おーぷん2ch速報

話題のニュースをお届けします

    タグ:サッカー

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 
    [5.16 ブンデスリーガ第33節 ボルフスブルク2-1ドルトムント]
    香川







    ブンデスリーガは16日、第33節を行い、MF香川真司の所属するドルトムントは敵地でボルフスブルクと対戦し、1-2で敗れた。
    香川はトップ下で先発したが、後半25分に交代し、3試合連続ノーゴールに終わった。

    30日に行われるDFBポカール決勝の前哨戦となったが、試合開始早々の前半1分に先制点を許した。
    「こういう相手にああいう失点の仕方は絶対に避けなきゃいけないし、今年はこういう形が多い」。
    立ち上がりの失点を悔やむ香川は「ああいう時間帯の失点は……。厳しい戦いになると思った」と振り返る。

    それでも前半10分にMFケビン・カンプルがGKに倒され、PKを獲得。これをFWピエール・エメリク・オーバメヤンがゴール左に決め、1-1の同点に追いついた。
    しかし、その後もなかなかいい形でチャンスをつくれない。

    「一人ひとりの判断」に問題があったと感じている香川は「なかなかボールが出てこない場面もあった。
    シュートを選択するのは良いけど、もう一個(パスをつなげば)という場面もあったと思う。結果論ですけど」と指摘。
    ドルトムントらしい連動した攻撃が見られず、逆に後半4分にCKから失点。「後半も入りがすごく悪かった」という立ち上がりの2失点目で再びリードを許すと、最後まで追いつくことはできなかった。

    5試合ぶりの黒星を喫したドルトムントだが、8位ブレーメン、9位ホッフェンハイムも敗れたため、順位は7位をキープした。
    最終節の相手は勝ち点43で並ぶブレーメン。勝てば7位以内が確定し、勝ち点3差で追う6位アウクスブルクがボルシアMGに敗れれば、6位にまで浮上する。

    ポカールで優勝すれば文句なしで来季のEL出場が決まるが、たとえ準優勝に終わった場合も、ボルフスブルクがリーグ戦で3位以内が確定しているため、EL出場圏が7位に広がる。
    そのためドルトムントはリーグ戦を7位以内で終えれば、来季の欧州カップ戦への切符を獲得できる。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150517-00557253-gekisaka-socc
    ゲキサカ  

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150517-00557253-gekisaka-socc.view-000


    【【サッカー】3戦連続不発の香川「ボールが出てこない」・・・模様。】の続きを読む

    1: れいおφ ★@\(^o^)/ 
    ミランMF本田圭佑は9日、セリエA第35節ローマ戦でフル出場し、2アシストを記録した。
    イタリアの複数メディアが本田のパフォーマンスを称賛している。
    o0800053312901892441








    3試合連続となるスタメン出場を果たした本田は、40分にMFマルコ・ファン・ヒンケルの先制点、
    59分にFWマッティア・デストロの追加点をアシストした。
    本田のアシストは昨年9月28日の第5節チェゼーナ戦以来となる。

    PKで1点を返されたものの、ミランは2-1と逃げ切りに成功。6試合ぶりに勝利を取り戻した。
    2アシスト以外にも何度となく好機を演出した本田がチームをけん引したことは間違いない。

    イタリア『スカイ・スポーツ』は、本田をマン・オブ・ザ・マッチに選出。
    この試合で唯一となる7.5点をつけた。同メディアのユーザー採点の平均でも、日本時間10日午前7時時点で7.54点と、チームで唯一7点を上回っている。

    『スポーツ・メディアセット』の採点でも、本田はやはりこの試合唯一の7.5点。
    同メディアはこのように背番号10をたたえた。

    「春に花咲く日本の桜のようだった。花見には遅れたが、いずれにしても称賛に値する素晴らしさで、効果的でもあった。2アシストを記録したが、それだけではない。フィジカルの強さを見せ、継続的なパフォーマンスだった」

    ミラン専門サイト『acmilannews.it』も、本田の採点はチーム唯一の7.5点。次のように評価している。

    「日本のサムライが非の打ち所のないパフォーマンス。彼は輝きとプレーを取り戻したようだ。ファン・ヒンケルをゴールに導き、クロスで2点目のデストロのヘッドもアシストした」

    『tuttomercatoweb.com』の本田の採点は、ファン・ヒンケルと並ぶチーム最高の7点。
    寸評では次のようにコメントしている。

    「試合で最初の危険なシュートを放ったのも彼だった。ゴールにならなかったのは、(モルガン・)デ・サンクティスが素晴らしいセーブをしたからというだけに過ぎない。先制点の功績も大きかった。右サイドを見事に駆け上がり、ペナルティーエリア内のファン・ヒンケルをとらえたのは彼だ。彼の左足(実際には右足)からデストロのゴールも生まれている。今夜のベストプレーヤーの一人だ」

    http://web.gekisaka.jp/news/detail/?162722-162722-fl


    【【サッカー】伊メディアがミラン本田を絶賛…「非の打ち所のないパフォーマンス」「春に花咲く日本の桜のよう」・・・の模様。】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/
     2日に行われたブンデスリーガ第31節で、ボルシア・ドルトムントはホッフェンハイムとアウェーで対戦し、1-1で引き分けた。ドイツメディアは74分までプレーしたMF香川真司のプレーを低く評価している。
    no title













    来季のヨーロッパリーグ出場権を巡る7位ホッフェンハイムと8位ドルトムントの対戦。
    ホッフェンハイムは33分、FWケヴィン・フォラントのゴールで先制すると、その直後にDFマッツ・フンメルスが同点弾を決め、その後はスコアが動かなかった。

