おーぷん2ch速報

話題のニュースをお届けします

    タグ:ワールドカップ

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/04/18(土) 11:24:46.33 ID:???*.net
    元代表通訳のダバディ氏が明かす“02年日韓W杯、中村俊輔選外の理由”とは?

    http://www.footballchannel.jp/2015/04/17/post83219/
    no title


    いまから13年前、フィリップ・トルシエ監督が発表した日韓W杯に臨む日本代表メンバーの中に、中村俊輔の名前はなかった。

     1997年にJリーグデビューを果たし、2000年にリーグMVPと日本年間最優秀選手賞を獲得した名実ともに国内最高の選手がW杯出場の機会を逃すという事実は、当時大きな波紋を呼んだ。

     そして13年後、トルシエ監督の下で通訳を務めていたフローラン・ダバディ氏がフットボールチャンネル製作のJリーグ応援番組『J.Chan』に出演し、事の真相を語っている。

    「トルシエ監督はスタメンとして中村俊輔を使う気がなかった」と切り出したダバディ氏は、中村と三都主アレサンドロの2人が“23人目”として検討されていたと話す。

     そして、「ジョーカーとして途中から使った時、どれだけゲームの流れを変えられるかを考えるとアレックス(三都主)の方が縦に速いし、一瞬で何かを起こしてくれる」という理由で中村をメンバーから外したと明かした。

     2002年当時は足首の負傷がメンバー外の原因とも囁かれていたが、「本当の理由は私たち。トルシエさん、山本さん(山本昌邦コーチ)、そして私の責任。あれはたぶん私たちが間違っていた。呼びたかった」と、メンバー選考のミスを認めている。

     しかし、「中村俊輔にW杯を経験させていれば2006年がもっとよかったかもしれないし、2010年がなかったかもしれない」と述べ、その決断は自身にとって日本サッカー界における最大の後悔のひとつであると苦しい心境を告白した。

     史上初のW杯ベスト16という日本サッカー史に残る成績を残したトルシエジャパンだが、稀代の司令塔がメンバー入りしていれば結果は違っていたのかもしれない。

    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1429243638/

    【【サッカー】元日本代表通訳ダバディ氏「日韓W杯で中村俊輔を選外にしたのは私たちが間違っていた。呼びたかった」 ・・・の模様。】の続きを読む

    1: 名無しさん 2015/03/08(日) 00:20:27.46 ID:???*
    ようやくヴァヒド・ハリルホジッチ氏に内定した後任監督だが、サッカー日本代表の問題は“進まない世代交代”にこそある。 

    おなじみのメンバーで臨んだアジア杯で連覇を逃し、育成年代もすべてアジアですら結果を出せていない…。
    「ハリル・ジャパン」に期待するも、そのツケは3年後に払うことになる?
    E69CACE794B0E59CADE4BD91EFBC96-75c7c













    ■高齢化日本代表の現実

    八百長疑惑に端を発した、ハビエル・アギーレ前日本代表監督の電撃解任劇。
    前代未聞の事態を受けて、日本のサッカー界は「後任の日本代表監督は誰だ?」に注目が集まっていた。

    テレビや新聞の報道でも連日、何人もの候補者の名前が挙がっては消えていく。
    それだけ世の関心が高かったということだろう。

    確かに、この時期に日本代表監督が不在になるというのは不測の事態。
    早く新しい監督が決まってほしいという気持ちはわかる。

    とはいえ、後任が決まったら、日本代表はひと安心かといえば、残念ながらそうとばかりも言っていられない。
    先のアジア杯で、現在の日本代表が抱える大きな問題が明らかになったからだ。

