メッツが興味を示しているとされていたが、関係者が先月語ったところによると、サンディエゴは鳥谷に対する正式オファーに至らなかった」ともレポート。

    同紙は年末に、鳥谷について一番打者とショートというパドレスの補強ポイントを満たす存在と報じていたが、オファーは出ていないとした。

    また、最も鳥谷獲得に熱心とみられていたブルージェイズも、正式オファーはまだ出していなかったようだ。
    米テレビ局「CBSスポーツ」の敏腕記者ジョン・ヘイマン氏は、自身のツイッターで「阪神で1444試合連続出場中のタカシ・トリタニは阪神に残留する。
    ブルージェイズは1度も正式オファーを出していない」と報じている。

    ■成功例の少ない日本人内野手、メジャーの評価は厳しい?

    ブルージェイズのアレックス・アンソボウロスGMは、地元メディアグループ「スポーツネット(電子版)」で鳥谷について「我々は少しだけ彼を調査していた。彼のことを評価しているスカウトもいる。クラブ内で議論している選手であることは間違いない。それ以上のことは何もないが、間違いなくチームにフィットする選手だよ。代理人と会談を持ったことは間違いなく事実だ」と語っていた。

    だが、アスレチックスとのトレードでジョシュ・ドナルドソン内野手、さらにパイレーツからFAとなっていたラッセル・マーティン捕手というオールスタークラスの実力者を次々と補強するなどマーケットで積極的だったブルージェイズも、鳥谷に対する動きは興味止まりだったという。

    さらにメッツに関しても、「タカシ・トリタニが2015年日本残留」と伝えた地元紙「ニューヨーク・デイリーニューズ」が記事の中で「メッツが今オフの初めに注目したが、最終的に興味を持たなかった日本の遊撃手、タカシ・トリタニは阪神タイガースに残留することになると、球団が金曜日に発表した」と言及し、鳥谷に対する興味が薄かったことを示唆している。

    鳥谷に興味を持っているとされていた3チームからは、いずれも正式オファーはなかったと地元メディアが伝えている。
    代理人と各球団の交渉はあったはず。だが、日本球界最高の遊撃手という評価を集める鳥谷をもってしても、正式なメジャー契約のオファーが届かなかった可能性が高い。

    レンジャーズのダルビッシュ有投手、マリナーズの岩隈久志投手、レッドソックスの上原浩治投手、田澤純一投手、そしてヤンキースの田中将大投手らが活躍している日本人ピッチャーは、MLBで絶大な評価を手にしているが、成功例の少ない日本人内野手に対するメジャーの評価は厳しいようだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150111-00010000-fullcount-base

    【【阪神】鳥谷敬にメジャー契約のオファーはなかった?成功例の少ない日本人内野手、メジャーの評価は厳しい・・・模様。】の続きを読む

    1: 名無しさん 2014/10/18(土) 05:47:39.21 
    725bb555









    メジャーリーグはポストシーズンに入り、青木宣親が所属するロイヤルズの奮闘などで盛り上がっている。メジャーはア、ナ両リーグ15チームずつあり、そのうち地区シリーズに4チームが進み、リーグ優勝を争い、ワールドシリーズ進出をかける。ポストシーズンの枠自体が狭き門だから激しい争いになる。
    それに引き換え、セ、パ12球団のうち各リーグの上位3位までの6球団がポストシーズン=クライマックスシリーズ(CS)に進む日本の制度には疑問を感じる。

    (略)

    メジャーが常に新しい趣向にチャレンジできるのも、球団数が多いからだ。
    ポストシーズンの地区シリーズに進むのはア、ナ4チームずつの計8チーム。
    つまり30分の8で、その他22チームは敗者ということになる。
    これは絶妙なバランスで、これよりも門が狭すぎても広すぎてもしらけてしまうはずだ。
    日本のCSは、となると明らかに門戸が広すぎる。セ、パ6球団中、優勝チームから3位までの3球団が進出する。つまり12分の6。これはいかにも緩い。
    可能性としては、レギュラーシーズンを負け越しても3位に入り、CS、日本シリーズと勝ち上がれば日本一にもなり得る制度だ。レギュラーシーズンの144試合を負け越したチームに「日本一」の称号を与えるような制度はやはり、問題があると言わざるを得ない。

     http://www.nikkei.com/article/DGXMZO78245860Q4A011C1000000/ 

    【プロ野球のCS制度はもう廃止しよう。マジで。いやマジで・・・の模様。】の続きを読む

    1: 名無しさん 2014/09/12(金) 10:36:05.47 ID:???0wada-01
    和田監督続投白紙、岡田氏、金本氏ら候補

    阪神和田豊監督(52)の続投方針が白紙になったことが11日、明らかになった。
    逆転優勝のラストチャンスとなった巨人戦で悪夢の同一カード3連敗。Bクラス転落の可能性がある中で、来季の監督人事は白紙に戻った。次期候補として、元監督の岡田彰布氏(56)や金本知憲氏(46)、矢野燿大氏(45)ら有力OBの名前が浮上。和田監督の続投も選択肢に入れ、慎重に選定作業を進めていく方向だ。

