おーぷん2ch速報

話題のニュースをお届けします

    タグ:巨人

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 
    かつて日本中を敵に回してその悪名を轟かせた男が再びユニフォームを身にまとう……。驚愕シナリオの全貌は!?

    「新成」とは、2015年の巨人軍チームスローガンである。

    「これまでのチームを一度解体し、より強いニュージャイアンツを作り上げる」との原辰徳監督(56)の決意が込められたこの言葉を体現するように、新たな選手が活躍している。

    ドラフト3位ルーキーの高木勇人投手は、4月までに先発で4勝。ドラフト2位の左腕・戸根千明投手も、リリーフとして働きを見せ、25歳の橋本到外野手は、新たにクリーンアップの一角を担うことになった。

    まさに「新成」が実現しつつあるが、肝心の指揮官に、ある噂が囁かれている。
    「原は今季限りで退任」――。この情報が開幕直後から、メディアや関係者の間で飛び交っているのだ。
    「今季は原にとって2年契約の最終年で、2度目の登板となった06年から数えて丸10年になる。周囲には"もう限界。休みたい"と漏らしているようだ」(スポーツ紙デスク)
    そして、その後任に浮上しているのが、まさかまさかの江川卓氏(59)だという。
    この事態の裏には何があるのか?
    1cd0a51aca27f39b5b3bd1c01991bf5d









    話は今季開幕前、3月23日に行われた巨人軍を激励する『燦々(さんさん)会』席上での渡邉恒雄巨人軍最高顧問(88)のスピーチに遡る。
    「原監督は(通算)12年目。7回リーグ優勝して、3回日本一になっている。
    これが最終年だなんて何かに書いてあったけど、誰も"これで終わった"なんて言っていない。13年、14年目といくかもしれない。僕は信じている。原君、頑張って」と、壇上から原監督に熱烈なエールを送ったのだ。

    この露骨な"続投要請"を原監督は、なんとも複雑な表情で聞いていたのだが、ナベツネ発言の真意を、専門誌記者が解説する。
    「原監督が辞めたがっていることを察したナベツネさんが先手を打ったんです。あの場での留任要請なんて異例中の異例。それだけナベツネさんも焦っている、ということでしょうね」

    その証拠に、スピーチの中で渡邉最高顧問は、「適当な後任も目の前にいない」と、率直すぎる発言をしている。

    「この"適当な後任"は明らかに松井秀喜氏のことです。かねてから"松井監督"にご執心だったナベツネさんですが、ついに"目の前にいない"と諦めたわけです」(前出の専門誌記者)
    その松井氏は、今年3月にヤンキースのGM付き特別アドバイザーに就任。近い将来の巨人復帰は、考えにくい状況になっている。

    野球取材歴40年を超えるベースボールライターの江尻良文氏は、次のように語る。
    「結局、すべての問題は松井の去就なんですよ。読売側としては、松井に監督をやってもらいたい。松井が監督をやれば、次は(高橋)由伸、阿部(慎之助)と、10年先まで巨人の監督は決まったようなものですからね」

    http://dmm-news.com/article/968061/?page=1
    日刊大衆 

    【【野球】巨人軍「来季は江川監督」衝撃情報・・・の模様。】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 
     江川卓と西本聖。“怪物”と呼ばれ高校時代から注目を浴び続け、ドラフト外でプロ入りし“雑草”と言われた対照的な二人は、1980年代の読売巨人軍を支えエースの座を争った。
    4cc200dd3e587d4d20c5f0095461d32e







    1981年の開幕投手は前年14勝の西本がつとめ、その年、西本は18勝、江川は20勝をあげている。
    その年の「沢村賞」は下馬評では江川が有力視されていたが、表彰されたのは西本だった。
    これを契機に江川は西本をライバルとして意識し始めたという。

