おーぷん2ch速報

話題のニュースをお届けします

    タグ:事件

    1: 名無しさん 2015/02/28(土) 13:48:01.95 ID:???*no title
     3月27日の開幕に向けて、プロ野球のオープン戦が始まった。初戦が行われた21日には、横浜DeNAベイスターズのルーキー・倉本寿彦選手が阪神タイガースの藤浪晋太郎投手から2点タイムリーヒットを放ち、開幕スターティングメンバーへ猛アピールした。
    広島東洋カープのドラフト1位ルーキー・野間峻祥選手も、読売ジャイアンツ(以下、巨人)の小山雄輝投手からホームランを放ち、激戦の外野レギュラー争いに名乗りを上げている。

    これからの活躍が期待される新人がいる一方、思うような成績を残せずにプロの世界を去る選手もいる。
    そして、最近はプロ野球選手のセカンドキャリアに注目が集まっている。スポーツライターが引退後の生活についてこう語る。

    「以前であれば、ある程度活躍した選手は、テレビ局の解説者やスポーツ紙の評論家になることができました。それなりの実績を残していれば、野球に関わる仕事に就けたのです。
    また、飲食店を始めれば、その名前だけで一定の集客ができる見込みもありました。
    しかし、今は地上波の巨人戦中継がほぼ消滅しており、既存の解説者でさえ思うように稼げなくなっています。わかりやすくいえば、打者なら2000本安打、投手なら200勝という超一流の実績を残して、ようやくその後のキャリアもなんとかなるという感じなのです」

    このような状況下で引退後に最も苦労するのは、それなりに活躍した一流選手だという。球界関係者はこう語る。

    「長年レギュラーを務めて1000本安打を達成した打者、数年間ローテーションに入って70勝くらい挙げた投手というのは、意外にセカンドキャリアで苦労しています。
    野球で大成できず、20代前半で引退した選手の場合はそこまでプライドもなく、素早く切り替えられます。
    しかし、なまじ実績を残していると、周囲もどう扱えばいいかわかりません。
    本人も野球界で活躍した自負があるので、他の業界で一から始めるという考えがないのです。
    例えば、現在自由契約となっている中村紀洋氏(前DeNA)は2000本安打を達成していますが、これまでの所属チームで首脳陣と対立するなど、トラブルメーカーの印象が強くあります。
    そうなると、引退後の働き口にも困る可能性が出てきます。
    タレント性はあると思いますが、芸能界も懐が狭くなってきているので難しいといわざるを得ません。
    また、現役時代に活躍して知名度があると、すり寄ってくる人も多いため、引退後に不安になってつい話を聞いてしまい、だまされたという経験のある元選手は少なくありません」

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150228-00010001-bjournal-ent
    Business Journal 

    【プロ野球選手の悲惨な引退後 仕事は少なく、だまされる人続出、自ら犯罪に走るケースも・・・の模様。】の続きを読む

    1: 名無しさん 2014/12/17(水) 09:57:45.26 ID:???0ダウンロード (1)
    プロ野球・読売ジャイアンツの〝お騒がせ王子〟がまたやらかした。

     先発陣の一角に名前を連ねる澤村拓一投手(26)が六本木のクラブで暴行事件を起こしていたことを、週刊文春(文藝春秋)12月25日号が明らかにしたのだ。

     実はこのスクープ、本サイトが11月にいち早く報じている。「」のタイトルで報じたもので、実名こそ伏せたが澤村が起こしたトラブルについて速報を打ったものだ。

    球団が手を回して示談、被害届は取り下げに
     改めて騒動を振り返ると、警察沙汰を起こしたのは10月8日。

     日本シリーズ進出を賭けた阪神タイガースとのクライマックスシリーズ(CS)の直前、港区六本木のクラブで若者グループのトラブルになり、うち1人に対して暴行を働いたというのだ。

