おーぷん2ch速報

話題のニュースをお届けします

    タグ:怪我

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/05/01(金) 18:24:09.15 ID:???*.net
    ファームで調整中のソフトバンク・松坂大輔投手(34)=前メッツ=が、練習のペースを上げている。
    早ければ5月初旬にもブルペン入りし、投球を再開する予定だ。
    0204matsuzaka-001









    4月29日は福岡・西戸崎練習場で40メートルの距離での遠投を入念に行い、その後は20メートルに縮めて強めのキャッチボール。
    状態が上向いてきたことを自覚できたのか、右腕の顔からは笑みがこぼれた。

    28日も同じメニューを消化したが、関係者には「だいぶ状態がいい。右肩の張りもまったくないし緩みもない。
    いい感じで投げられた」と話し、ブルペン入りへの手応えを感じていたという。

    中旬の時点では、4月末までノースローでの調整が続く可能性があり、ペースも慎重を期していた。
    が、先週末にリハビリ専門医から「ペースアップOK」のGOサインを得て、ギアをあげたようだ。

    とはいえ、松坂は1カ月半も実戦から遠ざかっている。ボールを握らなかった期間も1カ月弱。
    このブランクは簡単には埋まらない。本格的なキャッチボールを始めたばかりだけに、球団OBは「ここから2軍の実戦登板まで1カ月は必要。5月の1カ月間は最も重要で(1軍復帰へ)失敗が許されない期間になる」という。

    ブルペン投球を再開すれば当然、試合で投げるためのフォームを作り、固めることになる。
    が、ファームにはアドバイザーが不在。「離脱前と同じなら(1軍で)通用しない」(佐藤投手コーチ)という厳しい見方がある状況で、独力でフォームを作ることになる。

    「大きな改善点があるのに、独力に頼るのが気になる」(同OB)といわれる中、自己流調整は危険と背中合わせだ。(スポーツライター・梶原昌弥)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150501-00000005-ykf-spo
    夕刊フジ 
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150501-00000005-ykf-spo.view-000

    【【松坂牛】ソフトバンク・松坂、危険な“自己流調整”に関係者ハラハラ・・・の模様。】の続きを読む

    1: ふんわり ★@\(^o^)/ 
     ヤンキースは現地時間28日、田中将大が右手首の腱炎と右前腕部の軽い張りで、故障者リスト入りするのではないかと、メジャーリーグ公式サイトの『MLB.com』が報じている。
    20140711164129b66
     











     同サイトでは7日から10日間はノースロー調整で、先発ローテーション復帰に1カ月かかる可能性があると伝えた。

     また、同サイト内には「やっぱりね」、「伊良部や井川みたいに、大金払ってリターンは少しだけになるのか」、
    「このニュースを読んで落ち込んだ。治って欲しい」などのコメントが書かれている。

     ヤンキースの田中将大は現地時間23日(現地時間24日)、気温0.5度の中行われた敵地でのタイガース戦で今季初めて中4日で先発。勝敗は付かなかったが、7回途中を1失点に抑えていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150429-00031236-baseballk-base

    【MLB】田中将大、29日間のDL入り GM「復帰まで1か月」(c)2ch.net
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1430269394/

    【【野球】マー君DL入りに「やっぱりね」「大金払ってリターンは少しだけ」現地ファンからも落胆の声・・・の模様。】の続きを読む

    1: 名無しさん 2015/03/13(金) 07:18:12.06 ID:???*.net
    レンジャーズは11日(日本時間12日)、右肘の内側側副じん帯を部分断裂したダルビッシュ有投手(28)が、別の医師に求めたセカンドオピニオンでも手術を勧められたことを発表した。
    早ければ16日(同17日)にも、じん帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を受ける。
    手術決断の最終結論を下す前に、別の医師にサードオピニオンを求めるが、全治1年以上と言われる同手術で肘にメスを入れることが決定的となった。
    spo1502220009-p1












    ダルビッシュの2015年は、開幕を前に終わりを告げる見通しとなった。
    ジョン・ダニエルズGMは10日にニューヨークで診察を受けた、デービッド・アルチェック医師によるセカンドオピニオンを公表。
    初見と同様にトミー・ジョン手術を勧められ、回避は難しいという見立てを示した。