    ただ意外にも、「人間関係は険悪ではなかった」と証言するのは、江川、西本とともに、巨人の先発3本柱を形成していた定岡正二だ。

    「僕と西本は江川さんのことを“卓ちゃん”と呼んでいました。
    最初はどう接していいか複雑でしたけどね。
    僕と西本は高校から入ったからプロでは先輩。
    でも学年では江川さんが上。おまけに江川さんの入団の経緯があんなでしょう。
    西本と“何て呼べばいいのかな”なんて話したのを覚えています。最初は“ねえねえ”とか呼びかけて誤魔化していました。

    でもキャンプで接すると、意外といい人じゃないかということになった。
    すぐに打ち解けていきました。ライバルといっても、成績に関してだけのことですよ」

    西本も認める。

    「卓ちゃんと呼んだのは、他に呼び方が思いつかなかったから(笑い)。
    キャッチボール、ランニング、体操と、いつも江川さんと一緒にやっていました。
    ただ、不思議と食事には行きませんでしたね。ゴルフはよく一緒にやったけど」

    江川と西本のライバル関係には、まだまだ物語がある。
    詳細は現在『ビックコミックスペリオール』(小学館)に連載中の漫画『江川と西本』(森高夕次・星野泰視。第1巻発売中)に描かれている。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150505-00000007-pseven-spo


    NEWS ポストセブン 

    https://www.youtube.com/watch?v=ldUB1lTpXF4
    1983 西本聖 2 シュートで日本シリーズ完封



    【【野球】「江川と西本の人間関係は険悪ではなかった」定岡正二が証言 ・・・の模様。】の続きを読む

    1: 名無しさん 2015/02/21(土) 12:39:28.16 ID:???*no title
    巨人・坂本がベッド写真流出…野球選手を狙う美人局事情

    今年もプロ野球のキャンプシーズンがやってきた。
    開幕前のこの時期の風物詩といえば、キャンプ地でハメを外した選手たちの下半身スキャンダルである。

    その第1号となったのが、今年から球界の盟主、読売ジャイアンツの新主将を務める坂本勇人内野手(26)。

    フライデー3月6日号(講談社)が、巻頭の袋とじページで、『キャンプ宿舎に愛人連れ込んだ「ベッド写真」』と題し、坂本の〝熱い一夜〟の一部始終を報じた。

    同誌によると、坂本は2月4日深夜、キャンプ地の宮崎で昨年知り合った女優、片瀬那奈似の23歳のキャバ嬢を宿舎ホテルに呼び出し、行為に及んだという。

    同誌は、キャバ嬢が撮影した、一戦を終えた後の坂本の寝顔写真も掲載。
    昨年から2度に及んだプレーの様子も詳述している。

    ■かなりのオラオラ系
    それによれば、坂本はかなりの「オラオラ系」で、ホテルに呼び出した女性に「口でしろよ!」と要求。
    コトが終わると、「タクシー代」として2万円~5万円を渡したのだという。

    主将として臨む新シーズンを前に、いきなり出鼻をくじかれた格好の坂本だが、こうした〝夜の暴走〟が報じられた選手は枚挙にいとまがない。

    2013年には、チームメートの杉内俊哉投手(34)が、WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)合宿中に
    宿舎のホテルで不倫密会している現場をフライデーされている。

    野球選手は、女性人気の高い職種だけに、こうした醜聞とは無縁ではいられないという側面はあるだろうが、彼らにとって、より脅威となるのは、わざと選手を籠絡して罠にはめようとする美人局の存在だ。

    「もっとも多いのがヤクザが絡むパターン。選手が集まるスナックやキャバクラに息の掛かった女性を送り込み、巧みに誘惑させる。女性と2人になった所をカメラに収めて、その現場写真を球団に持ち込み、カネにするのです。期間中の逢瀬で選手とトラブルになった女性がヤクザや半グレ連中に話を持ち込んで、後から脅しをかけることもある」(事情に詳しいスポーツ紙記者)

