おーぷん2ch速報

話題のニュースをお届けします

    カテゴリ: 事件

    1: おーぷん 2014/06/02(月) 14:23:13.44 ID:???0
    ヤフオクでAKB総選挙投票券めぐり「詐欺」騒動 「使用済み」2000枚を183万円で売りさばく

    新曲の参加メンバーをファンの投票で決めるAKB48の選抜総選挙をめぐり、意外なところでトラブルが起きている。
    総選挙では、主にCDに1枚ついている投票券を使って投票するが、投票券の束をヤフーオークションに出品する人が現れたのだ。CDを買うよりも安く投票できると考えたのか、券を実際に落札する人も何人かいた。

    だが、投票券は使用済みのもので、落札しても投票できないことがほどなくして判明。落札した人は猛反発しているが、出品した人は「返金対応しろというのは無茶苦茶」などと半ば開き直っている。

    商品に関する説明はほとんどない

    投票権500枚の束がヤフオクに出品されていた 握手券の大量出品は、5月22日、23日、27日の3回にわたって行われ、22日が1000枚、23日と27日が500枚ずつ。出品者の欄を見る限りでは、いずれも同一人物が出品しているようだ。説明は、

    「投票券1000枚セットになります。発送はCD開封後の発送となります」
    「投票券500枚セットになります。発送はCD到着日の20日以降となります」
    「投票券500枚セットになります。発送はCD開封後発送となります」

    といったそっけないものだが、「いかなる場合も返金、返品は対応致しません」と返品ができないことは明記されている。

    いずれのオークションも出品から半日も経たないうちに落札者が決まり、落札金額は1000枚セットが95万円、23日に出品された500枚セットが45万円、27日に出品された500枚セットが43万円。言い換えれば、出品者は2000枚を183万円で売りさばいたことになる。1枚あたり915円だ。なお、アマゾンで初回限定盤を購入すると1枚1630円、 通常版だと1387円だ。

    出品者は「返品するから返金対応しろというのは無茶苦茶」と逆ギレ
    異変が起こったのは5月29日。落札者が3人とも、出品者に対して「非常に悪い」という評価を付けたのだ。落札者は、

    「投票できると思って、お金も入金したのに、届いた商品が投票済みで投票できない商品でした。中古品といえる95万円の価値は全くなかったです。 悪質な出品者ですね」「もうすでに投票済みの投票券でした!」
    などと出品者を非難している。総選挙の投票は、投票券に書いてある番号を特設ウェブサイトに入力する仕組み。
    もちろん、ひとつの番号で投票できるのは1回だけだ。出品者は、すでに使用済みの投票券を売り出していたわけだ。
    商品区分について「中古」としていたが、出品者は「未使用」「未投票」とは一言も書いてはいない。
    これで「使用済み」と判断するのはかなり難しい。落札者からすれば投票済みの投票券は単なる紙切れで、落札者が怒るのも無理はないとも言える。これに対して、出品者は、「中古品を落札しておいて返品するから返金対応しろというのは無茶苦茶ですよ。不当評価としてヤフオクにも通報させていただきます」 などと半ば「逆ギレ」している。

    別の落札者の書き込みによると、近く警察沙汰になる可能性もありそうだ。

    「お金を支払いましたがそちらのYahoo!IDが停止になり、取引が強制的に中止になりましたのでこの評価にさせていただきました。
    返金手続きしていただけないようなので、警察に被害届を提出させていただきます」
    なお、投票済み投票券1000枚を落札してしまった人は、それ以外にもヤフオクで15回にわたって投票前の投票券を落札している。
    枚数は3590枚、総額は306万6900円に及んでいる。


    http://www.j-cast.com/2014/05/31206327.html?p=1
    http://www.j-cast.com/2014/05/31206327.html?p=2
    no title




    【【AKB詐欺】ヤフオクで投票券2000枚183万円の被害「中古品を落札しといて返金対応しろとか無茶。ヤフーに通報します」と出品者逆ギレ・・・の模様。】の続きを読む

    1: 香里◆9Xwbd8KpQM 2014/05/26(月)17:18:18
    「誰でもいい」「殺そうと思った」=AKB負傷、逮捕の男―岩手県警
    nhk_news_20140525-204755s











     岩手県滝沢市で開かれたアイドルグループAKB48の握手会でメンバーら3人が切り付けられて負傷した事件で殺人未遂容疑で現行犯逮捕された無職梅田悟容疑者(24)青森県十和田市=が岩手県警の調べに対し「人を殺そうと思った」「誰でもよかった」などと供述していることが26日捜査関係者への取材で分かった。
    梅田容疑者はメンバーがいたテントに入ってすぐに切り付けており県警盛岡西署はのこぎりとみられる刃物を用意した上で襲撃目的で握手会に参加したとみて調べている。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140526-00000091-jij-soci

    【「誰でもいい」「殺そうと思った」=AKB負傷、逮捕の男―の模様・・・・・】の続きを読む

    1: φ◆FdDsU0B5ivx5 2014/05/22(木)10:17:47no title
    5月17日にミュージシャンのASKA(56)とともに逮捕された栩内香澄美容疑者(37)は、パソナグループの企業に秘書として勤務していたことが分かった。

    特に代表の南部靖之氏(62)に目をかけられ、主に政財界のVIPを、南部氏主催のパーティーなどで“接待”する役割を担っていたという。

    ASKAも南部氏とは親しく、パーティーで歌を披露することもあった。

    そうしたなかでASKAと栩内は知り合い、数年前から愛人関係になったという。ASKAは週末になると栩内のマンションに通っており、そこで薬物を使って肉体関係をもっていた。警視庁組対五課はその行動パターンをつかみ、今回の逮捕に至った。

