おーぷん2ch速報

話題のニュースをお届けします

    カテゴリ: 野球

    1: 名無しさん 2014/12/30(火) 15:08:29.87 ID:???0ダウンロード (1)
     野球評論家の江本孟紀氏は、米大リーグが「常識外れのアホみたいなカネを払っている」ことに起因して、最近の選手は売り時に稼げればいいと思っていると指摘している。
    この場合の「アホ」というのは、関西で親しみと温かさを込めて使われる言葉で、江本氏いわく「変われば良くなる」という期待を込めたもの。
    その「アホみたいなカネ」をもらったことで、人が変わったと思わせるイチローの様子について、江本氏が語った。

     * * *
    カネは人を変える、という出来事が最近もありました。
     
    先日、“大魔神”佐々木主浩の野球殿堂入りのパーティがあって、壇上の佐々木にイチローが花束を贈呈するシーンがあったでしょう。

    イチローは舞台の袖から出てきて、会場にいる我々のほうを見向きもせずにスタスタ佐々木のところへ歩いて行き、花を渡すとそのまま袖にスッと消えた。後は一切姿を見せなかった。

    忙しいのかもしれないけど、普通なら少しは会場に降りてきて球界の大先輩たちと親睦を深めるのが礼儀でしょう。今は公の場に出たくないだろうあの清原和博でさえ、会場で関係者と話をしていたのに(笑い)。

    昔、サンフランシスコのデパートでたまたま会った時はイチローも愛想が良かったんだけど……。

    原因はやっぱり巨額のカネでしょうね。
    オレの十分の一も稼げないでエラそうに評論するな、という顔だもの。
    だから平民のところへは降りてこなかったのかな。こっちもスミマセンね、という気持ちになるけど(笑い)。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141224-00000008-pseven-spo

    【カネは人を変える一例 大魔神殿堂入りパーティでのイチロー ・・・の模様。】の続きを読む

    1: 名無しさん 2014/12/27(土) 10:40:03.54 ID:???0ダウンロード (1)
     ヤンキースからFAとなり、去就が注目されていた黒田博樹投手(39)が8年ぶりに古巣・広島への復帰を決めたことが26日、分かった。年俸は総額4億円超とみられる。27日に正式発表される。メジャーで5年連続2桁勝利をマークしている右腕には複数球団が争奪戦を演じていたが、黒田は巨額オファーを蹴って、育ててもらった広島で野球人生の集大成を飾る道を選んだ。

     男気あふれる決断だ。メジャーのFA市場でもトップランクに位置付けされていた黒田が選んだのは、古巣の広島だった。球団にこの日、本人から「カープに帰ります」との連絡が入った。

     ヤンキースからFAとなった黒田に対し、広島は水面下で交渉を続けてきた。
    11月初旬には、帰国中の黒田に速攻でアタック。以来3度接触し、復帰を熱望する一貫した思いを伝え続けた。最終的には総額4億円を超える条件で合意したとみられる。

     広島からFA宣言し、07年12月にドジャースに入団。
    メジャー在籍7年間で通算79勝をマークし今季はヤ軍で唯一先発ローテーションを守り、5年連続2桁勝利となる11勝を挙げた。ド軍との3年契約満了後は「一年一年が勝負」との考えから、複数年契約を拒否してあえて単年契約で勝負し、完全燃焼してきた。

     黒田にはパドレスが年俸1800万ドル(約21億6000万円)を用意したほか、複数球団が争奪戦を繰り広げた。ここまでの巨額オファーを蹴って、日本球界に復帰した選手は過去に例はない。バリバリのメジャーリーガーとして帰ってくる黒田。緒方監督を迎え、来季24年ぶりのリーグ優勝を狙う広島に、最高の、そして最強の戦力が加わった。

     ◆黒田 博樹(くろだ・ひろき)1975年(昭50)2月10日、大阪府出身の39歳。
    上宮から専大を経て、96年ドラフト2位(逆指名)で広島入団。05年に15勝で最多勝、06年に最優秀防御率のタイトル獲得。07年オフにFA権を行使してドジャース入り。
    12年にヤンキースへ移籍した。日本通算271試合103勝89敗1セーブ、防御率3.69。
    メジャー通算212試合79勝79敗0セーブ、防御率3.45。1メートル85、93キロ。右投げ右打ち。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141227-00000000-spnannex-base


