おーぷん2ch速報

話題のニュースをお届けします

    2015年04月

    1: ふんわり ★@\(^o^)/ 
     ヤンキースは現地時間28日、田中将大が右手首の腱炎と右前腕部の軽い張りで、故障者リスト入りするのではないかと、メジャーリーグ公式サイトの『MLB.com』が報じている。
    20140711164129b66
     











     同サイトでは7日から10日間はノースロー調整で、先発ローテーション復帰に1カ月かかる可能性があると伝えた。

     また、同サイト内には「やっぱりね」、「伊良部や井川みたいに、大金払ってリターンは少しだけになるのか」、
    「このニュースを読んで落ち込んだ。治って欲しい」などのコメントが書かれている。

     ヤンキースの田中将大は現地時間23日(現地時間24日)、気温0.5度の中行われた敵地でのタイガース戦で今季初めて中4日で先発。勝敗は付かなかったが、7回途中を1失点に抑えていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150429-00031236-baseballk-base

    【MLB】田中将大、29日間のDL入り GM「復帰まで1か月」(c)2ch.net
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1430269394/

    【【野球】マー君DL入りに「やっぱりね」「大金払ってリターンは少しだけ」現地ファンからも落胆の声・・・の模様。】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 
     日本ハムの斎藤佑樹(26)が24日、イースタン・リーグのロッテ戦に先発した。
    京都大学出身のルーキー田中英祐(23)との投げ合いが注目されるも、斎藤は10安打8失点の4回途中降板。2軍戦でも“フルボッコ状態”の斎藤に対し、ネット上では批判や同情を通り越し、達観ムードが漂い始めている。

    鎌ヶ谷で行なわれた斎藤と京大ドラ2の右腕の対決は、序盤から乱打戦となった。
    29日の西武ライオンズ戦で1軍デビューが決まっている田中は、最終調整のつもりが2回に4点を失って降板。斎藤も4回に集中して6失点を浴び、あえなく途中交代となった。

    ■「将来を本気で考えるスレが必要」の声も

    炎上が続く斎藤に対し、ツイッターやネット掲示板では、<ハンカチ王子もそろそろ結果出せへんとやばいよ><これはダメかも分からんね >と危機感を募らせる声や、<野球界の本田だな>と長い間ゴールに恵まれないものの、注目度が高いミランの10番にたとえた皮肉が出ている。<もう誰か引導を渡して><かわいそう>といった心配の声も日増しに。

    ついには、同情を通り越して、<もういいよ、キミは十分に闘った><まだ26歳だし、タレントでも俳優でも違った道を><ゆうちゃんの将来を本気で考えるスレが必要だな>などの声も。長年メディアの批判にさらされながら闘いを続けた斎藤をねぎらい、真剣に斎藤の今後を考えるムードに変わりつつあるのだ。

    栗山英樹(53)監督は斎藤について「ファームも競争。みんなで競争してるわけだから」 と今後も2軍調整させる考えを示している。
    はたして、斎藤の胸中やいかに。

    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/159323

    no title

    斎藤佑は2軍戦で“大炎上”

    試合スコア
    http://www.fighters.co.jp/farm/result/2015042401/

    イースタン日ハム 投手成績
    http://bis.npb.or.jp/2015/stats/idp2_f.html

    【【半価値】2軍で8失点KO 斎藤佑にファン達観「キミは十分に闘った」・・・の模様。】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 
    日本ハム・斎藤佑樹投手(26)が17日の楽天戦(コボスタ宮城)に中14日で先発。
    3回1/3、5安打4失点KOで今季初黒星を喫した。
    795348







    本人が「チームがいい雰囲気で戦ってきているのに、こういうピッチングをしてしまい申し訳ない気持ちでいっぱいです。
    一番の原因は変化球。真っすぐ系のボールでしか勝負できなかったですし、特にスライダーの制球に苦しみました」と振り返ったように、直球の最速が141キロの投手が生命線である変化球の制球に苦しめば…この結果も当然だった。

    それでも栗山監督は「判断は見てもらった通り。ただボール自体は悪くない。
    結果は大事なんだけど内容なんだ。ウチは10人の先発投手が競争していてその中で自分の場所を自分で取りに行く。
    俺が決めるわけではない」と登録抹消を示唆しながらも“超難解”な斎藤擁護論を展開。
    どうやら今後も定期的に一軍登板機会はありそうだ。