    「現場は2012年9月に暴走族『関東連合』OBらによる襲撃事件が起きたクラブ『フラワー』が入居していたビル。澤村は、そのフラワー閉店後にできたクラブで、20代の男性と揉めて相手にけがを負わせてしまったようだ」(事情を知る飲食店関係者)

     関係者によると、その場には同じく巨人の主力である内海哲也投手(32)も同席したといい、もう1人別の選手がいたとの情報もある。

     暴行を受けた男性が警視庁・麻布署に被害届を提出。本サイトがこの一件を取り上げる直前には、複数の週刊誌が当局への「裏取り」に動いたが、なぜ今まで明るみに出なかったのか。

    「すぐに球団側が手を回して、相手との示談を済ませたようです。被害届も取り下げてしまったので事件化することもなかった。文春のほか、一部のスポーツ紙や夕刊紙もトラブルの内容を把握していたようですが、球団との付き合いもあるし事件になっていなければ記事にすることはできません。それでトラブルは闇に葬られるはずでした」(マスコミ関係者)

     ところが、2か月以上が経過した今ごろになって、結局トラブルは世に出ることとなった。

    「球団の『もみ消し工作』が失敗に終わったか、あるいは何か別の事情があるのか。
    いずれにせよ、満足な成績も残せていないにも関わらず、夜のトラブルが絶えない澤村が、今後苦しい立場に追い込まれるのは間違いありません」(同前)

     読売新聞は週刊文春の取材に対し、「一部重大な事実誤認がある」としているが、澤村の騒動事態があったことはどうやら間違いないようだ。

     「球界の盟主」を直撃した激震は、しばらく収まりそうにない。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/9584138/

    【 巨人・澤村が六本木“関東連合ビル”で暴行騒動を起こしていた ・・・模様。】の続きを読む

    1: 名無しさん 2014/11/09(日) 04:54:47.84 ID:???Oダウンロード
    冨田は「僕は盗んでいません」と言い切り、「それははっきり言えますか」という問いにも「はい」と答えた。

    冨田はアジア大会で100メートル平泳ぎ4位に入賞した翌日の9月24日、ムンハク水泳場のスタンドでプールの練習を眺めていたら、見知らぬアジア系の男に左腕をつかまれ、バッグにカメラを入れられたと説明した。

    その場で問い正さなかったことについては、「レース用の帽子とゴーグルが入っていたので、それを取り返すのが先決と思いました。
    カメラをゴミと勘違いしました」と話した。危害を加えられたり争ったりするのがいやで、そのまま持ち帰ったという。

    「カメラは1・3キロもあるが...」と追及されると、「レンズが外れていたので、壊れていると認識しました」
    「ゴミ箱がなかったので持ち帰ってしまった」と答えた。
    この水泳場には防犯カメラが3台あった。

    仁川警察は2台が冨田をとらえていたとしている。しかし、冨田は机越しにスマホで見せられた映像は小さく遠く、見えづらかったという。防犯カメラのモニター映像をスマホで撮ったものだったらしい。
    「僕の右半身がぎりぎりにしか映っていませんでした」「第三者がいる部分は切れていました」

    仁川警察で事情聴取された冨田は、帰国できないことを恐れるあまり「心が弱くて認めてしまった」という。
    これに対して、JOCの平眞事務局長は「冨田選手の発言に驚いている。特定できたから呼び出したのです」と語った。
    役員2人が仁川警察から冨田が盗む映像を見せられたと報告を受けたという。

    「スッキリ!」のスタッフが韓国警察の捜査員から映像を見せてもらったところ、ユニホーム姿の冨田が写っていた。
    ただ、盗んだ瞬間ではなかった。瞬間の映像はトップクラスの許可がないと見せられないそうだ。
    このほか、通訳が日本語に堪能だったかどうかでも、「日本語は得意でない人だった」(冨田)、「しっかり話せたと(役員から)聞いた」と食い違ている。

