おーぷん2ch速報

話題のニュースをお届けします

    タグ:田中将大

    1: ふんわり ★@\(^o^)/ 
     ヤンキースは現地時間28日、田中将大が右手首の腱炎と右前腕部の軽い張りで、故障者リスト入りするのではないかと、メジャーリーグ公式サイトの『MLB.com』が報じている。
    20140711164129b66
     











     同サイトでは7日から10日間はノースロー調整で、先発ローテーション復帰に1カ月かかる可能性があると伝えた。

     また、同サイト内には「やっぱりね」、「伊良部や井川みたいに、大金払ってリターンは少しだけになるのか」、
    「このニュースを読んで落ち込んだ。治って欲しい」などのコメントが書かれている。

     ヤンキースの田中将大は現地時間23日(現地時間24日)、気温0.5度の中行われた敵地でのタイガース戦で今季初めて中4日で先発。勝敗は付かなかったが、7回途中を1失点に抑えていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150429-00031236-baseballk-base

    【MLB】田中将大、29日間のDL入り GM「復帰まで1か月」(c)2ch.net
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1430269394/

    【【野球】マー君DL入りに「やっぱりね」「大金払ってリターンは少しだけ」現地ファンからも落胆の声・・・の模様。】の続きを読む

    1: 名無しさん 2014/09/28(日) 09:35:20.90 ID:???0yjimage
    <レッドソックス10-4ヤンキース>◇27日(日本時間28日)◇フェンウェイパーク

     ヤンキース田中将大投手(25)が、今季最終登板となるレッドソックス戦に先発し、メジャー最短となる1回2/3を投げて7安打7失点(自責5)、わずか50球でKOされた。

     立ち上がりから細かい制球が定まらず、初回に3安打で1失点。2回には、ストレートの2四球、4安打などで失点を重ね、敗戦投手となった。

     右肘痛から復帰後2試合目のマウンド。「投球に関しては良くなかったですが、体の部分は大丈夫です。シーズン最後の登板が、こういう形で終わって悔しいです」と淡々と話した。

     田中のメジャー1年目の成績は、20試合に先発し、13勝5敗、防御率2・77。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140928-00000017-nksports-base

    【【MLB】 ヤンキースのマー君最短KOで5敗目「悔しいです」・・・の模様。】の続きを読む

    1: 名無しさん 2014/07/11(金) 15:16:42.12 ID:???0_SL500_AA300_
     【クリーブランド時事】米大リーグのヤンキースは10日、右肘を痛めて故障者リスト入りした田中将大投手(25)が右肘内側側副靱帯(じんたい)の部分断裂と診断されたと発表した。
     10日に電話会見を開いたキャッシュマン・ゼネラルマネジャー(GM)によると、診察した3人の医師からは現時点での手術を勧められておらず、6週間のリハビリを行い復帰を目指す。ただ、回復が順調でない場合は靱帯修復手術を受ける可能性があるという。同GMは「残念だ。6週間より長引かないことを祈っている」と話した。
     田中将はこの日、チームドクターが滞在しているシアトルを訪問。磁気共鳴画像装置(MRI)の検査結果を踏まえて計3人の医師に診察を受け、1月の身体検査では確認されなかった損傷があると診断された。
     田中将は8日の登板後に痛みを訴え、9日に15日間の故障者リストに入った。 

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140711-00000039-jij-spo


    【【これはヤバイ】ヤンキース田中将大は右肘靱帯の部分断裂 6週間リハビリ、手術の可能性も・・・の模様。】の続きを読む

    1: 名無しさん 2014/06/11(水) 12:31:49.81 ID:???0_SL500_AA300_
    8年前、甲子園に現れた2人の新世代ヒーロー「斎藤佑樹」と「田中将大」。
    彼らの将来に、ファンは大きな期待を寄せたが、両者の境遇は残酷なまでに対照的なものとなっている。
    斎藤の野球人生を狂わせたのは、早稲田大学時代だと指摘する声は多い。
    まず誰もが指摘するのが、技術面。特に「フォームの改悪」だ。あるプロ野球OBはこう語る。
    「高校時代は理想的なフォームで、これはとんでもない投手が出てきたぞと思って楽しみにしていたが、大学に進んでから、まるで別人のようになった。正直これでは厳しいというのが感想だった」
    どう改悪されたのか。
    「高校時代、斎藤は軸足を曲げて力をためる独特のフォームをしていた。軸になる右足を曲げることで、
    踏み出した左足にも余裕が生まれ、しっかり体重移動ができていた。それが大学に入ると、軸足がやや伸びてきて、踏み込む左ひざにも余裕がなく突っ張ったようになり、上半身だけで投げるようになった。
    これでは球に力が伝わらず、かつて投げられていたような、いい球が出ない」(前出のOB)
    ただ、大学時代はそれでも勝てた。甲子園でのあの激闘を制した斎藤の能力は、並の大学生に太刀打ちできるレベルではなかった。
    そうして斎藤は1年次からエースとして登板。甲子園のスターである斎藤には、六大学野球の“客寄せパンダ”的存在を求められた側面も否定できず、その結果、なまじ実績が残っていく。
    「そのためフォーム矯正の必要性に迫られず、“お山の大将”になってしまったのではないか。それを指摘できる指導者が、早大にいなかったことも想像できる。上半身だけで投げる悪い癖は、同期の大石達也(西武)、福井優也(広島)にも共通しているからね」(前出のOB)
    しかし、なんとか勝ちを重ねていたものの、年を追うごとに、内容は目に見えて悪化していった。

    http://news.livedoor.com/article/detail/8924278/

    【【半価値】斎藤佑樹の野球人生を狂わせたのは 早稲田大学時代 「大学に進んでから、まるで別人のように」・・・の模様。】の続きを読む

    このページのトップヘ