おーぷん2ch速報

話題のニュースをお届けします

    カテゴリ: 話題

    1: 名無しさん 2014/07/08(火) 15:14:10.60 ● BE:273822876-PLT(23122) ポイント特典
    no title


    友人のFacebookからお借りした写真だが、那覇市松川の【お食事処 栄】が現在この有様らしい( ゚д゚)
    http://twitter.com/KURO_yasu45/status/486328564053078016

    【【台風速報】那覇市の 「お食事処 栄」 を御覧ください】の続きを読む

    1: 名無しさん 2014/06/07(土) 11:48:30.31 BE:601732212-PLT(14019) ポイント特典
    「小保方さんに協力した人がいるのでは?」 STAP細胞論文不正問題で理学博士・竹内薫氏が新たな食い違いを指摘
    HO140307-01










    5日放送の「ひるおび」で、小保方晴子氏の研究論文には、実は共犯者がいたのではないかという説が飛び出した。

    この日の放送では、「STAP細胞はあります!から一転…おととい主論文の撤回に同意」と題して、小保方氏の論文と一連の問題について取り上げた、その中で、小保方氏に協力して厳重に管理されている細胞を持ちだした人がいるのではないか、と理学博士の竹内薫氏が指摘した。

    先月の22日に、理研の上級研究員・遠藤高帆氏は、小保方氏がSTAP細胞として公開した論文の遺伝子データを独自に解析し、結果を理研に報告した。その中で、新たに指摘された食い違いを番組が解説した。

    従来であれば、F1マウスからSTAP細胞が作られていたとされていたが、新たな指摘ではB6マウスのES細胞と、CD1マウスのTS細胞という、別の2種細胞を使用したのではと論じられた。

    ES細胞とTS細胞を混ぜ合わせることに関して、竹内氏は「別々の塊になるはずなんですよ。ただ、超絶テクニックをもった細胞屋さんであれば作れるかもしれません」
    「小保方さんはそんなこと出来ないと思いますよ。そんな経験ないと思いますよ。5年10年とずっと細胞培養をやった人じゃないと出来ないと思うんですよ」と話した。

    これを受けて、司会の恵が「ということは小保方さんと協力した人がいるってこと? もしこれが本当だとしたら」と訊ねると、竹内氏は「そう思うんですよ」と同意した。

    続けて竹内氏は「つまりES細胞とTS細胞はじゃあどっから来たの?ってことですよ。これは厳重に管理されてるから、そんなにぽっと持ってくるわけにはいかないんですよ。
    誰がそれを渡したんですか、あるいは誰が混ぜたんですかって話ですよ」と、共犯者がいた可能性を指摘した。

    また、共犯することにメリットがあるのかを訊かれると、竹内氏は「動機はいろいろあると思いますよ。論文に名前を連ねるっていう動機もあります」と明かした。

    さらに、論文の責任著者十数名の中に、この実験を実現させられそうな人がいるのか問われると、竹内氏は「それはいますよ、ここではさすがに言えないですけど」と、苦笑しながら話した。

    http://news.livedoor.com/article/detail/8910850/

    【【STAP問題】「黒幕がいる。細胞を持ち出せる細胞屋で論文に名前を連ねる動機」 あ、分かっちゃった…模様。】の続きを読む

    1: おーぷん 2014/06/02(月) 10:38:10.50 BE:601732212-PLT(14019) ポイント特典
    ご当地博に登場した「ふなっしー」。後に偽物であることが判明した=高砂市米田町島(読者提供)
    no title



    ふなっしー偽物騒ぎ 警察が取り押さえ 兵庫のイベント

     市制60年を記念して兵庫県の高砂市で1日に開かれた「ご当地博」で、全国のゆるキャラが集う会場に、千葉県船橋市の非公認キャラ「ふなっしー」の“偽物”が現れ、不審に思った高砂署員に取り押さえられる騒ぎがあった。
     イベントは同市の主催で、ゆるキャラは熊本県の「くまモン」など47体が出演。
    ただ、「ふなっしー」は日程が合わず、オファーを断っていたという。
     同市によると、同日正午ごろ、偽物は会場で20~30人の子どもに囲まれていたが、ステージ上のご当地アイドルに「ふなっしーだ」と指さされると、慌てて駆けだしたという。
    会場外に出たところで警戒中だった高砂署員に取り押さえられた。
     高砂署によると、着ぐるみの中にいたのは自称加古川市の男性で、「母親の勧めで、自分の子どもを喜ばせるために着ていた」と話しているという。
    著作権の問題がないかどうかなどについて、同署は2日にも男性から任意で話を聞く予定。
     トレードマークのジャンプや甲高い声は発していなかったというが、目撃した女性は「記念撮影に応じて転げ回ったりもしていた。まさか偽物だったとは…」と驚いた様子だった。(井上太郎)

    http://news.goo.ne.jp/article/kobe/nation/kobe-20140602002.html

    【【画像】イベントでふなっしーの偽物が登場 警察に取り押さえられる・・・模様。】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2014/05/27(火)08:18:44
    no title

    2014年5月24日、米ウォール・ストリート・ジャーナル紙によると、23日に中国人女性が5人のネパール人ガイドと共にエベレスト登頂に成功した。
    4月に起きたネパール人ガイド16人の死亡事故以来、今シーズンとしては初のエベレスト登頂となる。
    26日付で中国紙・参考消息(電子版)が伝えた。

    登頂に成功したのは40歳の王静(ワン・ジン)さん。
    4月の事故以来、ネパール人ガイドのシェルパらは待遇改善などを求めて登頂を拒否し、各国の登山チームも今季の登頂は絶望的とみてベースキャンプからの撤退を進めていた。

    そんななか、王氏の登山チームは事故の起きたアイスフォールなど、第2キャンプまでの難所をヘリコプターで飛び越え、登頂に至った。

    通常ネパール政府は環境への配慮から、緊急時以外にヘリコプターがベースキャンプより高い場所に行くことは認めていない。しかし今回王氏がヘリコプターの使用を発表した際、ネパール政府は特に禁止を言い渡さなかった。

    http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=88693

    【中国人女性が難所をヘリコプターで飛び越えイカサマエベレスト登頂 環境配慮なし・・・の模様。】の続きを読む

    このページのトップヘ