    ASKAは覚せい剤所持の容疑を否認し、自分が持っていたものは「アンナカ(安息香酸ナトリウムカフェイン)だ」と供述している。同様の内容を「週刊文春」の取材に対しても語っており、その音声データは「週刊文春デジタル」で公開される。

    〈以下略〉

    週刊文春
    http://shukan.bunshun.jp/articles/-/3981

    【【薬物】ASKAと一緒に逮捕された女はパソナ代表・南部靖之氏の秘書だった模様・・・・・・・】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2014/05/20(火)08:08:39
    福島第一の原発所員、命令違反し撤退 吉田調書で判明
    no title

    東京電力福島第一原発所長で事故対応の責任者だった吉田昌郎(まさお)氏(2013年死去)が、政府事故調査・検証委員会の調べに答えた「聴取結果書」(吉田調書)を朝日新聞は入手した。
    それによると、東日本大震災4日後の11年3月15日朝、第一原発にいた所員の9割にあたる約650人が吉田氏の待機命令に違反し、10キロ南の福島第二原発へ撤退していた。
    その後、放射線量は急上昇しており、事故対応が不十分になった可能性がある。
    東電はこの命令違反による現場離脱を3年以上伏せてきた。

    ■所員9割、震災4日後に福島第二へ
    no title

     吉田調書や東電の内部資料によると、15日午前6時15分ごろ、吉田氏が指揮をとる第一原発免震重要棟2階の緊急時対策室に重大な報告が届いた。2号機方向から衝撃音がし、原子炉圧力抑制室の圧力がゼロになったというものだ。
    2号機の格納容器が破壊され、所員約720人が大量被曝(ひばく)するかもしれないという危機感に現場は包まれた。

     とはいえ、緊急時対策室内の放射線量はほとんど上昇していなかった。この時点で格納容器は破損していないと吉田氏は判断した。

     午前6時42分、吉田氏は前夜に想定した「第二原発への撤退」ではなく、「高線量の場所から一時退避し、すぐに現場に戻れる第一原発構内での待機」を社内のテレビ会議で命令した。
    「構内の線量の低いエリアで退避すること。その後異常でないことを確認できたら戻ってきてもらう」

     待機場所は「南側でも北側でも線量が落ち着いているところ」と調書には記録されている。安全を確認次第、現場に戻って事故対応を続けると決断したのだ。
    no title

     東電が12年に開示したテレビ会議の録画には、緊急時対策室で吉田氏の命令を聞く大勢の所員が映り、幹部社員の姿もあった。
    しかし、東電はこの場面を「録音していなかった」としており、吉田氏の命令内容はこれまで知ることができなかった。

     吉田氏の証言によると、所員の誰かが免震重要棟の前に用意されていたバスの運転手に「第二原発に行け」と指示し、午前7時ごろに出発したという。自家用車で移動した所員もいた。
    道路は震災で傷んでいた上、第二原発に出入りする際は防護服やマスクを着脱しなければならず、第一原発へ戻るにも時間がかかった。9割の所員がすぐに戻れない場所にいたのだ。

     その中には事故対応を指揮するはずのGM(グループマネジャー)と呼ばれる部課長級の社員もいた。過酷事故発生時に原子炉の運転や制御を支援するGMらの役割を定めた東電の内規に違反する可能性がある。吉田氏は政府事故調の聴取でこう語っている。
    2014年5月20日
    朝日新聞社
    http://www.asahi.com/articles/ASG5L51KCG5LUEHF003.html

    【福島第一原発、故・吉田所長の命令を無視 所員約650人が逃げていたことが判明した模様・・・・・・・】の続きを読む

    1: トラネコ◆EDwr815iMY 2014/05/19(月)12:00:13
    「真犯人」メール、片山被告が自ら送信か

    no title


     






     
     パソコンの遠隔操作事件で、16日、自分が「真犯人」だとするメールが報道機関などに送られたが、このメールは、現在公判中の片山祐輔被告が自ら送ったとみられることが分かった。東京地検は片山被告の保釈の取り消しを求めることを検討している。

     元会社員の片山祐輔被告は、他人のパソコンを遠隔操作し、殺害予告メールを送った罪などに問われているが、裁判で無罪を主張していて、片山被告は今年3月に保釈されていた。

     この事件をめぐって、16日、片山被告の裁判が開かれている時間帯に、自分が「真犯人」だとするメールが報道機関などに送られ、メールには、自分が片山被告のパソコンをウイルスに感染させ、片山被告の犯行に見せかけたなどと書かれていた。

     しかし、捜査関係者によると、片山被告が16日の裁判よりも前に、都内の河川敷で不審な行動をとっているのが捜査員に目撃され、片山被告がいた場所にスマートフォンが埋められているのが見つかったという。さらに、このスマートフォンを解析したところ、真犯人を名乗るメールのアドレスの痕跡があったという。時間をずらしてメールを送信するタイマー機能を使うなどして、片山被告自身が、真犯人を装うメールを送ったとみられている。

    詳細のソース
    http://www.news24.jp/articles/2014/05/19/07251386.html

    【【ゆうちゃん】「真犯人」メール、片山被告が自ら送信か・・・の模様】の続きを読む

    このページのトップヘ