おーぷん2ch速報

話題のニュースをお届けします

    カテゴリ: 野球

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 
     今季初登板した2日のロッテ戦。5点リードがありながら、勝ち投手の権利目前の5回1死で途中降板を言い渡され、試合後に1軍登録を抹消された日本ハムファイターズの斎藤佑樹投手(26)に、ファンの同情が集まっている。

    非情ともいえる栗山英樹監督(53)の采配に納得がいかないファンも少なくなかったようで、ネット上では<さすがに可哀想になってきた><悪いヤツじゃないんだろうが、余計お気の毒やな><ここ何年かの使われ方には同情する。栗山のおもちゃその1でしかも飽きられて来てるって最悪だよな>といったコメントが増えているのだ。

    <あんまり酷すぎて今では少し応援している><余裕ある奴よりこういうもがいてる奴のほうが応援し甲斐があるわ>と、斎藤佑に冷ややかだった日ハムファンも見方を変えつつある。

    ■「次に生かせ」の栗山監督には批難の声

    一方で、5点リードの状態で斎藤を降板させ登録抹消を決めた栗山監督や首脳陣には、懐疑的な意見が出ている。

    <その後、中継ぎが5失点したのは笑ったぞ><3失点ぐらいええやないか。試合壊したとか大げさすぎるわ><3失点で登録抹消って。ずいぶんハイレベル求められてるよね>と皮肉まじり。

    栗山監督は斎藤について「次にこれ(この日の登板)を生かしてくれればいい。俺は評価してるから。もちろん先発」とコメントしたものの、<5点差もあって替えるって一体? よっぽど信用してないんだな。だったら最初から先発させるなよ><早く引導を渡して第二の人生を歩ませるのが本当の優しさだと思うなぁ>という批判も。

    もちろん、プロ野球は弱肉強食の世界だ。1軍と2軍の往復を繰り返すプロ5年目の“元ハンカチ王子”には、
    <4回で8安打されるようじゃ使えないよな><石にかじりついてでも一軍に残ろうと思うなら中継ぎ打診をとっくに受け入れてる。それもせずダラダラとやってるのがそもそも駄目>と厳しい評価も多い。

    崖っぷちからなかなか抜け出せない斎藤佑。しばらくは“悲劇のヒーロー”キャラとして人気が出そうだ。

    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/158648

    no title

    崖っぷちの斎藤佑はこの逆境をどう跳ね返す?

    【【半価値】「さすがに可哀想に…」二軍落ち日ハム斎藤佑に今度は同情論・・・の模様。】の続きを読む

    1: 名無しさん 2015/03/13(金) 07:18:12.06 ID:???*.net
    レンジャーズは11日(日本時間12日)、右肘の内側側副じん帯を部分断裂したダルビッシュ有投手(28)が、別の医師に求めたセカンドオピニオンでも手術を勧められたことを発表した。
    早ければ16日(同17日)にも、じん帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を受ける。
    手術決断の最終結論を下す前に、別の医師にサードオピニオンを求めるが、全治1年以上と言われる同手術で肘にメスを入れることが決定的となった。
    spo1502220009-p1












    ダルビッシュの2015年は、開幕を前に終わりを告げる見通しとなった。
    ジョン・ダニエルズGMは10日にニューヨークで診察を受けた、デービッド・アルチェック医師によるセカンドオピニオンを公表。
    初見と同様にトミー・ジョン手術を勧められ、回避は難しいという見立てを示した。

    「アルチェック医師にも同じように手術を勧められた。全ては手術する方向で進んでいる。驚くことはないし、大きく変わることもない」

    同GMは「最終的な決断だけは、まだしていない」と前置きし、サードオピニオンを求めることも明言。
    同僚の藤川、レッドソックス・田沢らを執刀したジェームズ・アンドルーズ医師に画像を送って診断を仰ぐが、「(それによって手術の方向性が変わることは)予期していない」とも付け加えた。
    同手術の権威の見解をもって踏ん切りをつけるものとみられる。

    手術が決定的となり、球団も日程調整に動いた。「最終的な決断は今週末までで、手術は来週の頭になるだろう」と同GM。
    早ければ16日(日本時間17日)にもダルビッシュは野球人生初のメスを右肘に入れる。
    執刀医はチームドクターのキース・マイスター医師と、前述のアルチェック医師、アンドルーズ医師に、ドジャースのチームドクターのニール・エルトラッチェ医師を候補に加え、選定を進めている。

    ダルビッシュはこの日、全体練習に再合流して左投げでキャッチボールなどを行った。
    同GMは「最終的な決断をするまでは、彼は公にはコメントはしない。決断すれば、みんなに話す」と説明。
    報道陣との接触はなかったが、「我々は同じ考えだ。彼は状況を理解している。
    手術をするなら、互いに早い方がいいのは分かっている」と右腕の胸中を代弁した。リハビリには12~15カ月を要する。
    今季絶望なだけでなく、来季開幕に間に合うかも不透明。一日でも早く手術を行うことで、出遅れを最低限に防がなければならない。