    そんな斎藤の存在をメジャーはどう見ているのか。一応、聞いてみると…。

    「すべての球種が平均を下回り、申し訳ないが調査対象外。
    アメリカにもアマチュア時代に輝かしい実績を残したドラフト1巡目選手が伸び悩んだり、期待通りの成果を上げられない例は数多くある。
    ただ、これだけメジャー(一軍)とマイナー(二軍)を往復しながら結果を残せない特定選手にチャンスが集中しては、競争の公平性が保てないのではないか。
    それ相応の投資をした選手なら分かるが、彼の獲得資金は(契約金の)アベレージである1億円。
    そこまで彼に固執する理由が分からない」(ナ・リーグ球団関係者)と首をひねっていた。

    http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/390872/


    【【半価値王子】斎藤佑にメジャー関係者「調査対象外」「すべての球種が平均を下回り、申し訳ないが調査対象外・・・の模様。】の続きを読む

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/04/18(土) 11:24:46.33 ID:???*.net
    元代表通訳のダバディ氏が明かす“02年日韓W杯、中村俊輔選外の理由”とは?

    http://www.footballchannel.jp/2015/04/17/post83219/
    no title


    いまから13年前、フィリップ・トルシエ監督が発表した日韓W杯に臨む日本代表メンバーの中に、中村俊輔の名前はなかった。

     1997年にJリーグデビューを果たし、2000年にリーグMVPと日本年間最優秀選手賞を獲得した名実ともに国内最高の選手がW杯出場の機会を逃すという事実は、当時大きな波紋を呼んだ。

     そして13年後、トルシエ監督の下で通訳を務めていたフローラン・ダバディ氏がフットボールチャンネル製作のJリーグ応援番組『J.Chan』に出演し、事の真相を語っている。

    「トルシエ監督はスタメンとして中村俊輔を使う気がなかった」と切り出したダバディ氏は、中村と三都主アレサンドロの2人が“23人目”として検討されていたと話す。

     そして、「ジョーカーとして途中から使った時、どれだけゲームの流れを変えられるかを考えるとアレックス(三都主)の方が縦に速いし、一瞬で何かを起こしてくれる」という理由で中村をメンバーから外したと明かした。

     2002年当時は足首の負傷がメンバー外の原因とも囁かれていたが、「本当の理由は私たち。トルシエさん、山本さん(山本昌邦コーチ)、そして私の責任。あれはたぶん私たちが間違っていた。呼びたかった」と、メンバー選考のミスを認めている。

     しかし、「中村俊輔にW杯を経験させていれば2006年がもっとよかったかもしれないし、2010年がなかったかもしれない」と述べ、その決断は自身にとって日本サッカー界における最大の後悔のひとつであると苦しい心境を告白した。

     史上初のW杯ベスト16という日本サッカー史に残る成績を残したトルシエジャパンだが、稀代の司令塔がメンバー入りしていれば結果は違っていたのかもしれない。

    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1429243638/

    【【サッカー】元日本代表通訳ダバディ氏「日韓W杯で中村俊輔を選外にしたのは私たちが間違っていた。呼びたかった」 ・・・の模様。】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/04/18(土) 07:53:17.71 ID:???*.net
     12年6月に移籍した英プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドで失意の2年を過ごした日本代表MF香川真司(26)が、14年8月に古巣ドルトムントへの復帰を決めたのは、相思相愛の指揮官がいたからである。

    香川が初めて海外に飛び出し、10年7月に加入したドルトムントで活躍できたのは、すべてはクロップ監督のおかげである。
    「シンジは中盤の真ん中で生きる」と高く評価。守備などを免除して自由を与えることで香川の能力を引き出した。
    マンU時代にはサイドやボランチでプレーさせられ、ベンチを温めることも多かったが、「シンジが左サイドとは! 心が張り裂け、涙があふれてくる」と温情コメントを発していた恩師クロップの下、香川は再生を図り、かつての輝きを取り戻すハズ……だった。

    ところが15日、クロップ監督が緊急記者会見を開き、今シーズン限りで退団することを明かしたのだ。
    後任は14年5月までドイツ1部マインツを率いていたトゥヘル監督に内定していると地元紙が報じている。
    マインツといえば、香川の日本代表のチームメートFW岡崎慎司(28)が所属しているクラブ。
    親日家で知られるトゥヘル監督と香川はうまくやっていけるだろうが、トゥヘルは現役ドイツ代表MFケディラ(レアル・マドリード所属)を引き入れようと画策中。そうなると香川は、はじき飛ばされてしまう。

    「トゥヘルは00年から5年間、シュツットガルトのユース監督をやっていて、ケディラは当時の秘蔵っ子のひとり。中盤に君臨する絶対的エースとしてケディラを中心にしたチームづくりを進める意向を持っており、香川は完全に構想外となってしまう」(在欧サッカージャーナリスト)

    日本代表ハリルホジッチ監督は「所属クラブで控えは代表に呼ばない」と話している。
    香川に残された選択肢は、Jリーグ復帰しかない。

    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/159085
    2015年4月18日

    no title

    練習で香川をハグするクロップ監督

    【【サッカー】恩師クロップ退団決定で現実味帯びる香川真司の「J復帰」・・・の模様。】の続きを読む

    このページのトップヘ