おーぷん2ch速報

話題のニュースをお届けします

    カテゴリ: 話題

    1: 名無しさん 2014/12/22(月) 18:15:05.11 ID:???0SU1HXzUzMDMJ8Q
    中止知らずに70人集まり怒る「納得できない」

    荒川河川敷で予定されていた「東京・荒川マラソン」が開催2日前に突然中止となった問題で、大会予定日だった21日、会場の平井運動公園(東京都江戸川区)には、中止を知らずに約70人が集まった。

    主催団体代表を名乗る男性(28)が1人で経緯を説明していたが、参加予定者からは「納得できない」などと怒りの声があがった。

    公園には、予定されていた午前7時半の受け付け開始前から人が集まり始めた。
    団体では、参加を申し込んだ約1500人に中止と参加費の返還を知らせるメールを送ったとしているが、葛飾区の男性(48)は「メールなんてもらっていない。何も聞かされていない。この日のために準備したのに」と憤り、千葉県佐倉市から来た男性(59)も「本当に参加費を返してくれるのか」と不安そうに話した。

    大会は、団体が、公園を管理する江戸川区の公益財団法人「えどがわ環境財団」や、河川敷を管理する国土交通省荒川下流河川事務所に利用申請を出さなかったことで中止となった。

    団体代表を名乗る男性によると、大会を主催する豊島区南大塚の団体「黎明れいめい」は、非営利組織(NPO)を名乗っているが法人格を取得していない任意団体で、都心の住所を貸し出す「バーチャル(仮想)オフィス」に所在地があるという。男性は大阪府箕面市在住で、2年ほど前にマラソンファン仲間3人で団体を結成し、仲間とは電話やインターネットでやりとりしていたという。

    男性は、集まった参加費約500万円のうち約100万円はテントの購入などで使ったと明かし、「ご迷惑をかけて大変申し訳ない。しっかりと返金には対応したい」と話した。

    同じ団体が来年3月開催予定の「荒川・スプリングマラソン」(現在申し込み停止中)について、男性は「既に約150人が申し込んでおり、利用申請をして実施したい」としている。

    YOMIURI ONLINE
    http://www.yomiuri.co.jp/sports/etc/20141222-OYT1T50031.html

    「荒川マラソン」中止…告知不足で混乱
    http://www.news24.jp/articles/2014/12/21/07265740.html(動画)

    【【陸上】「東京・荒川マラソン」、開催2日前に突然中止で混乱「本当に参加費を返してくれるのか」・・・の模様。】の続きを読む

    1: 名無しさん 2014/12/20(土) 13:55:04.28 ID:???0ダウンロード
    「今年活躍した」アスリートは、男性では錦織圭、羽生結弦、葛西紀明 女性アスリートは浅田真央、吉田沙保里、高梨沙羅 「来年活躍が期待される」アスリートには大谷翔平、田中将大、村上佳菜子らも

     株式会社博報堂DYメディアパートナーズは、株式会社博報堂DYスポーツマーケティングと共同で、アスリートの総合的なイメージを測定する「第28回アスリートイメージ評価調査」2014年総括特別編を行いました。

    ■調査結果■
    - 2014年に活躍したアスリート
     1位が錦織圭(テニス)(敬称略、以下同)、2位に羽生結弦(フィギュアスケート)、3位が葛西紀明(スキー<ジャンプ>)となり、女性アスリートは、1位が浅田真央(フィギュアスケート)、2位が吉田沙保里(レスリング)、3位が高梨沙羅(スキー<ジャンプ>)となりました。主に、2月に開催されたソチオリンピックで好成績を収めたアスリートが上位にランクインしています。

    - 2014年1月~11月の首都圏地上波の報道量 (ニホンモニター調べ・速報値)
     ソチオリンピックで話題になった羽生結弦が142時間2分(2013年:18時間35分)、浅田真央が115時間18分(2013年:49時間16分)と長時間報道されていたことが分かりました。
    他には、全米オープンで準優勝し、ランキング上位者のみが出場できるワールドツアー・ファイナルへの出場も果たした錦織圭が115時間19分(2013年:15時間8分)、ブラジルワールドカップの後も所属クラブで活躍を続ける本田圭佑が112時間50分(2013年:59時間18分)となっており、それぞれ露出量が100時間を超えていました。

    - 来年活躍が期待できるアスリート
     男性は1位:錦織圭(テニス)、2位:羽生結弦(フィギュアスケート)の後に、3位:大谷翔平(野球)、4位:田中将大(野球)、5位:本田圭佑(サッカー)と続いています。
     女性では、1位:吉田沙保里(レスリング)、2位:高梨沙羅(スキー<ジャンプ>)、3位:浅田真央(フィギュアスケート)、4位:村上佳菜子(フィギュアスケート)、5位:石川佳純(卓球)の順となっており、長期間活躍しているアスリートと今年躍進したアスリート、環境を変え新たな挑戦に向かっているアスリートが入り交じった結果となりました。

    - イメージ総合ランキング
     1位に錦織圭(テニス)、2位にイチロー(野球)、3位に羽生結弦(フィギュアスケート)、4位に浅田真央(フィギュアスケート)、5位に葛西紀明(スキー<ジャンプ>)となりました。この1年を通じて大きな躍進を果たした錦織圭の人気の高さがうかがえます。

    ■結果詳細■
    1)“2014年に活躍した”男性アスリートは、「錦織圭」「羽生結弦」「葛西紀明」
    1位 錦織圭(テニス)
    2位 羽生結弦(フィギュアスケート)
    3位 葛西紀明(スキー<ジャンプ>)
    4位 本田圭佑(サッカー)
    5位 田中将大(野球)