    各球団のキャンプが集中する宮崎や沖縄には、シーズンになると〝シノギ〟のために裏社会の連中が集まり、繁華街で虎視眈々と獲物を狙うのだという。有名選手の中にも、美人局の被害にあった人は少なくない。

    「最近ではロッテの涌井秀章投手がカモにされた。西武在籍時代に筋の悪い輩にゆすられ、散々搾り取られた。厳密に言えば美人局には当たらないかもしれないが、2012年には、巨人の原辰徳監督が、20年以上前の女性との不倫をネタに、1億円を脅し取られていたことが明らかになった。表沙汰になっていないだけで、
    カネを支払うかわりに、スキャンダルをもみ消してもらった選手は数え切れないほどいるだろう」(事情通)

    球界きってのスター選手を直撃したスキャンダルには、果たしてどんな裏事情が潜んでいるのか。

    DMMニュース http://dmm-news.com/article/920241/

    【【野球】巨人・坂本勇人『キャンプ宿舎に愛人連れ込んだ「ベッド写真」』とフライデーが報道・・・の模様。】の続きを読む

    1: 名無しさん 2015/02/14(土) 06:06:38.58 ID:???*518I-H19k+L
     かつては「天才」と呼ばれた地元の英雄 息子たちの帰郷「父さん、俺、プロ野球では通用しなかったよ」 夢破れて戻ってきた我が子を、父は、母はどう受け入れたのか

    息子から失意の報告を受けた親たちは、彼らの第二の人生に頭をめぐらせた。
    人生の先輩として厳しく接する場合もあれば、あえて何も言わない時もある。そこにはそれぞれの、親子の物語があった。

    「お疲れさんやったなあ」と

    元巨人投手の辻内崇伸(27歳)の母・佳子さんは'13年秋、戦力外になったことを知らせてきた野太い辻内の声を、今でも鮮明に覚えている。

    「電話がかかってきましてね。『クビになったから。明日、新聞に載るよ。プロで活躍できずに申し訳ない』と。
    私は『お疲れさんやったなあ』とねぎらいました。あの年までの数年は、秋になると戦力外リストに名前が載っているのでは、と新聞とにらめっこ。
    ドキドキしていました。
    高校3年の夏、あれほど甲子園を沸かせたあの子でも、プロでは通用せんかったんやねえ。
    戦力外はさびしかったけど、『もうドキドキしなくて済む』とほっとする気持ちもありました」

    辻内は大阪桐蔭高時代、甲子園で国内左腕最速の156㎞を記録。松井秀喜以来の高卒で契約金1億円、年俸900万円と破格の評価を受け、ドラフト1位で入団した。
    だが、入団後は2度のひじの手術の影響もあり、8年間で一度も一軍登板できないまま、プロ生活を終えた。

    25歳で迎えた第二の人生。パチンコ好きの辻内は現役時代、おカネの使い方が派手だった。
    サラリーマンの父・伸詞氏は息子と、よく口論になったと言う。

    「彼の年俸を月で割り、『使えるのはひと月これだけやで』と決めたこともあります。
    それでも毎月、限度額を完全にオーバーする。ですから、戦力外になった後、まずその金銭感覚を普通のレベルに戻さないといけないと思った。アルバイトでもいいから、汗水流して1回おカネを稼いでみろ、と話しました」

    時給700~800円のアルバイトを勧めても、辻内はいろんな言い訳をしては、重い腰をあげない。伸詞氏が続ける。

    「仕事を選ぶ時、内容より給料のいいところを探してしまう。最初、知人に紹介してもらった不動産会社に話を聞きにいったようですが、その社長から懇々と『そんな甘い考えでは無理や』と言われたようです。宅建の免許が必要だし、元プロ野球選手だからといって、すぐに契約がとれるわけではない」