    トミー・ジョン手術の成功率は約9割。肘への不安が消え去ることで、復帰後に故障前より高いパフォーマンスをみせる投手さえいる。
    メジャーでも屈指の投手にまで成長した右腕は、しばし傷ついた羽を休める。もう一度、屈強な大リーガーたちを圧倒するために。

    ▽トミー・ジョン手術 損傷した肘のじん帯を切除し、手首や足首など他の部位から正常な腱を移植する手術。
    70年代にフランク・ジョーブ博士(故人)によって考案され、当時ドジャースのトミー・ジョン投手(メジャー通算288勝)が74年に初めて受けたことからこう呼ばれている。通常、リハビリには12~15カ月の期間を要する。

    http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/03/13/kiji/K20150313009968790.html


    【【MLB】ダル17日にも“人生初”右肘手術へ 全治1年以上…来季開幕も不透明・・・の模様。】の続きを読む

    1: 名無しさん 2015/02/28(土) 13:48:01.95 ID:???*no title
     3月27日の開幕に向けて、プロ野球のオープン戦が始まった。初戦が行われた21日には、横浜DeNAベイスターズのルーキー・倉本寿彦選手が阪神タイガースの藤浪晋太郎投手から2点タイムリーヒットを放ち、開幕スターティングメンバーへ猛アピールした。
    広島東洋カープのドラフト1位ルーキー・野間峻祥選手も、読売ジャイアンツ(以下、巨人)の小山雄輝投手からホームランを放ち、激戦の外野レギュラー争いに名乗りを上げている。

    これからの活躍が期待される新人がいる一方、思うような成績を残せずにプロの世界を去る選手もいる。
    そして、最近はプロ野球選手のセカンドキャリアに注目が集まっている。スポーツライターが引退後の生活についてこう語る。

    「以前であれば、ある程度活躍した選手は、テレビ局の解説者やスポーツ紙の評論家になることができました。それなりの実績を残していれば、野球に関わる仕事に就けたのです。
    また、飲食店を始めれば、その名前だけで一定の集客ができる見込みもありました。
    しかし、今は地上波の巨人戦中継がほぼ消滅しており、既存の解説者でさえ思うように稼げなくなっています。わかりやすくいえば、打者なら2000本安打、投手なら200勝という超一流の実績を残して、ようやくその後のキャリアもなんとかなるという感じなのです」

    このような状況下で引退後に最も苦労するのは、それなりに活躍した一流選手だという。球界関係者はこう語る。

    「長年レギュラーを務めて1000本安打を達成した打者、数年間ローテーションに入って70勝くらい挙げた投手というのは、意外にセカンドキャリアで苦労しています。
    野球で大成できず、20代前半で引退した選手の場合はそこまでプライドもなく、素早く切り替えられます。
    しかし、なまじ実績を残していると、周囲もどう扱えばいいかわかりません。
    本人も野球界で活躍した自負があるので、他の業界で一から始めるという考えがないのです。
    例えば、現在自由契約となっている中村紀洋氏(前DeNA)は2000本安打を達成していますが、これまでの所属チームで首脳陣と対立するなど、トラブルメーカーの印象が強くあります。
    そうなると、引退後の働き口にも困る可能性が出てきます。
    タレント性はあると思いますが、芸能界も懐が狭くなってきているので難しいといわざるを得ません。
    また、現役時代に活躍して知名度があると、すり寄ってくる人も多いため、引退後に不安になってつい話を聞いてしまい、だまされたという経験のある元選手は少なくありません」

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150228-00010001-bjournal-ent
    Business Journal 

    【プロ野球選手の悲惨な引退後 仕事は少なく、だまされる人続出、自ら犯罪に走るケースも・・・の模様。】の続きを読む

    1: 名無しさん 2015/02/21(土) 12:39:28.16 ID:???*no title
    巨人・坂本がベッド写真流出…野球選手を狙う美人局事情

    今年もプロ野球のキャンプシーズンがやってきた。
    開幕前のこの時期の風物詩といえば、キャンプ地でハメを外した選手たちの下半身スキャンダルである。

    その第1号となったのが、今年から球界の盟主、読売ジャイアンツの新主将を務める坂本勇人内野手(26)。

    フライデー3月6日号(講談社)が、巻頭の袋とじページで、『キャンプ宿舎に愛人連れ込んだ「ベッド写真」』と題し、坂本の〝熱い一夜〟の一部始終を報じた。

    同誌によると、坂本は2月4日深夜、キャンプ地の宮崎で昨年知り合った女優、片瀬那奈似の23歳のキャバ嬢を宿舎ホテルに呼び出し、行為に及んだという。

    同誌は、キャバ嬢が撮影した、一戦を終えた後の坂本の寝顔写真も掲載。
    昨年から2度に及んだプレーの様子も詳述している。

    ■かなりのオラオラ系
    それによれば、坂本はかなりの「オラオラ系」で、ホテルに呼び出した女性に「口でしろよ!」と要求。
    コトが終わると、「タクシー代」として2万円~5万円を渡したのだという。