    『ビルト』で「4」がついた香川のプレーだが、地元メディア『ルールナハリヒテン』『WAZ』は、さらに低い採点だった。
    『ルールナハリヒテン』は香川に「4.5」をつけ、次のように寸評している。

    「日本人選手はゲームのペースを決めようと頑張ったが、彼のパスの多くは精度を欠いた。プレーメーカーは運良く43分のパスミスの代償を払うことを免れた。後半立ち上がりには勝ち越しの絶好なチャンスを逃し、その直後には相手ディフェンスラインの縫い目を通した素晴らしいパスでオーバメヤンを生かしている。74分で仕事が終わった」

    『WAZ』でも「4.5」だった。香川の低調の理由を、自信の欠如と分析している。

    「日本人選手が自信を失っている様子は多くの場面で示されている。リスクを冒すパスを恐れ、後ろに向くことが多かったのだ。それでも縦パスを試みると、ボールは相手に奪われている」

    「47分の場面は兆候だった。相手ゴール前5メートルのエリアでフリーな形となり、パスを受けたがシュートを大きく外している。前半にも似たような場面があったが、その時はオフサイド判定となった」

    (※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150503-00000033-goal-socc
    GOAL 

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150503-00000033-goal-socc.view-000
    'ホッフェンハイム戦では好機を迎えるも…'

    【【サッカー】独紙評価:香川に低評価 「自信を失っている」・・・模様。】の続きを読む

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/04/18(土) 11:24:46.33 ID:???*.net
    元代表通訳のダバディ氏が明かす“02年日韓W杯、中村俊輔選外の理由”とは?

    http://www.footballchannel.jp/2015/04/17/post83219/
    no title


    いまから13年前、フィリップ・トルシエ監督が発表した日韓W杯に臨む日本代表メンバーの中に、中村俊輔の名前はなかった。

     1997年にJリーグデビューを果たし、2000年にリーグMVPと日本年間最優秀選手賞を獲得した名実ともに国内最高の選手がW杯出場の機会を逃すという事実は、当時大きな波紋を呼んだ。

     そして13年後、トルシエ監督の下で通訳を務めていたフローラン・ダバディ氏がフットボールチャンネル製作のJリーグ応援番組『J.Chan』に出演し、事の真相を語っている。

    「トルシエ監督はスタメンとして中村俊輔を使う気がなかった」と切り出したダバディ氏は、中村と三都主アレサンドロの2人が“23人目”として検討されていたと話す。

     そして、「ジョーカーとして途中から使った時、どれだけゲームの流れを変えられるかを考えるとアレックス(三都主)の方が縦に速いし、一瞬で何かを起こしてくれる」という理由で中村をメンバーから外したと明かした。

     2002年当時は足首の負傷がメンバー外の原因とも囁かれていたが、「本当の理由は私たち。トルシエさん、山本さん(山本昌邦コーチ)、そして私の責任。あれはたぶん私たちが間違っていた。呼びたかった」と、メンバー選考のミスを認めている。

     しかし、「中村俊輔にW杯を経験させていれば2006年がもっとよかったかもしれないし、2010年がなかったかもしれない」と述べ、その決断は自身にとって日本サッカー界における最大の後悔のひとつであると苦しい心境を告白した。

     史上初のW杯ベスト16という日本サッカー史に残る成績を残したトルシエジャパンだが、稀代の司令塔がメンバー入りしていれば結果は違っていたのかもしれない。

    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1429243638/

    【【サッカー】元日本代表通訳ダバディ氏「日韓W杯で中村俊輔を選外にしたのは私たちが間違っていた。呼びたかった」 ・・・の模様。】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/04/18(土) 07:53:17.71 ID:???*.net
     12年6月に移籍した英プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドで失意の2年を過ごした日本代表MF香川真司(26)が、14年8月に古巣ドルトムントへの復帰を決めたのは、相思相愛の指揮官がいたからである。

    香川が初めて海外に飛び出し、10年7月に加入したドルトムントで活躍できたのは、すべてはクロップ監督のおかげである。
    「シンジは中盤の真ん中で生きる」と高く評価。守備などを免除して自由を与えることで香川の能力を引き出した。
    マンU時代にはサイドやボランチでプレーさせられ、ベンチを温めることも多かったが、「シンジが左サイドとは! 心が張り裂け、涙があふれてくる」と温情コメントを発していた恩師クロップの下、香川は再生を図り、かつての輝きを取り戻すハズ……だった。

    ところが15日、クロップ監督が緊急記者会見を開き、今シーズン限りで退団することを明かしたのだ。
    後任は14年5月までドイツ1部マインツを率いていたトゥヘル監督に内定していると地元紙が報じている。
    マインツといえば、香川の日本代表のチームメートFW岡崎慎司(28)が所属しているクラブ。
    親日家で知られるトゥヘル監督と香川はうまくやっていけるだろうが、トゥヘルは現役ドイツ代表MFケディラ(レアル・マドリード所属)を引き入れようと画策中。そうなると香川は、はじき飛ばされてしまう。

    「トゥヘルは00年から5年間、シュツットガルトのユース監督をやっていて、ケディラは当時の秘蔵っ子のひとり。中盤に君臨する絶対的エースとしてケディラを中心にしたチームづくりを進める意向を持っており、香川は完全に構想外となってしまう」(在欧サッカージャーナリスト)

    日本代表ハリルホジッチ監督は「所属クラブで控えは代表に呼ばない」と話している。
    香川に残された選択肢は、Jリーグ復帰しかない。

    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/159085
    2015年4月18日

    no title

    練習で香川をハグするクロップ監督

    【【サッカー】恩師クロップ退団決定で現実味帯びる香川真司の「J復帰」・・・の模様。】の続きを読む

    このページのトップヘ