    再就職先の選択肢がどんどん狭まる中、道を開いてくれたのは、かつての恩師だった。
    大阪桐蔭高の西谷浩一監督が女子プロ野球を指導する道を勧めてくれ、埼玉に拠点を置く日本女子プロ野球のイースト・アストライアのコーチに就任。
    女子プロ野球を支援するサプリメント事業会社の正社員となった。まだ心配は尽きないが、佳子さんは言う。

    「生きる世界が変わっても、人間同士の付き合いは大事にしてほしい。プロ野球選手ではなくなって、これからもいろんな人に助けてもらわなくてはいけません。あの子も少しずつ、そのことがわかってきたようです」

    辻内は現在、1日1000円の小遣い制。仕事の合間の食事は自宅でとるようつとめており、こずえ夫人に毎日小遣いを要求することもない。辻内は両親への感謝を口にする。

    「両親の存在はとてつもなく大きかったのだ、と家に戻ってはじめてわかった気がします。女子選手17人を指導することも新しいことばかりで、毎日が勉強。世間を教わっています」

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150214-00042101-gendaibiz-bus_all
    現代ビジネス 

    【【解雇】かつては「天才」と呼ばれた地元の英雄 息子たちの帰郷「父さん、俺、プロ野球では通用しなかったよ」・・・の模様。】の続きを読む

    1: 名無しさん 2014/12/17(水) 09:57:45.26 ID:???0ダウンロード (1)
    プロ野球・読売ジャイアンツの〝お騒がせ王子〟がまたやらかした。

     先発陣の一角に名前を連ねる澤村拓一投手(26)が六本木のクラブで暴行事件を起こしていたことを、週刊文春(文藝春秋)12月25日号が明らかにしたのだ。

     実はこのスクープ、本サイトが11月にいち早く報じている。「」のタイトルで報じたもので、実名こそ伏せたが澤村が起こしたトラブルについて速報を打ったものだ。

    球団が手を回して示談、被害届は取り下げに
     改めて騒動を振り返ると、警察沙汰を起こしたのは10月8日。

     日本シリーズ進出を賭けた阪神タイガースとのクライマックスシリーズ(CS)の直前、港区六本木のクラブで若者グループのトラブルになり、うち1人に対して暴行を働いたというのだ。

    「現場は2012年9月に暴走族『関東連合』OBらによる襲撃事件が起きたクラブ『フラワー』が入居していたビル。澤村は、そのフラワー閉店後にできたクラブで、20代の男性と揉めて相手にけがを負わせてしまったようだ」(事情を知る飲食店関係者)

     関係者によると、その場には同じく巨人の主力である内海哲也投手(32)も同席したといい、もう1人別の選手がいたとの情報もある。

     暴行を受けた男性が警視庁・麻布署に被害届を提出。本サイトがこの一件を取り上げる直前には、複数の週刊誌が当局への「裏取り」に動いたが、なぜ今まで明るみに出なかったのか。

    「すぐに球団側が手を回して、相手との示談を済ませたようです。被害届も取り下げてしまったので事件化することもなかった。文春のほか、一部のスポーツ紙や夕刊紙もトラブルの内容を把握していたようですが、球団との付き合いもあるし事件になっていなければ記事にすることはできません。それでトラブルは闇に葬られるはずでした」(マスコミ関係者)

     ところが、2か月以上が経過した今ごろになって、結局トラブルは世に出ることとなった。

    「球団の『もみ消し工作』が失敗に終わったか、あるいは何か別の事情があるのか。
    いずれにせよ、満足な成績も残せていないにも関わらず、夜のトラブルが絶えない澤村が、今後苦しい立場に追い込まれるのは間違いありません」(同前)

     読売新聞は週刊文春の取材に対し、「一部重大な事実誤認がある」としているが、澤村の騒動事態があったことはどうやら間違いないようだ。

     「球界の盟主」を直撃した激震は、しばらく収まりそうにない。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/9584138/

    【 巨人・澤村が六本木“関東連合ビル”で暴行騒動を起こしていた ・・・模様。】の続きを読む

    このページのトップヘ