    【【野球】黒田 8年ぶり広島復帰!年俸総額4億円超!パドレスからの約21億巨額オファー蹴った!・・・模様。】の続きを読む

    1: 名無しさん 2014/12/17(水) 09:57:45.26 ID:???0ダウンロード (1)
    プロ野球・読売ジャイアンツの〝お騒がせ王子〟がまたやらかした。

     先発陣の一角に名前を連ねる澤村拓一投手(26)が六本木のクラブで暴行事件を起こしていたことを、週刊文春(文藝春秋)12月25日号が明らかにしたのだ。

     実はこのスクープ、本サイトが11月にいち早く報じている。「」のタイトルで報じたもので、実名こそ伏せたが澤村が起こしたトラブルについて速報を打ったものだ。

    球団が手を回して示談、被害届は取り下げに
     改めて騒動を振り返ると、警察沙汰を起こしたのは10月8日。

     日本シリーズ進出を賭けた阪神タイガースとのクライマックスシリーズ(CS)の直前、港区六本木のクラブで若者グループのトラブルになり、うち1人に対して暴行を働いたというのだ。

    「現場は2012年9月に暴走族『関東連合』OBらによる襲撃事件が起きたクラブ『フラワー』が入居していたビル。澤村は、そのフラワー閉店後にできたクラブで、20代の男性と揉めて相手にけがを負わせてしまったようだ」(事情を知る飲食店関係者)

     関係者によると、その場には同じく巨人の主力である内海哲也投手(32)も同席したといい、もう1人別の選手がいたとの情報もある。

     暴行を受けた男性が警視庁・麻布署に被害届を提出。本サイトがこの一件を取り上げる直前には、複数の週刊誌が当局への「裏取り」に動いたが、なぜ今まで明るみに出なかったのか。

    「すぐに球団側が手を回して、相手との示談を済ませたようです。被害届も取り下げてしまったので事件化することもなかった。文春のほか、一部のスポーツ紙や夕刊紙もトラブルの内容を把握していたようですが、球団との付き合いもあるし事件になっていなければ記事にすることはできません。それでトラブルは闇に葬られるはずでした」(マスコミ関係者)

     ところが、2か月以上が経過した今ごろになって、結局トラブルは世に出ることとなった。

    「球団の『もみ消し工作』が失敗に終わったか、あるいは何か別の事情があるのか。
    いずれにせよ、満足な成績も残せていないにも関わらず、夜のトラブルが絶えない澤村が、今後苦しい立場に追い込まれるのは間違いありません」(同前)

     読売新聞は週刊文春の取材に対し、「一部重大な事実誤認がある」としているが、澤村の騒動事態があったことはどうやら間違いないようだ。

     「球界の盟主」を直撃した激震は、しばらく収まりそうにない。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/9584138/

    【 巨人・澤村が六本木“関東連合ビル”で暴行騒動を起こしていた ・・・模様。】の続きを読む

    1: 名無しさん 2014/12/13(土) 22:17:15.55 ID:???0ダウンロード (2)
     そろそろ“賞味期限”が切れそうになっている。北海道日本ハムファイターズ・斎藤佑樹投手のことだ。
    12月3日、札幌市内の球団事務所で契約更改に臨み、今季2800万円から300万円ダウンの2500万円でサイン。
    今季は右肩関節唇損傷(みぎかたかんせつしんそんしょう)からの再起を図って開幕ローテーション入りしたものの、先発した2試合で防御率7.36と結果を残せずに二軍に降格。出だしからつまずいたが、約3か月後の7月31日・ロッテ戦で785日ぶりの白星を挙げた。
    とはいえ、一軍での登板試合数は結局6試合で2勝1敗、防御率4.85とお世辞にも誉められた内容ではなかった。

    そんな斎藤には「この成績でよく2500万円ももらえるな」という冷ややかな声も方々から耳にする。
    それでも本人はどこ吹く風で契約更改後も「2勝しかできなかったんですが去年は0勝だったんで、それに比べたら方向性というのは示せたんじゃないかなと自分では思っている」と強気の言葉に終始。
    これには取り囲んでいた記者の一部から失笑も漏れ伝わってきた。こういうKY的なところも周囲の反感を買う要因となっているのは否めないだろう。 

    かつて2006年の高校時代、夏の甲子園で早稲田実業のエースとして駒大苫小牧の田中将大(現ヤンキース)に決勝戦再試合で投げ勝って一世を風靡(ふうび)した“ハンカチ王子”の姿はいまや見る影もない。正直に言おう。残念ながら斎藤はもう人気選手ではない。
    ネット上の反応を見ても分かるように、どちらかというと「痛い人」と見られてしまっているのが現状だ。

