1: VIB ★@\(^o^)/ 
マーリンズ・イチロー(41)が再び息を吹き返してきた。6日(日本時間7日)のナショナルズ戦は「7番・左翼」でスタメン出場し、4打数1安打1打点。
連続試合安打を7に伸ばし、3戦連続打点を記録した。二回、無死二、三塁の好機で13年のサイ・ヤング賞右腕シャーザーから左前適時打を放った。

 これで今季は23安打。残り133安打とし、メジャー通算3000安打達成に向けて量産態勢に入り始めたものの、次戦のジャイアンツ戦からは再びベンチに戻ることが濃厚だ。
腰を痛めて4月20日に故障者リスト入りした正左翼手イエリッチ(23)が8日(日本時間9日)にも戦列に復帰する見込みだからだ。
mlb15022610080010-p2
 












昨季、ゴールドグラブを受賞したイエリッチに加えて中堅オズナ(24)、右翼スタントン(25)は守備に定評があり、メジャーを代表する外野陣。守備力ではゴールドグラブ賞10度のイチローにも引けを取らない。

 もっとも、ナ・リーグ東地区2位の今、得点圏打率3割4分8厘(23打数8安打)、8打点と勝負強さを発揮するイチローを外すのは得策ではない。
イチローの打撃を生かすため、レドモンド監督は、ここにきて一塁へのコンバートを検討しているという。

 マーリンズの一塁はM・モース(前ジャイアンツ)が開幕から打撃不振(打率1割9分3厘)。現在は控え内野手が日替わりで起用されている。
メジャーではシーズン中であっても選手の配置転換は珍しくはない。多くのゴールドグラブ賞を育てたベリー・ヒル内野守備コーチの指導で、イチローを急造一塁手に仕立て上げるプランがあるというのだ。

 コンバートが実現すれば「3000安打」も現実味を帯びてくるのだが……。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150507-00000009-nkgendai-base

【【メジャーリーグ】好調マーリンズ・イチローに「一塁コンバート」プラン急浮上・・・の模様。】の続きを読む