おーぷん2ch速報

話題のニュースをお届けします

    タグ:病院

    1: トラネコ◆EDwr815iMY 2014/05/27(火)22:39:08_SL500_AA300_
    「薬局に"お薬手帳"を持参しない方が安くなる」と知っていた人は12.8%

    ○「お薬手帳を持参しない」方が安くなると知っていた人は1割

    調剤薬局は患者に薬を処方するだけでなく、薬を適切に使用するための指導を行う。患者が支払う薬代にはこうした薬局の指導に対する報酬も含まれている。このうち「薬剤服用歴管理指導料」は25年度までは一律410円(自己負担は3割の場合130円)だったが、この4月から、調剤薬局で配布される「お薬手帳」への記載が不要な患者に関しては、340円(同上110円)へ引き下げられ、手帳を持参した人よりも安く済むことになった。

    「この改定を知っていたか」を聞いたところ、「知っていた」との回答は12.8%に止まった。また、「普段、薬局に"お薬手帳"を持っていくか」については、「必ず持っていく」が29.9%、「よく持っていく」が20.4%で、薬局に「お薬手帳」を持参する人は約半数だった。

    ○お薬手帳を持参しない理由は「忘れる」「面倒」

    薬局に「お薬手帳を持っていく理由」については、「医師や薬剤師に見せ、薬の重複等を防ぐため」「服薬記録を書き込むため」「緊急の場合に備えて携帯するため」などがあがった。対して「お薬手帳を持っていかない理由」は、「持っていくのを忘れてしまう」「持ち運ぶのが面倒」などとなり、「お薬手帳がどう役に立つのかわからない」人は6.5%に止まった。

    ○「服薬記録アプリ」には7割の人が興味

    「服薬記録アプリ」について聞いたところ、現在利用していない人では「絶対に使ってみたい」(11.2%)、「まあ使ってみたい」(61.2%)と、計72.4%の人が関心を示していることがわかった。

    詳細のソース
    http://news.nicovideo.jp/watch/nw1083436?news_ref=top_topics_topic

    【【知らなかった】「薬局に"お薬手帳"を持参しない方が安くなる」と知っていた人は12.8%・・・の模様。】の続きを読む

    1: トラネコ◆EDwr815iMY 2014/04/16(水)14:34:14 31TcrTMe5PL__SL500_AA300_
    近年、「ボランティアで精子を提供します」「無償の精子バンク」などとうたい、病院を介さず個人でやりとりする精子提供サイトが増えていることをご存知だろうか。

    実際に女性が妊娠・出産に至った実績や提供数などが記載されたサイトもあるが、提供者側の具体的な年齢や氏名などは明かされていないものばかりで、完全に匿名だ。

    その代わりと言っては何だが、肌の色、健康面、学歴、家族構成など、いかに自分の精子が優秀であるかをアピールしている場合が多い。しかし、それだけの情報で見ず知らずの男性から精子をもらうのはとても危険なことではないだろうか。


    無償で精子を提供する理由

    多くは「善意」であるという。フジテレビの情報番組「とくダネ!」で取材を受けていたとある40代男性は、現在も妻とともに暮らす既婚者だ。

    「自分自身に子どもができなかったので、どんな形でも良いから自分の遺伝子を残したかった」との思いで、数年前から精子提供を行っているそうだ。そして3人の女性から出産報告を受けているのだという。

    事前に、「子どもが生まれても認知はしない」という約束を交わしているそうだが、やはり出産報告は「嬉しい」と語っていた。


    第三者から精子をもらう理由

    「とくダネ!」のインタビューに答えていた41歳の女性は、現在妊娠5か月でお腹が目立ち始めていた頃だった。

    これまで恋人はいたものの、仕事に邁進していたこともあり結婚には至らなかったという。しかし、「子どもが欲しい」と思ったのは39歳になってから。出産のタイムリミットを考えると焦らずにはいられなかったそうだ。

    そこで出会ったのが個人の精子提供サイト。容器の中の精子を、針のない注射器を使用して自分の体内に入れるという。HIVや肝炎など精子の感染症問題がクリアだったとしても、この行為には卵管炎、子宮内膜炎、腹膜炎などを起こす危険性があると言い、危険極まりない。

    さまざまなリスクを伴う個人間の精子提供。現在、営利目的ではない場合の精子提供については罰則はないため、強制的な規制はできない。しかし、倫理面の問題はもちろん、生まれてくる子どものことを考えた行動が大切ではないだろうか。
    http://irorio.jp/naokitta/20140416/128113/

    【個人による精子提供サイトが急増する理由とは?】の続きを読む

    このページのトップヘ