    主将として臨む新シーズンを前に、いきなり出鼻をくじかれた格好の坂本だが、こうした〝夜の暴走〟が報じられた選手は枚挙にいとまがない。

    2013年には、チームメートの杉内俊哉投手(34)が、WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)合宿中に
    宿舎のホテルで不倫密会している現場をフライデーされている。

    野球選手は、女性人気の高い職種だけに、こうした醜聞とは無縁ではいられないという側面はあるだろうが、彼らにとって、より脅威となるのは、わざと選手を籠絡して罠にはめようとする美人局の存在だ。

    「もっとも多いのがヤクザが絡むパターン。選手が集まるスナックやキャバクラに息の掛かった女性を送り込み、巧みに誘惑させる。女性と2人になった所をカメラに収めて、その現場写真を球団に持ち込み、カネにするのです。期間中の逢瀬で選手とトラブルになった女性がヤクザや半グレ連中に話を持ち込んで、後から脅しをかけることもある」(事情に詳しいスポーツ紙記者)

    各球団のキャンプが集中する宮崎や沖縄には、シーズンになると〝シノギ〟のために裏社会の連中が集まり、繁華街で虎視眈々と獲物を狙うのだという。有名選手の中にも、美人局の被害にあった人は少なくない。

    「最近ではロッテの涌井秀章投手がカモにされた。西武在籍時代に筋の悪い輩にゆすられ、散々搾り取られた。厳密に言えば美人局には当たらないかもしれないが、2012年には、巨人の原辰徳監督が、20年以上前の女性との不倫をネタに、1億円を脅し取られていたことが明らかになった。表沙汰になっていないだけで、
    カネを支払うかわりに、スキャンダルをもみ消してもらった選手は数え切れないほどいるだろう」(事情通)

    球界きってのスター選手を直撃したスキャンダルには、果たしてどんな裏事情が潜んでいるのか。

    DMMニュース http://dmm-news.com/article/920241/

    【【野球】巨人・坂本勇人『キャンプ宿舎に愛人連れ込んだ「ベッド写真」』とフライデーが報道・・・の模様。】の続きを読む

    1: 名無しさん 2015/02/15(日) 09:51:06.19 ID:???*_SL1080_
     3月10、11日に開催される欧州代表との国際試合(東京ドーム)に出場予定の侍ジャパン選手が16日に沖縄・那覇市内で発表される。
    目玉になるはずだった日本ハム・大谷はじめ開幕投手の有力候補たちは辞退必至なだけに苦しい人選になる。

    「発表を楽しみにしてください」。関係者はそう言っているが、野手はともかく、投手陣は日本代表にふさわしいメンバーをそろえるのは至難の業だ。
    今季開幕の3月27日に向け、12球団監督はチームの最終調整に入るだけに、日本代表どころの話ではないからだ。

    侍ジャパン・小久保監督はキャンプ地巡りをして各球団に協力を要請していた。総論では「全面協力」でも各論ではそうはいかないだろう。
    今季で契約切れ、進退のかかる監督も少なくないし、主力選手は最終調整を優先させたいところ。日本代表に派遣するのは若手選手中心にならざるをえない。

    しかも、同10、11日にはオープン戦が組まれている。注目カードで昨年のリーグ覇者同士の対決となるソフトバンクvs巨人は10日に長崎、11日はヤフオクドームでのナイターだ。巨人のリーグ4連覇阻止を宣言している球団創設80周年の阪神も、メジャーリーガー黒田の復帰で24年ぶりリーグ優勝のムードが高まる広島と甲子園で2連戦だ。

    こんな好カードがあれば、ファンの関心が侍ジャパンvs欧州代表の試合よりオープン戦に向けられても仕方ない。
    しかも、いくら本邦初となる欧州代表との画期的な試合だとアピールしても、実力的に相手は格下。侍ジャパンは負けたら恥になる。“若侍”でちょうどいい相手といえる。

    欧州代表のレベルの高さを披露してもらいつつ「野球は世界的なスポーツだ」と2020年東京五輪での野球復活をPRしたい思惑もある。そう考えれば、若侍ジャパンでちょうどいいのかもしれない。 (江尻良文)

    http://www.zakzak.co.jp/sports/baseball/news/20150213/bbl1502130830006-n1.htm

    【【野球】小久保Jは小粒ジャパン? 開幕前の3月欧州代表戦、主力選手の辞退必至・・・の模様。】の続きを読む

    このページのトップヘ