    「アルチェック医師にも同じように手術を勧められた。全ては手術する方向で進んでいる。驚くことはないし、大きく変わることもない」

    同GMは「最終的な決断だけは、まだしていない」と前置きし、サードオピニオンを求めることも明言。
    同僚の藤川、レッドソックス・田沢らを執刀したジェームズ・アンドルーズ医師に画像を送って診断を仰ぐが、「(それによって手術の方向性が変わることは)予期していない」とも付け加えた。
    同手術の権威の見解をもって踏ん切りをつけるものとみられる。

    手術が決定的となり、球団も日程調整に動いた。「最終的な決断は今週末までで、手術は来週の頭になるだろう」と同GM。
    早ければ16日(日本時間17日)にもダルビッシュは野球人生初のメスを右肘に入れる。
    執刀医はチームドクターのキース・マイスター医師と、前述のアルチェック医師、アンドルーズ医師に、ドジャースのチームドクターのニール・エルトラッチェ医師を候補に加え、選定を進めている。

    ダルビッシュはこの日、全体練習に再合流して左投げでキャッチボールなどを行った。
    同GMは「最終的な決断をするまでは、彼は公にはコメントはしない。決断すれば、みんなに話す」と説明。
    報道陣との接触はなかったが、「我々は同じ考えだ。彼は状況を理解している。
    手術をするなら、互いに早い方がいいのは分かっている」と右腕の胸中を代弁した。リハビリには12~15カ月を要する。
    今季絶望なだけでなく、来季開幕に間に合うかも不透明。一日でも早く手術を行うことで、出遅れを最低限に防がなければならない。

    トミー・ジョン手術の成功率は約9割。肘への不安が消え去ることで、復帰後に故障前より高いパフォーマンスをみせる投手さえいる。
    メジャーでも屈指の投手にまで成長した右腕は、しばし傷ついた羽を休める。もう一度、屈強な大リーガーたちを圧倒するために。

    ▽トミー・ジョン手術 損傷した肘のじん帯を切除し、手首や足首など他の部位から正常な腱を移植する手術。
    70年代にフランク・ジョーブ博士(故人)によって考案され、当時ドジャースのトミー・ジョン投手(メジャー通算288勝)が74年に初めて受けたことからこう呼ばれている。通常、リハビリには12~15カ月の期間を要する。

    http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/03/13/kiji/K20150313009968790.html


    【【MLB】ダル17日にも“人生初”右肘手術へ 全治1年以上…来季開幕も不透明・・・の模様。】の続きを読む

    1: 名無しさん 2014/09/28(日) 09:35:20.90 ID:???0yjimage
    <レッドソックス10-4ヤンキース>◇27日(日本時間28日)◇フェンウェイパーク

     ヤンキース田中将大投手(25)が、今季最終登板となるレッドソックス戦に先発し、メジャー最短となる1回2/3を投げて7安打7失点(自責5)、わずか50球でKOされた。

     立ち上がりから細かい制球が定まらず、初回に3安打で1失点。2回には、ストレートの2四球、4安打などで失点を重ね、敗戦投手となった。

     右肘痛から復帰後2試合目のマウンド。「投球に関しては良くなかったですが、体の部分は大丈夫です。シーズン最後の登板が、こういう形で終わって悔しいです」と淡々と話した。

     田中のメジャー1年目の成績は、20試合に先発し、13勝5敗、防御率2・77。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140928-00000017-nksports-base

    【【MLB】 ヤンキースのマー君最短KOで5敗目「悔しいです」・・・の模様。】の続きを読む

    1: 名無しさん 2014/07/11(金) 15:16:42.12 ID:???0_SL500_AA300_
     【クリーブランド時事】米大リーグのヤンキースは10日、右肘を痛めて故障者リスト入りした田中将大投手(25)が右肘内側側副靱帯(じんたい)の部分断裂と診断されたと発表した。
     10日に電話会見を開いたキャッシュマン・ゼネラルマネジャー(GM)によると、診察した3人の医師からは現時点での手術を勧められておらず、6週間のリハビリを行い復帰を目指す。ただ、回復が順調でない場合は靱帯修復手術を受ける可能性があるという。同GMは「残念だ。6週間より長引かないことを祈っている」と話した。
     田中将はこの日、チームドクターが滞在しているシアトルを訪問。磁気共鳴画像装置(MRI)の検査結果を踏まえて計3人の医師に診察を受け、1月の身体検査では確認されなかった損傷があると診断された。
     田中将は8日の登板後に痛みを訴え、9日に15日間の故障者リストに入った。 

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140711-00000039-jij-spo


    【【これはヤバイ】ヤンキース田中将大は右肘靱帯の部分断裂 6週間リハビリ、手術の可能性も・・・の模様。】の続きを読む

    このページのトップヘ