おーぷん2ch速報

話題のニュースをお届けします

    カテゴリ: 話題

    1: 名無しさん 2014/11/01(土) 22:55:06.36 
    芸能事務所に所属する女優やモデルが弁当を宅配してくれるサービス『プラチナランチ』が、2014年11月4日からスタートする。

    正真正銘の女優やモデルが弁当をデリバリーしてくれる、今までにない革命的なサービスといえる。
    今までは味やスピードで評価されてきたデリバリー業界。今後は、スタッフの「美しさ」で評価される時代に突入するかも?

    弁当を運んでくれる女優やモデルは、プラチナムプロダクションに所属する女性たち。
    しっかりとマナーを学び、徹底した「おもてなし」を提供してくれるそうだ。

    「配膳に伺う女性スタッフは、有名タレントや人気モデルを多数輩出している芸能事務所プラチナムプロダクションに所属する新人の女優やモデルたち。全員、専用のお弁当配膳研修を受けた“美”と“おもてなし”のプロフェッショナル」(ソーシャルキャピタル総合研究所)

    牛ステーキとチキンソテーの MIX弁当 2870円(税抜)
    ローストビーフとチキンソテーのMIX弁当 2314円(税抜)
    牛ステーキ弁当 2037円(税抜)
    サーモングリル菜園風弁当 1759円(税抜)
    特製デミグラスハンバーグ弁当 1759円(税抜)
    若鶏のシャリアピンステーキ弁当 1574円(税抜)

    いつもとは一味違ったデリバリーのかたち。試しに注文して体験してみるのも楽しいかもしれない。

    http://main-dish.com/article/2014/10/31/model/
    no title

    no title

    no title

    【【チェンジなし】美人すぎる女優やモデルが弁当2870円を届けるサービス『プラチナランチ』開始・・・の模様。】の続きを読む

    1: 名無しさん 2014/10/17(金) 07:28:00.31 BE:615284227-PLT(14098) ポイント特典
    リクナビ 2015

    株式会社明治座

    営業部団体課
    君川 博哉(34歳)

    だからこの仕事が好き!一番うれしかったことにまつわるエピソード 群馬県のお客様先に2年間通い詰め、明治座貸切観劇会を初めて開催!!

    入社3年目に営業地区として群馬県を担当しました。2年間、毎日群馬まで通い、すでに明治座での観劇を体験していただいたお客様に加え、まだ明治座での観劇を体験したことのないお客様にもご提案活動を行いました。まず観劇の魅力をご説明することから始め、明治座利用のメリットを根気よくご提案していきました。

    そういった日々の活動を通してお客様との信頼関係を築くことができ、最終的には群馬県では初めての全館貸切観劇会を受注することができました。

    これまでのキャリア チケットの団体向け営業(今年で10年目)
    https://job.rikunabi.com/2015/company/senior/r319600072/K103/

    明治座若手イケメン営業の君川 博哉さん(34歳)
    no title

    【【女性大臣】小渕優子氏は若手イケメン営業に迫られ押し切られる形で明治座観劇会を催した事が判明・・・の模様。】の続きを読む

    1: 名無しさん 2014/10/11(土) 07:15:46.15 ID:???09abb1446
     昨晩ノーベル文学賞が発表され、フランスの作家・パトリック・モディアノが受賞。ブックメーカーなどで有力候補とされていた、村上春樹はまたしても受賞を逃した。

     2006年カフカ賞を受賞して以降、10月には毎年のように、「今年こそ村上春樹受賞なるか」と様々なメディアが大騒ぎを繰り広げている。昨日も、書店の村上春樹コーナーや、ハルキストと呼ばれる春樹ファンたちがカフェに集まり受賞の報せを待つ様子、春樹ゆかりの海外のファンの声など、今年こそはと受賞を期待する特集が展開されていた。

     そして、別の作家の受賞が発表され「がっかり」……というところまでが、風物詩となっている感もある。ここまで落選が続くと、結局このまま獲れないんじゃないか、と不安になっているファンもいることだろう。

     村上春樹はこれから先もノーベル文学賞は獲れないのではないか。こう指摘するのは、評論家で作家の小谷野敦。小谷野は、著書『病む女はなぜ村上春樹を読むのか』(ベスト新書)のなかで、春樹ノーベル賞の可能性について様々な角度から考察しているのだ。

     そもそも村上春樹はノーベル賞の候補に本当に入っているのか。そこから小谷野は疑問を呈する。というのも、この時期報道でよく目にする「下馬評で1番人気」「最有力候補」などというのは予想屋が勝手に予想しているだけのもの。
    ノーベル賞の選考委員会は候補を公表しているわけではない。ノーベル賞委員会は50年経つと候補を公開することになっており、たとえば今年はじめに1963年の最終候補から三島由紀夫が一歩手前で漏れていたことがわかったり、当時日本では全くノーマークだった賀川豊彦が実は1947年の候補だったことが50年を経て初めてわかったり、などということがあった。春樹がこのまま受賞しなければ、本当に候補に入っているかどうかは、50年経たないと真相はわからないというわけだ。

     小谷野が「ノーベル賞受賞に当たっては不利な要因」としてまず挙げるのが、「村上春樹は日本ペンクラブ会員ではない」ということ。
    そんなことで決まるの?と思うかもしれないが、日本人初のノーベル文学賞作家である川端康成は、日本ペンクラブ会長を17年という長期にわたって務めており、2人目のノーベル文学賞作家の大江健三郎も、ペンクラブ理事、副会長だった。

