1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 
 江川卓と西本聖。“怪物”と呼ばれ高校時代から注目を浴び続け、ドラフト外でプロ入りし“雑草”と言われた対照的な二人は、1980年代の読売巨人軍を支えエースの座を争った。
4cc200dd3e587d4d20c5f0095461d32e







1981年の開幕投手は前年14勝の西本がつとめ、その年、西本は18勝、江川は20勝をあげている。
その年の「沢村賞」は下馬評では江川が有力視されていたが、表彰されたのは西本だった。
これを契機に江川は西本をライバルとして意識し始めたという。

ただ意外にも、「人間関係は険悪ではなかった」と証言するのは、江川、西本とともに、巨人の先発3本柱を形成していた定岡正二だ。

「僕と西本は江川さんのことを“卓ちゃん”と呼んでいました。
最初はどう接していいか複雑でしたけどね。
僕と西本は高校から入ったからプロでは先輩。
でも学年では江川さんが上。おまけに江川さんの入団の経緯があんなでしょう。
西本と“何て呼べばいいのかな”なんて話したのを覚えています。最初は“ねえねえ”とか呼びかけて誤魔化していました。

でもキャンプで接すると、意外といい人じゃないかということになった。
すぐに打ち解けていきました。ライバルといっても、成績に関してだけのことですよ」

西本も認める。

「卓ちゃんと呼んだのは、他に呼び方が思いつかなかったから(笑い)。
キャッチボール、ランニング、体操と、いつも江川さんと一緒にやっていました。
ただ、不思議と食事には行きませんでしたね。ゴルフはよく一緒にやったけど」

江川と西本のライバル関係には、まだまだ物語がある。
詳細は現在『ビックコミックスペリオール』(小学館)に連載中の漫画『江川と西本』(森高夕次・星野泰視。第1巻発売中)に描かれている。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150505-00000007-pseven-spo


NEWS ポストセブン 

https://www.youtube.com/watch?v=ldUB1lTpXF4
1983 西本聖 2 シュートで日本シリーズ完封



【【野球】「江川と西本の人間関係は険悪ではなかった」定岡正二が証言 ・・・の模様。】の続きを読む