おーぷん2ch速報

話題のニュースをお届けします

    タグ:パククネ

    1: トラネコ◆EDwr815iMY 2014/04/21(月)01:14:31
    20140418231133kannkou01221 韓国南西部・珍島沖で起きた客船沈没事故に関連し、防災を担う安全行政省の宋英哲監査官(局長級)が20日、行方不明者家族のいる前で、記念写真を撮ろうとして怒りを買い、更迭された。事故対策本部関係者が明らかにした。
     関係者や聯合ニュースによると、宋氏は20日午後6時ごろ、遺体が次々と搬送され、行方不明者家族が集まる彭木港を訪問。現地にある家族支援室の前で記念撮影をしようとした。これに激高した家族らは「われわれは毎日身の細る思いなのに、記念するようなことなのか」と猛反発。安全行政省はすぐに宋氏の更迭を決めた。
     この後も、怒りが収まらない家族らは、現地入りした李柱栄海洋水産相に対し、「子どもをみんな殺しておいて、いったいここに何しに来た」と大声を上げた。これに対し、李氏は「私が代わりに謝罪する」と表明したという。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140421-00000000-jij-kr

    【【韓国】安全行政省監査官(局長級)が、行方不明者家族のいる前で、記念写真を撮ろうとして家族から怒りを買い、更迭の模様・・・・・・・】の続きを読む

    1: ゆずハイ◆iTA97S/ZPo 2014/04/20(日)00:31:41 ID:???no title
     韓国南西部、珍島(チンド)沖で発生した旅客船「セウォル号」沈没事故をめぐり、朴槿恵(パク・クネ)大統領をはじめとする政治家らが現場に相次ぎ詰めかけていることに批判が集まっている。
    国家の最高責任者が現地に入れば、捜索・救助関係者が受け入れ準備や説明に追われて混乱するのは必至。その姿は、2011年3月の東日本大震災発生の翌日に福島第1原発を視察した菅直人元首相と重なる。

     韓国国内が騒然とするなか、朴氏が行方不明者の家族が待機する珍島の体育館を訪れたのは、事故翌日の17日午後。韓国紙・中央日報によると、大統領府幹部が現地の混乱を恐れて反対したが、朴氏は「行くことに決めた」と聞く耳を持たなかったという。

     「大統領が約束しても守られないことがある」

     「嘘付くなこの野郎」

     珍島の体育館で朴氏を待ち受けていたのは、家族の罵倒だった。「こんなところに来ないで早く対策を立てろ」と迫る家族に対し、朴氏は困惑した表情を見せた。

     中央日報は16日からの2日間で珍島に入った政治家は50人を超えたと報じた。
    6月には統一地方選が予定されていることから事故を選挙アピールに利用しようとしていると受け止められ、家族からは「捜索・救助作業の邪魔になる」「政治家は写真を撮ってもらいに来た。帰れ」と批判が集まっているという。

     そんな自己中心的な指導者の先例とも言えるのが、わが国の元首相、菅直人氏だ。

     菅氏は東日本大震災が発生した直後の12日早朝に福島第1原発を視察。12年7月に政府事故調査委員会がまとめた報告書では「最高指揮官の首相が長時間にわたり官邸を離れ、緊急対応に追われていた現地を視察したことは疑問が残る」と批判されており、朴氏も同様の批判にさらされている。

    2014.04.19
    http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140419/frn1404191530007-n1.htm

    【【韓国船沈没】 朴大統領は「邪魔」 現場行って混乱拡大、菅元首相と同じ模様・・・・・・・】の続きを読む

    1: 依頼φ◆FdDsU0B5ivx5 2014/04/17(木)21:28:52511kNBoZ7DL__SL500_AA300_
     安倍首相は17日、韓国の旅客船の沈没事故を受け、朴槿恵(パククネ)大統領に対し、「お悔やみとお見舞いの意を表する。我が国として必要な支援を行う用意がある」とのメッセージを送った。


     これに関連し、菅官房長官は同日の記者会見で、海上保安庁が16日に韓国の海洋警察庁に救助活動の支援を打診したところ、韓国側が辞退したことを明らかにした。日本政府関係者によると、海洋警察庁は「申し出はありがたいが、現在、特段支援を要請する事項はない」と回答したという。

    ソース
    http://www.yomiuri.co.jp/politics/20140417-OYT1T50115.html

    【【反日?】〈沈没船事件〉韓国「特段支援はいらない」…海保の申し出辞退の模様・・・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