    2)“2014年に活躍した”女性アスリートは、「浅田真央」「吉田沙保里」「高梨沙羅」
    1位 浅田真央(フィギュアスケート)
    2位 吉田沙保里(レスリング)
    3位 高梨沙羅(スキー<ジャンプ>)
    4位 福原愛(卓球)
    5位 石川佳純(卓球)

    3) “2015年に活躍が期待できる”男性アスリートは、「錦織圭」「羽生結弦」「大谷翔平」
    1位 錦織圭(テニス)
    2位 羽生結弦(フィギュアスケート)
    3位 大谷翔平(野球)
    4位 田中将大(野球)
    5位 本田圭佑(サッカー)

    4) “2015年に活躍が期待できる”女性アスリートは、「吉田沙保里」「高梨沙羅」「浅田真央」
    1位 吉田沙保里(レスリング)
    2位 高梨沙羅(スキー<ジャンプ>)
    3位 浅田真央(フィギュアスケート)
    4位 村上佳菜子(フィギュアスケート)
    5位 石川佳純(卓球)

    >>2-5辺りに続く)
    博報堂DYメディアパートナーズ 
    http://www.hakuhodody-media.co.jp/newsrelease/report/20141219_9182.html


    【「今年活躍したアスリート」 男性:1位錦織(テニス) 以下、羽生(フィギュア)、葛西、本田(サッカー)、マー君(野球) 女性:1位浅田真央…の模様。】の続きを読む

    1: 名無しさん 2014/11/24(月) 04:31:16.69 BE:837857943-2BP(1500)
     昭和、なぜ密かなブーム?幅広い分野で関連商品続々、企業や店舗も注力、広い世代で人気
    四半世紀前に終わった「昭和」が再び人気になっている。ファッション、グルメ、特撮ヒーロー、映画、ドラマ、歌謡曲と、さまざまな“昭和の文化”が続々と商品化され、昭和関連の書籍やDVDの売れ行きも好調。
    「昭和」をリアルタイムで知っているのは30代以上の人に限られるが、当時を知らない世代にも、逆に“新しい文化”としてウケているようなのだ。

    ●昭和に特化した雑誌、部数3倍に
    実際、各店舗も“昭和”に力を入れ始めており、ジュンク堂池袋本店には昭和の人気ドラマのDVDを付録にした書籍がずらりと並び、昨年のNHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』の影響もあるのか、中古CDショップではキャンディーズや松田聖子、薬師丸ひろ子など、当時のアイドルのレコードを何十枚も大人買いしていく
    昭和世代のサラリーマンも少なくないという。
    スーパーカーブームや昭和の悪役レスラー、アニメ『あしたのジョー』など、昭和のブームやカルチャーに特化した異色の雑誌「昭和40年男」(クレスタパブリッシング、隔月刊)の北村明広編集長も、最近の“昭和人気”について次のように語る。「『昭和40年男』の創刊は2009年ですが、この数年で発行部数が3倍に増え、現在では公称12万部です。たしかに昭和の文化が人気になっている部分はあると思います。
    僕自身は自分が昭和40年生まれで、あの時代が一番面白いと思って、この雑誌をつくっているだけなのですが」
    ソフトグライダー
    no title

    にんじん
    no title

    スライム
    no title

    30円すもも
    no title

    ウォーターゲーム
    no title

    「エア・カー時代」
    no title


    http://biz-journal.jp/2014/05/post_4944.html

    【【1970年代生まれ集合】芸能 おもちゃ 駄菓子 密かな昭和ブーム 逆に“新しい文化”としてウケている ・・・模様。】の続きを読む

    1: 名無しさん 2014/11/14(金) 18:52:35.37 
    私の情熱、骸骨に込め 大阪の小6、独立展で最年少入選

    戦前からある絵画の公募展「第82回独立展」(独立美術協会主催)に、大阪府の小学6年生が最年少で入選した。
    富田林市立久野喜台小学校の大西茅布(ちふ)さん(11)。作品「月に遊ぶ」は、池のほとりの骸骨を描いた油彩画だ。大阪市立美術館で16日まで、京都でも来月にかけて展示される。

    http://www.asahi.com/articles/ASGC66SJFGC6PPTB00M.html?iref=comtop_6_01

    画像
    no title

    【絵画展に入選した小6の絵がヤバすぎる件 精神状態おかしいよ・・・の模様。】の続きを読む

    1: 名無しさん 2014/11/03(月) 19:15:18.18
    中国の有名大学のミス・キャンパスVS.日本の「自然な」ミス・キャンパス
    人民網日本語版

    日本の有名大学9校のミス・キャンパスのコンテストの写真がこのほど公開されて話題を集めた。一部のインターネット利用者はユーモラスに「勇気を持って見る必要がある」、「彼女たちはとても『自然』だ」とコメントしているほか、ミス・キャンパスの平均身長がわずか1メートル60センチ程度だと指摘するコメントもあった。新華網が伝えた。

    ここで問題だが、ネットで人気を集めている中国のミス・キャンパスと日本の「自然な」ミス・キャンパスには、どういった違いがあるのだろうか。これらの写真を見ればわかることだろう。(編集YH)

    http://j.people.com.cn/n/2014/1027/c94659-8800419.html

    ★中国
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    ★日本
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【【検証画像】中国人「日本の大学のミスコン優勝者…見るのに勇気必要」 中国との比較画像が話題・・・の模様。】の続きを読む

    このページのトップヘ