1: 名無しさん 2014/11/24(月) 04:31:16.69 BE:837857943-2BP(1500)
 昭和、なぜ密かなブーム?幅広い分野で関連商品続々、企業や店舗も注力、広い世代で人気
四半世紀前に終わった「昭和」が再び人気になっている。ファッション、グルメ、特撮ヒーロー、映画、ドラマ、歌謡曲と、さまざまな“昭和の文化”が続々と商品化され、昭和関連の書籍やDVDの売れ行きも好調。
「昭和」をリアルタイムで知っているのは30代以上の人に限られるが、当時を知らない世代にも、逆に“新しい文化”としてウケているようなのだ。

●昭和に特化した雑誌、部数3倍に
実際、各店舗も“昭和”に力を入れ始めており、ジュンク堂池袋本店には昭和の人気ドラマのDVDを付録にした書籍がずらりと並び、昨年のNHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』の影響もあるのか、中古CDショップではキャンディーズや松田聖子、薬師丸ひろ子など、当時のアイドルのレコードを何十枚も大人買いしていく
昭和世代のサラリーマンも少なくないという。
スーパーカーブームや昭和の悪役レスラー、アニメ『あしたのジョー』など、昭和のブームやカルチャーに特化した異色の雑誌「昭和40年男」(クレスタパブリッシング、隔月刊)の北村明広編集長も、最近の“昭和人気”について次のように語る。「『昭和40年男』の創刊は2009年ですが、この数年で発行部数が3倍に増え、現在では公称12万部です。たしかに昭和の文化が人気になっている部分はあると思います。
僕自身は自分が昭和40年生まれで、あの時代が一番面白いと思って、この雑誌をつくっているだけなのですが」
ソフトグライダー
no title

にんじん
no title

スライム
no title

30円すもも
no title

ウォーターゲーム
no title

「エア・カー時代」
no title


http://biz-journal.jp/2014/05/post_4944.html

【【1970年代生まれ集合】芸能 おもちゃ 駄菓子 密かな昭和ブーム 逆に“新しい文化”としてウケている ・・・模様。】の続きを読む