    すなわち、「世代交代の遅れ」である。

    アジア杯を戦った日本代表がどれほど「高齢化集団」であったかは、他国と比較するとわかりやすい。

    今回のアジア杯でベスト4に進出した4ヵ国の登録メンバー23名の平均年齢(大会開幕日時点。以下同じ)は次のとおりだ。

    ・オーストラリア 26.4歳
    ・韓国 25.8歳
    ・イラク 22.6歳
    ・UAE 25.3歳

    これに対して、日本の平均年齢は26.7歳。上の4ヵ国すべてを上回る。

    しかも、日本の場合は出番のなかった控えDFの植田直通(なおみち・20歳)や昌子源(しょうじげん・22歳)といった選手が平均年齢を下げており、実態はもっと高齢化が進んでいる。

    この大会で日本は全4試合をすべて同じ先発メンバーで戦ったが、その11名に絞れば、平均年齢は27.8歳と大きく引き上がるのだ。

    せめて柴崎岳、武藤嘉紀(ともに22歳)あたりが、この大会をきっかけに日本代表でも一人前になってくれればよかったのだが、彼らふたりが先発メンバーに名を連ねることは一度もなく、与えられたプレー時間は途中交代によるわずかなものだった。

    もう少しアギーレには将来を見据えた選手起用をしてもらいたかったし、それはアルベルト・ザッケローニ元監督にも言えること。
    ザックもまた、2010年南アフリカW杯のメンバーを中心にチームを固めてしまい、新戦力を抜擢(ばってき)することに積極的ではなかった。

    しかし、彼ら歴代の日本代表監督がそうせざるを得ない事情があったのも確かなのだ。

    このところ、年代別日本代表はアジアでの苦戦が目立ち、なかなか世界大会で結果を残すに至っていない。
    つまりは、若い人材が期待するほど伸びてきていないのである。

    象徴的なのが、U-19代表だろう。一般にユース代表とも称される19歳以下の日本代表は、このところ4大会連続でアジアU-19選手権の準々決勝で敗れ、翌年に開かれるU-20W杯に出場できていない(アジアの出場枠は4ヵ国)。

    U-20W杯は2年に一度開催されているため、この世代で日本は07年以来、すでに8年も世界から遠ざかっていることになる。
    1999年に小野伸二らの「黄金世代」が、この大会で準優勝したのももはや遠い昔の出来事だ。

    http://wpb.shueisha.co.jp/2015/03/07/44700/


    【【サッカー】新監督決定も本当に深刻な日本代表2018年問題とは ・・・の模様。】の続きを読む

    1: 名無しさん 2015/03/06(金) 07:07:30.52 ID:???*
    監督人事をどうこうする前に、協会の体質を変えなきゃ。
    E3838FE383AAE383ABE3839BE382B8E38383E3838102








    日本代表の次期監督が、ハリルホジッチに内定したようだね。
    すでに霜田技術委員長と同氏の間で話はついているようで、3月12日のJFA理事会で承認されれば、正式決定する運びだそうだ。

    ボスニア出身のハリルホジッチは、去年のブラジル・ワールドカップでアルジェリアをベスト16に導いた監督で、リールを率いた00-01シーズンには、フランスの年間最優秀監督に選ばれたこともあるそうだ。
    6月のワールドカップ予選まで時間があるのに、この段階で監督を決めたのは、親善試合のスポンサーに対するアピールだろう。
    メディアは騒ぐネタができてよかったね。

    まあ、僕は前から言っているけど、今の日本では誰が監督になっても変わらないよ。
    ハリルホジッチは、アルジェリアをベスト16に導いたというけど、アルジェリアはヨーロッパで実績を残している選手も多いからね。
    日本とタレントの質がイコールではないんだ。

    それに、ハリルホジッチはワールドカップ後に、なにをしていたの? 
    どことも契約をせずフリーだったわけでしょ。つまりは、そういうことだよ。ヨーロッパのトップクラブに誘われるほどの監督ではないんだ。

    そもそも、ベスト16なら日本も進出しているよね。それよりも上を狙っているはずなのに、最高成績がベスト16の監督を連れてきてどうするのだろう。
    せっかくなら、ベスト8以上の経験がある監督を連れてくるべきだったよ。