    一体なぜここまで斎藤人気は凋落してしまったのか。いくつかの疑問点を解決すべく検証してみると、斎藤が“作り上げられたスター”であることも浮き彫りになってきた。

    「もともと中学時代にも地元の群馬で名を馳せていたし、早実でも1年生でベンチ入りしていたのだからそれなりに実力はあった。でもこれは当時を知る人間ならば誰もが分かっていることだが、彼はそれほど抜きん出るような存在ではなかったんだ。それが2006年の夏に甲子園で伏兵と見られていた立場から、あれよあれよと勝ち抜いて中田を抑え、田中にも投げ勝ってV投手になってしまった。
    彗星のごとく現れ、しかも甘いマスクとマウンドで汗を拭うハンカチがトレードマークとなれば、メディアが放っておくはずがない。あっという間に斎藤佑樹という存在が持てはやされ、大スターへと祭り上げられてしまったというのが当時の真相だ」

    要は超一流でもないのにスーパースターへと祭り上げられてしまったという見解である。
    この関係者は「それが不幸の始まりだった」とも断じているが、そう言いながらも2010年のドラフトで同関係者の所属球団は斎藤を1位指名しているだけに本心には獲り損ねた“恨み節”も多少加わっているような気もする。

    全文はこちら・・・
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141211-00000017-zdn_mkt-ind


    【【半価値】作り上げられたスター“ハンカチ王子”斎藤佑樹の人気は、なぜ凋落したのか?・・・の模様。】の続きを読む

    1: 名無しさん 2014/12/08(月) 14:29:14.64 ID:???0
     市長公認カップルだ!! 日本ハム・大谷翔平投手(20)が7日、千葉・鎌ケ谷市の球団施設で、2014年旭化成グループキャンペーンモデルを務める久慈暁子(20)と初対面した。
    2人は同じ岩手・奥州市出身で、同じ20歳。同市の広報誌の企画で顔を合わせると、同席した小沢昌記奥州市長(56)が「絵に描いたような美男美女」と大絶賛するなど、ロマンスの予感を漂わせた。

     鎌ケ谷スタジアムに立つ20歳の美男美女。冬の陽光に照らされた2人は報道陣の前で照れながらも、笑みがこぼれた。

     「すごくいい機会でした。(久慈は)身長が高いですね」

     この日、トレンド柄の「ウインドーペン・チェック」の濃紺スーツを着こなした大谷。岩手・奥州市の広報誌(来年1月号)の対談企画を終え、声を弾ませた。

     1メートル93の大谷と並んだ久慈はスレンダーボディー(1メートル66、B80W58H83)が魅力で、2014年旭化成グループキャンペーンモデルを務める青学大生だ。仲よくカメラに収まる2人。まるで、付き合ったばかりの恋人のような姿に、奥州市長の小沢氏は興奮を隠せなかった。

     「並んで撮る写真のバランスがいいね。これを機にとはいわないですけど、同じ時期に近くで生まれた絵に描いたような美男美女。小説でもドラマでもこんなことはないでしょう」

     この日が初対面だった2人は縁が深い。1994年7月5日生まれの大谷に対し、久慈の誕生日は同13日と8日違い。同じ蟹座で、互いの姉が高校の同級生という接点も。学区が異なるため小中学校は違うものの、実家同士は3キロ圏内で、共通の知人も多い。

     大谷は、久慈が今季の東京ドームでの日本ハム戦を観戦したと聞くと、「機会があれば(観戦に来てくれるのは)うれしいと思います」。今後の応援を要望した。久慈も、同い年のスターとの対面に「すごく背が高くて、顔が小さかった。20歳ですけど、考えていることが大人。すごくかっこいいと思います」と大きな瞳を輝かせた。

     好きな男性のタイプは「真面目で優しい人」。昨年のクリスマスイブは1人で練習に打ち込むなど野球一筋で硬派な大谷は、ピッタリな相手といえる。誰もがうらやむ美男美女。奥州市長の公認カップルだけに、2人の今後に注目だ。

    http://www.sanspo.com/baseball/news/20141208/fig14120805040001-n3.html
    no title

    no title

    【【野球】日ハム大谷、同郷モデル久慈暁子と照れ照れ対談 「絵に描いたような美男美女」と市長も公認・・・の模様。】の続きを読む

    このページのトップヘ