     しかも単にペンクラブの役職に就いていればいいというわけではなく、「根回し」が重要だと小谷野は見ている。
    川端は会長任期中に日本で初めての国際ペンクラブ大会を開いており、その関係で西洋へもたびたび行き、
    さらに国際ペンクラブの副会長も務めており、「西洋社会への根回しは十分だった」。大江も「海外へ出ることも多く、それなりに根回しはしていた」。一方、海外での評価も高く候補に入っていたが受賞には至らなかった谷崎潤一郎は、飛行機が怖くて一度も西洋へ行ったことはなかったのだとか。

     さらに政治的な立ち位置も関係している。小谷野に言わせると「ノーベル賞委員会は、少し左寄りである」という。
    たとえば、アメリカで初めてノーベル文学賞を獲ったシンクレア・ルイスや、授与されたが辞退したサルトルも、
    社会主義的だった。日本では保守派と見られる川端康成も「その辺はぬかりなく、戦後は平和主義の仮面をかぶり続けた。ノーベル賞をとってしまうと地金が出て、(略)以後日本ペンクラブは右寄りに」なったという。

     当時大江健三郎はペンクラブを一度退会しているのだが、その後またペンクラブが左寄りに戻ると、戻ってきて理事になっている。そして「1984年には反核声明を出すなどしているし、大江は原爆、沖縄などを問題視する平和主義者としてふるまい、ノーベル賞にこぎつけた」。もちろん小谷野は、川端も大江も政治的な立ち位置だけで受賞したと言っているわけではない。優れた文学者として高く評価しているが、それだけではノーベル賞は受賞できない。
    たとえ文学者として優れていても、「日本人がノーベル文学賞をとるには、ロビー活動が必要」なのだ。対して春樹は、文学賞の選考委員もやらず、文壇の受賞パーティにも姿を見せないなど、文壇づきあいをほとんどしていないと指摘する。
    http://lite-ra.com/2014/10/post-535.html
    http://lite-ra.com/2014/10/post-535_2.html


    【【ハルキスト】今年も落選!村上春樹はそもそもノーベル文学賞候補ではないとの説 ・・・の模様。】の続きを読む

    1: 名無しさん 2014/10/06(月) 07:30:03.96 ID:???0cb1e25ee
    14~15年シーズンの全試合出場を見送り、1年間競技生活の休養を発表した浅田真央(24)の“激太り”が中国と韓国で話題になっている。

    「浅田真央がソチ五輪後、練習量が減ったためか4キロほど太り、ふっくらとした」と、いち早く報じたのは中国のネットメディア「騰訊体育」。

    そしてこのニュースは浅田のライバル、キム・ヨナのいる韓国に飛び火。

    韓国のネットユーザーは「キム・ヨナはソチ後もいろんなイベントに出て、アスリート時代のきれいな体形を維持しているのに、浅田はおばさんぽくなった」「“フィギュアの女神”はキム・ヨナだけ。リンクの外でも、浅田はライバルじゃない」とさんざんなのだ。

    このコメントに日本のネットユーザーは「好きな甘いものも食べて人生楽しんでるんだろ」とか「心労が一気に減ったんだろうな」と好意的。

    しかし、9月9日から放送されているストナの新CMで浅田の近影を見ると「いや、さすがにオバハン顔だろ」「いくらなんでも太りすぎ」と厳しい声に変わった。
    さらに「復帰する気があるのだろうか」と心配する声も上がっている。

    日刊ゲンダイ
    http://news.infoseek.co.jp/article/gendainet_221759



    【【フィギュア】日中韓で議論白熱する浅田真央の激太り「いくらなんでも太りすぎ」「復帰する気があるのだろうか」・・・の模様。】の続きを読む

    1: 名無しさん 2014/10/03(金) 11:22:04.34 ID:???01540474
    大失敗と囁かれる仁川(インチョン)アジア大会

    筆者の教え子たちが今回仁川アジア大会でVIP用の通訳を務めることになったというので、仁川アジア大会について感想を聞いてみた。すると、予想以上の悲惨な状況を伝えてくれた。

    まず、仁川アジア大会の公衆トイレにはトイレットペーパーがなく、簡易トイレは詰まりっぱなしだという。聞いたそばから、ひどい匂いがしそうな感じだ。

    また、照明塔が故障しても、なかなか直さない。シャトルバスがなかなか来ない。
    あちこちにゴミやたばこのポイ捨てが目立つという。選手団向けのお弁当から食中毒菌が検出され、大騒ぎになったこともあるという。

    彼らに聞いた話をもとに調べてみると、それ以外にもボランティア活動の人たちが選手にサインを要求し訓練の邪魔をしたり、会場で博打をしていたりしていたという。

    駐車場では障害者用のスペースがいつの間にかVIP用のスペースに早変わりしていることもある。
    日本でも話題になったバドミントンでは、発電機が故障したり、審判席が一般客に販売されていたりと耳をふさぎたくなるような悲惨さである。

    そもそもが、開幕式にも問題があった。江南スタイルで有名なPSY(サイ)や綺羅星のごとく韓流スターが登場したのはいいが、聖火リレーの最終走者が事前に漏れてしまい、拍子抜けしたショーになってしまった。

    そして、開幕式直後に聖火が消えてしまうというトホホな状態。

    そして、先日「卓球の女帝」と呼ばれるヒョン・ジョンファ監督がチームが負けたからとやけ酒を飲んで飲酒運転し、タクシーと衝突したため逮捕されるという問題続出の大会となっている。
    http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/41861?page=3

    【【仁川アジア大会】 公衆トイレにはトイレットペーパーがなく、簡易トイレは詰まりっぱなし、照明は故障、選手用弁当からはサルモネラ菌】の続きを読む

    このページのトップヘ