おーぷん2ch速報

話題のニュースをお届けします

    タグ:ハリルホジッチ

    1: Tangled ★@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 08:57:34.25 ID:???*.net
    ◆キリンチャレンジカップ2015 日本2―0チュニジア(27日・大分銀行ドーム)
    0d40a5e4a645fc6b96e767d64ac0878e5

     







    スポーツ報知は28日、日本代表のチュニジア戦(27日・大分ス)を独自に徹底分析。
    日本代表は90分間で430本のパスを成功させたが、最もパスを受けたのはMF長谷部で66回だった。
    続いて槙野の41回、吉田の39回、酒井宏の34回とDF陣がズラリ。
     後半15分から途中出場したMF香川は30分間で29回。1分間に約1回ボールを受ける驚異の数字をマーク。ジョーカー起用となった香川にボールが集まったことで、終盤の2得点が生まれたと言っても過言ではなさそうだ。

     選手間のパス交換数ではMF長谷部とDF槙野の26回が最多で、次に長谷部とDF吉田の22回、槙野とDF藤春の18回となった。後半15分からダブルで途中投入されたFW本田とMF香川は30分間のプレーで13回。やはりこれまで中心だった背番号4と10がボールに多く触ることで、攻撃のリズムが出来た。

     一方向でのパス本数はMF長谷部からDF槙野への15本が最多。データ上では主将の長谷部が目立つ結果が出た。まだまだ長谷部の運動量は日本代表に必要だ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150328-00000194-sph-socc

    【【サッカー】 ハリル初陣、パス受け1位は長谷部!香川も驚異の数字・・・の模様。】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 
    永井選出の意図とは?

    日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督は19日、就任後初となる代表メンバーを発表した。
    バックアップメンバー12名を含む全43名の中には、初召集となる選手や久しぶりの代表選出となる選手など、
    フレッシュな顔ぶれが揃った。この選考から読み取るハリルホジッチ監督の意図とは、どんなものなのだろうか?

    img_28b496d966de2bdb6db1f0f91ac737a51571962









    ハリルホジッチ監督が就任して最初のメンバー発表が行われた。
    海外組に関しては霜田正浩技術委員長が事前に招集レターを送っていたこともあり、ほぼ予想された通りのメンバーとなったが、31人+12人のバックアップメンバーという選考にハリルホジッチ監督の色が表れている。

    特徴的なのは永井謙佑(名古屋グランパス)の選出だ。50mを5秒台で走るスピードの持ち主であり、縦の意識を前面に押し出すプレースタイルを売りとしている。

    ハリルホジッチ監督はここまでブラジルW杯とアジアカップの全ての日本戦を映像チェックしたというが、そこで最も不足を感じたのが縦のスピード感だったことは永井の選出理由にはっきりと表れている。

    「昨日の夜(ナビスコ杯の川崎F戦)、永井を見た。スピードに関しては素晴らしいものを持っている。
    現代フットボールに必要なものを持っていると感じた。非常に重要なクオリティーであり、今のサムライブルーに少し足りない背後へのスピードをもたらせるのではないか」

    その永井をメンバー構成の時点では右ウィングに配置しているのも特徴的で、サイドアタッカーには純粋にサイドで起点になるわけでなく、ワイドな位置からもDFラインの裏を狙うことで、攻撃にスピード感を出し、相手のディフェンスを切り崩したい意図が見える。

    「彼がプレーすることでより(チームの)プレースピードが速くなるだろうし、背後を突くシチュエーションが出てくると思う。背後にたくさんボールを要求することによって、どんどん得点の可能性が出てくる」とハリルホジッチ監督は永井の選出理由に日本の課題を重ね合わせた。

    もちろん右ウィングの候補には本田圭佑(ミラン)がおり、左利きで中央に流れるスタイルの本田は永井とは全く違う特徴を持っているわけだが、攻撃のスピードアップという部分で永井あるいは小林悠の起用がより適していると評価すれば、本田はトップ下で香川真司(ドルトムント)や清武弘嗣(ハノーファー)らとポジションを争う構図も考えられる。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150321-00010004-footballc-socc
    フットボールチャンネル  

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150321-00010004-footballc-socc.view-000
    およそ5年ぶりの代表復帰となる名古屋グランパスのFW永井謙佑

    【【サッカー】識者の眼・戦術の鍵は“スピード”。招集メンバーから見えるハリルホジッチ監督の意図とは?・・・の模様。】の続きを読む

    このページのトップヘ