    逮捕直後、冨田が上野広治競技委員長を呼んでほしいと要請したが、不在だった。
    その上野委員長は「冨田選手は当初から盗んでいないと話している。信じないわけにはいかない」という。

    http://www.j-cast.com/tv/2014/11/07220298.html?p=all

    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1415443487/

    【【カメラ窃盗事件】日テレスタッフが冨田の映像を確認も、韓国警察の捜査員「盗んだ瞬間の映像はトップの許可がないと見せられない」・・・模様。】の続きを読む

    1: 名無しさん 2014/08/02(土) 09:04:43.39 ID:???0
     長崎県佐世保市で高校1年の同級生を殺害したとして逮捕された女子生徒(16)の弁護人は31日、「女子生徒が父親の再婚に反対だったとする報道は事実と異なる」などとする見解を、文書で発表した。
    その後取材に応じ、被害者について女子生徒が「仲の良い友だちだった。本当に良い子だった」と述べたことを明らかにした。

    文書で弁護人は、接見で直接聞いた内容として、(1)父の再婚には賛成だった(2)父を尊敬している(3)母が亡くなって寂しく、新しい母親が来てうれしかった(4)すぐに慣れ、仲良くしていた-と指摘した。

    被害者との間にはトラブルや恨みはなかったとした。

    弁護人は「女子生徒の父親の依頼で弁護人となり、接見を続けている。会話は普通にできており、徐々に打ち解けている。本も差し入れた」と述べた。接見で報道内容を聞いた女子生徒が驚き、訂正を求めたとしている。

    no title

    http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140731/crm14073121510031-n1.htm

    弁護士によると、少女は父親の再婚について、初めから賛成していた

    ▽再婚について心情を友達に話したことはない
    ▽父親を尊敬している
    ▽母が亡くなって寂しかったので新しい母が来てうれしかった、などと接見の際に話したという。一方、接見では、過去に父親を金属バットで殴ったことは認めたという。(抜粋)
    http://www.asahi.com/articles/ASG707V3KG70TIPE03M.html

    金属バット殴打時には刑事事件として警察に届け、医師の診断をあおぐべきだった。
    だが少女は父親に1人暮らし用の部屋を与えられ、4月入学の高校にはほとんど登校していなかった。彼女を、一人にしてはいけなかった。(抜粋)
    http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140801/crm14080103190003-n2.htm


    【【佐世保女子殺害】「新しい母親が来て嬉しかった」「父親を尊敬している」・・・再婚反対報道は事実と異なると父親が依頼した弁護人・・・の模様。】の続きを読む

    1: 名無しさん 2014/07/20(日) 07:09:53.36
    http://mainichi.jp/select/news/20140720k0000m040109000c.html

    Bs6j6evCQAA51Tu 





    倉敷女児不明:容疑者の車ナンバーは母の記憶と一致

     岡山県倉敷市内で今月14日夕、行方不明になっていた小学5年生の女児(11)を自宅に監禁して監禁容疑で現行犯逮捕された岡山市北区楢津、無職、藤原武容疑者(49)。
    藤原容疑者の自宅はJR岡山駅の北西約2キロで、田んぼが周囲に広がる住宅街の一角にある。倉敷市の女児宅からは北東に約8キロの位置だ。

     女児は19日、藤原容疑者が暮らす2階建て住宅1階の洋間にいるのを、岡山県警の捜査員に発見された。県警によると、呼び鈴を鳴らしたが応答がなく、捜査員が踏み込むと、女児は白いパジャマを着て、洋間のベッド脇に敷かれた布団の上に寝転んでテレビを見ていた。藤原容疑者はそばにいて、抵抗もしなかったという。


    NHKラジオニュースより

    捜査員が踏み込んだ時、女児は横になりお菓子を食べながらテレビを見ていた藤原容疑者は台所で料理をしていた

    【倉敷誘拐、踏み込んだ瞬間 女児は白いパジャマを着てお菓子食いながらテレビ 犯人は夕飯の支度・・・の模様。】の続きを読む

    このページのトップヘ