おーぷん2ch速報

話題のニュースをお届けします

    タグ:野球

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 
     日本ハムの斎藤佑樹(26)が24日、イースタン・リーグのロッテ戦に先発した。
    京都大学出身のルーキー田中英祐(23)との投げ合いが注目されるも、斎藤は10安打8失点の4回途中降板。2軍戦でも“フルボッコ状態”の斎藤に対し、ネット上では批判や同情を通り越し、達観ムードが漂い始めている。

    鎌ヶ谷で行なわれた斎藤と京大ドラ2の右腕の対決は、序盤から乱打戦となった。
    29日の西武ライオンズ戦で1軍デビューが決まっている田中は、最終調整のつもりが2回に4点を失って降板。斎藤も4回に集中して6失点を浴び、あえなく途中交代となった。

    ■「将来を本気で考えるスレが必要」の声も

    炎上が続く斎藤に対し、ツイッターやネット掲示板では、<ハンカチ王子もそろそろ結果出せへんとやばいよ><これはダメかも分からんね >と危機感を募らせる声や、<野球界の本田だな>と長い間ゴールに恵まれないものの、注目度が高いミランの10番にたとえた皮肉が出ている。<もう誰か引導を渡して><かわいそう>といった心配の声も日増しに。

    ついには、同情を通り越して、<もういいよ、キミは十分に闘った><まだ26歳だし、タレントでも俳優でも違った道を><ゆうちゃんの将来を本気で考えるスレが必要だな>などの声も。長年メディアの批判にさらされながら闘いを続けた斎藤をねぎらい、真剣に斎藤の今後を考えるムードに変わりつつあるのだ。

    栗山英樹(53)監督は斎藤について「ファームも競争。みんなで競争してるわけだから」 と今後も2軍調整させる考えを示している。
    はたして、斎藤の胸中やいかに。

    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/159323

    no title

    斎藤佑は2軍戦で“大炎上”

    試合スコア
    http://www.fighters.co.jp/farm/result/2015042401/

    イースタン日ハム 投手成績
    http://bis.npb.or.jp/2015/stats/idp2_f.html

    【【半価値】2軍で8失点KO 斎藤佑にファン達観「キミは十分に闘った」・・・の模様。】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 
    日本ハム・斎藤佑樹投手(26)が17日の楽天戦(コボスタ宮城)に中14日で先発。
    3回1/3、5安打4失点KOで今季初黒星を喫した。
    795348







    本人が「チームがいい雰囲気で戦ってきているのに、こういうピッチングをしてしまい申し訳ない気持ちでいっぱいです。
    一番の原因は変化球。真っすぐ系のボールでしか勝負できなかったですし、特にスライダーの制球に苦しみました」と振り返ったように、直球の最速が141キロの投手が生命線である変化球の制球に苦しめば…この結果も当然だった。

    それでも栗山監督は「判断は見てもらった通り。ただボール自体は悪くない。
    結果は大事なんだけど内容なんだ。ウチは10人の先発投手が競争していてその中で自分の場所を自分で取りに行く。
    俺が決めるわけではない」と登録抹消を示唆しながらも“超難解”な斎藤擁護論を展開。
    どうやら今後も定期的に一軍登板機会はありそうだ。

    そんな斎藤の存在をメジャーはどう見ているのか。一応、聞いてみると…。

    「すべての球種が平均を下回り、申し訳ないが調査対象外。
    アメリカにもアマチュア時代に輝かしい実績を残したドラフト1巡目選手が伸び悩んだり、期待通りの成果を上げられない例は数多くある。
    ただ、これだけメジャー(一軍)とマイナー(二軍)を往復しながら結果を残せない特定選手にチャンスが集中しては、競争の公平性が保てないのではないか。
    それ相応の投資をした選手なら分かるが、彼の獲得資金は(契約金の)アベレージである1億円。
    そこまで彼に固執する理由が分からない」(ナ・リーグ球団関係者)と首をひねっていた。

    http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/390872/


    【【半価値王子】斎藤佑にメジャー関係者「調査対象外」「すべての球種が平均を下回り、申し訳ないが調査対象外・・・の模様。】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/04/05(日) 06:33:18.51 ID:???*.net
     右肘手術からの復帰を目指すオリックス・金子千尋投手について4日、高山投手コーチは「1回(状態が)上がってくると思ってから後退した」と説明し、近日中の1軍登板は厳しいとの見通しを示した。

    金子は24日に予定されていたシート打撃への登板を回避。現在はブルペン投球も行っていないという。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150405-00000000-dal-base
    デイリースポーツ 

     近日中の1軍登板が厳しくなった金子
    960c0663a95f2df0f9b12a22e8c49652b724006f1338836709

























    【【野球】オリックス金子の復帰は“後退”ブルペン投球も行っておらず・・・の模様。】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 
     今季初登板した2日のロッテ戦。5点リードがありながら、勝ち投手の権利目前の5回1死で途中降板を言い渡され、試合後に1軍登録を抹消された日本ハムファイターズの斎藤佑樹投手(26)に、ファンの同情が集まっている。