    まあ、何度も言っているけど、監督の人選をどうこうする前に、協会自体の体制を改めるべきだよね。
    ワールドカップで惨敗しても、八百長疑惑で監督を更迭せざるを得ない事態になっても、誰も責任を取らない。
    一体、どんな問題だったら、協会は責任を取るのかな。こんなプレッシャーのない組織は、日本のどこを見ても見当たらない。
    まさに特権階級で、自分たちのやりたいことをやっているだけ。そんなトップの下で、日本サッカーが良くなるわけないよ。

    協会の体制が変わらなければ、どんな監督が来たって4年サイクルで同じことを繰り返すだけ。
    いつまで経っても、世界になんて追いつけないよ。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150306-00010005-sdigestw-socc
    SOCCER DIGEST 

    【【サッカー】セルジオ越後が代表監督人事に苦言。「誰が監督になっても、同じことを繰り返すだけだ」 ・・・の模様。】の続きを読む

    1: 名無しさん 2014/08/14(木) 11:45:04.99 E382A2E382AEE383B
    アギーレ監督 就任会見での低すぎる目標

     サッカー日本代表の新監督に就任したハビエル・アギーレ氏(55)が11日に来日、都内で会見を開いた。
    通常であれば新監督のもと、期待感で盛り上がるところだが、今回はあまりいい話が聞こえてこない。

    「アギーレ監督が会見で掲げた目標は『2018年のワールドカップ・ロシア大会はぜひ出場したい』というものでした。これまでワールドカップベスト16を2度経験し、その上であるベスト8は最低限の目標として掲げるべきでしょう。来日早々に語った抱負がこんな“低空飛行”では…と、早くも代表監督としての資質を疑問視する声が出ています」(スポーツ紙記者)

     就任会見くらいは多少のリップサービスをしてもよさそうなものだが、ただし逆の見方もある。

    「日本はブラジル大会で1勝すら出来なかった。ロシア大会に出場したい、というのは現段階で掲げる目標としては極めて妥当で、アギーレ氏が堅実に日本での監督業を考えている、その姿勢の現われだと思いますよ」(サッカー誌編集者)

     勝っても負けても、9月5日に札幌ドームで行われるウルグアイ代表との国際親善試合が、アギーレジャパンの初陣となる。まずは冷静にお手並み拝見か。

    http://www.excite.co.jp/News/sports_g/20140814/Asagei_25608.html

    【記者「目標は?」 アギーレ「W杯に出場する事だ」 記「へ?」 ア「まさか日本は強いと思ってるのか?」・・・の模様。】の続きを読む

    1: 名無しさん 2014/07/01(火) 14:39:43.27 ID:???0
    約4年間、日本代表の指揮を執ってきたアルベルト・ザッケローニ氏が7月1日、羽田空港から離日した。

    見送りには、原博実専務理事兼技術委員長、日本代表MF長谷部誠、同DF内田篤人ほか、スタッフらが現れた。出発直前、報道陣の取材対応時には目を潤ませていた。

    現在開催されているブラジル・ワールドカップで、日本代表はグループリーグを1分2敗で終え、2大会ぶりに決勝トーナメント進出を逃している。
    ザッケローニ氏は6月25日、「今回の結果の責任は私が負いたい」と指揮官辞任を発表していた。

    2010年夏に日本代表監督に就任したザッケローニ氏は、初采配となった埼玉スタジアム2002でのアルゼンチン戦に1-0で勝利し、白星スタートを切る。

    2011年に行われたカタールでのアジアカップを制し、2013年6月には日本代表の5大会連続となるワールドカップの出場権を獲得。同年には東アジアカップでも優勝した。

    ザッケローニ氏は就任以来16試合無敗、通算55試合で采配を振るい30勝12分13敗という結果を残した。
    また、ワールドカップに臨む日本代表メンバー選出にあたり、自らスタジアムに足を運び232試合を視察している。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140701-00207646-soccerk-socc

    画像
    no title



    【【サッカー】さよならザック!アルベルト・ザッケローニ氏が涙の離日、4年過ごした日本に別れ・・・長谷部や内田らが見送りの模様・・・。】の続きを読む

    このページのトップヘ