    阪神の監督人事が風雲急を告げる動きを見せてきた。逆転優勝にわずかな望みを抱いて、巨人戦に臨んだ。それがまさかの同一カード3連敗で、首位に7・5ゲーム差。4位DeNAが肉薄する予想外の展開だ。
    泥沼の6連敗で悪夢は続く。これまで球団側は「よほどのことがなければ…」と和田監督の続投を基本線にしていたが、CS本拠地開催の可能性さえ危ぶまれる事態に続投方針は「白紙」になった。

    次期監督として、有力OBの名前が浮上した。その1人が元監督の岡田氏だ。04年から5年間、指揮を執り、
    05年にはリーグ制覇を果たした。最強のリリーフ陣と称される「JFK」の編成など用兵に優れ、選手の信頼も厚い。培われた野球観を基に、勝負にこだわった采配が今も高く評価されている。
    08年はシーズン序盤から独走しながら、球史に残る巨人の追い上げを受け、2位に終わった。
    球団は全力で慰留したが、V逸の責任を負って、辞任。その後はオリックス監督を3年間、務めた。

    阪神は最後の優勝となった岡田政権下の05年以降、リーグ優勝に届いていない。
    特に後半戦の失速は近年の恒例行事となり、課題を克服できていない。ただし外国人選手を中心に戦力は
    他球団に見劣りしていない。現在のチームの基盤を引き継ぎ、スムーズに新体制に移行することを考慮すれば、岡田氏は適任と言える。

    有力OBとして、金本、矢野両氏も候補に挙がっている。03年、05年の優勝メンバーで実績、経験ともに申し分ない。ファンの人気も絶大で、指導者としての復帰が待ち望まれている。
    手腕は未知数ながら、選手からの人望も厚く、チームをしっかりとまとめ上げていくことが期待される。
    観客動員が減少傾向にある中で、チームの魅力を高める起爆剤になる。情熱的な指導で定評のある平田2軍監督も候補だ。

    来季は球団創設80周年。今季の優勝が絶望的な状況で、メモリアルイヤーのV奪還は重大な使命だ。
    白紙にはなったが、和田監督の続投も選択肢に入れ、来季監督の選定作業を慎重に進めていく。

    nikkansports.com http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20140912-1365287.html

    【【次は?】阪神、和田監督続投方針を白紙に…次期候補として岡田彰布氏、金本知憲氏、矢野燿大氏らが浮上・・・の模様。】の続きを読む

    1: 名無しさん 2014/08/29(金) 22:24:25.40 ID:???0ダウンロード (2)
    阪神・鳥谷のメジャー挑戦 「10年に1度のチャンス」到来

     「メジャーに挑戦するなら、今オフは10年に1度の大チャンスです」
    メジャーに詳しいスポーツライターの友成那智氏がこう言う。毎年のように「チャンスがあれば」とメジャー挑戦への憧れを語っている阪神の鳥谷(33)に向けての友成氏のアドバイス。その理由はこうだ。

    「メジャーは鳥谷を遊撃手ではなく二塁手として見ている。今オフのメジャーのFA市場は遊撃手にハーディー(オリオールズ)、ラウリー(アスレチックス)など多くの有力選手がいる一方で、二塁は人材がほぼ皆無という状態。目玉のひとりだったゾブリスト(レイズ)は、今季の成績(打率・278、9本塁打、41打点)を見ても、レイズがオプションを行使すると思う。あとはウィークス(ブルワーズ)くらいで、高齢選手が多く、実力者がいない。これは近年にないことです」

     では、二塁手としての鳥谷獲得に名乗りを上げる球団はあるのか。条件はどの程度になるのか。

    「ヤンキースはカノーがマリナーズに移籍して二塁を固定できないでいる。オリオールズも同じく二塁手がいない。ブルージェイズは川崎との天秤になるでしょう。もっとも、同じ日本人内野手として西岡が11年オフにツインズと3年9億円、中島が12年オフにアスレチックスと2年5億円で契約したような条件を出す球団があるかどうか。鳥谷は33歳という年齢的なハンディがあるし西岡、中島の2人の不振によって日本人内野手の評価は落ちこんでいる。しかも、メジャーは今、有能な内野手を輩出しているキューバやオランダ領キュラソー島に触手を伸ばしています。厳しいことは厳しいですが、今年のFA市場を勘案すれば最高で2年4億円、最低でも単年1億5000万円程度の提示をする球団はあるはずです」

     鳥谷はこの日の巨人戦で4安打を放ち、打率はリーグ4位の・329。首位打者も狙える位置にいる。
    某阪神OBによると、「現在の年俸(3億円)の半額程度なら思い切って挑戦するかもしれない」という。自己最高の成績を引っさげて、海を渡るには今オフは絶好のタイミングになりそうだ。

    日刊ゲンダイ
    http://news.livedoor.com/article/detail/9196110/

    【【阪神】鳥谷、メジャー挑戦「10年に1度のチャンス」到来だってよ・・・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