    非情ともいえる栗山英樹監督(53)の采配に納得がいかないファンも少なくなかったようで、ネット上では<さすがに可哀想になってきた><悪いヤツじゃないんだろうが、余計お気の毒やな><ここ何年かの使われ方には同情する。栗山のおもちゃその1でしかも飽きられて来てるって最悪だよな>といったコメントが増えているのだ。

    <あんまり酷すぎて今では少し応援している><余裕ある奴よりこういうもがいてる奴のほうが応援し甲斐があるわ>と、斎藤佑に冷ややかだった日ハムファンも見方を変えつつある。

    ■「次に生かせ」の栗山監督には批難の声

    一方で、5点リードの状態で斎藤を降板させ登録抹消を決めた栗山監督や首脳陣には、懐疑的な意見が出ている。

    <その後、中継ぎが5失点したのは笑ったぞ><3失点ぐらいええやないか。試合壊したとか大げさすぎるわ><3失点で登録抹消って。ずいぶんハイレベル求められてるよね>と皮肉まじり。

    栗山監督は斎藤について「次にこれ(この日の登板)を生かしてくれればいい。俺は評価してるから。もちろん先発」とコメントしたものの、<5点差もあって替えるって一体? よっぽど信用してないんだな。だったら最初から先発させるなよ><早く引導を渡して第二の人生を歩ませるのが本当の優しさだと思うなぁ>という批判も。

    もちろん、プロ野球は弱肉強食の世界だ。1軍と2軍の往復を繰り返すプロ5年目の“元ハンカチ王子”には、
    <4回で8安打されるようじゃ使えないよな><石にかじりついてでも一軍に残ろうと思うなら中継ぎ打診をとっくに受け入れてる。それもせずダラダラとやってるのがそもそも駄目>と厳しい評価も多い。

    崖っぷちからなかなか抜け出せない斎藤佑。しばらくは“悲劇のヒーロー”キャラとして人気が出そうだ。

    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/158648

    no title

    崖っぷちの斎藤佑はこの逆境をどう跳ね返す?

    【【半価値】「さすがに可哀想に…」二軍落ち日ハム斎藤佑に今度は同情論・・・の模様。】の続きを読む

    1: 名無しさん 2015/02/28(土) 13:48:01.95 ID:???*no title
     3月27日の開幕に向けて、プロ野球のオープン戦が始まった。初戦が行われた21日には、横浜DeNAベイスターズのルーキー・倉本寿彦選手が阪神タイガースの藤浪晋太郎投手から2点タイムリーヒットを放ち、開幕スターティングメンバーへ猛アピールした。
    広島東洋カープのドラフト1位ルーキー・野間峻祥選手も、読売ジャイアンツ(以下、巨人)の小山雄輝投手からホームランを放ち、激戦の外野レギュラー争いに名乗りを上げている。

    これからの活躍が期待される新人がいる一方、思うような成績を残せずにプロの世界を去る選手もいる。
    そして、最近はプロ野球選手のセカンドキャリアに注目が集まっている。スポーツライターが引退後の生活についてこう語る。

    「以前であれば、ある程度活躍した選手は、テレビ局の解説者やスポーツ紙の評論家になることができました。それなりの実績を残していれば、野球に関わる仕事に就けたのです。
    また、飲食店を始めれば、その名前だけで一定の集客ができる見込みもありました。
    しかし、今は地上波の巨人戦中継がほぼ消滅しており、既存の解説者でさえ思うように稼げなくなっています。わかりやすくいえば、打者なら2000本安打、投手なら200勝という超一流の実績を残して、ようやくその後のキャリアもなんとかなるという感じなのです」

    このような状況下で引退後に最も苦労するのは、それなりに活躍した一流選手だという。球界関係者はこう語る。

    「長年レギュラーを務めて1000本安打を達成した打者、数年間ローテーションに入って70勝くらい挙げた投手というのは、意外にセカンドキャリアで苦労しています。
    野球で大成できず、20代前半で引退した選手の場合はそこまでプライドもなく、素早く切り替えられます。
    しかし、なまじ実績を残していると、周囲もどう扱えばいいかわかりません。
    本人も野球界で活躍した自負があるので、他の業界で一から始めるという考えがないのです。
    例えば、現在自由契約となっている中村紀洋氏(前DeNA)は2000本安打を達成していますが、これまでの所属チームで首脳陣と対立するなど、トラブルメーカーの印象が強くあります。
    そうなると、引退後の働き口にも困る可能性が出てきます。
    タレント性はあると思いますが、芸能界も懐が狭くなってきているので難しいといわざるを得ません。
    また、現役時代に活躍して知名度があると、すり寄ってくる人も多いため、引退後に不安になってつい話を聞いてしまい、だまされたという経験のある元選手は少なくありません」

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150228-00010001-bjournal-ent
    Business Journal 

    【プロ野球選手の悲惨な引退後 仕事は少なく、だまされる人続出、自ら犯罪に走るケースも・・・の模様。】の続きを読む

    このページのトップヘ