おーぷん2ch速報

話題のニュースをお届けします

    2014年09月

    1: 名無しさん 2014/09/14(日) 10:42:22.70 ID:???io0594042912309289806
     日本代表MF香川真司(25)はドルトムント復帰戦となる日本時間13日のフライブルグ戦で1ゴールを決めるなど活躍。帰還後即結果を出したことでスタジアムを訪れたドルトムントサポーターの盛り上がりは頂点に達した。

     一方、香川の活躍を複雑な思いで見ていたのが、古巣マンチェスター・ユナイテッドのサポーターたちだった。総額250億円もの大型補強を行ったものの、ルイス・ファンハール監督のシステムがフィットしていないと批判の声が上がっており、チームの先行きは不透明。開幕戦から低迷が続いており、イラ立ちが募っている。

     香川の出場試合後、ツイッターやマンUファンが集まるインターネット掲示板では「ファンハールは香川にチャンスを与えなかった」「マンUは香川の使い方を知らなかった」「なんでファンハールは彼を売ってしまったんだ」とファンハール監督に大して怒りの声が上がった。

     また「クラブのシステムとリーグとすべてが香川に合っている。ドルトムントにとってはバーゲンだったね」「クロップは香川の使い方をよく分かっている。一方、うちの指揮官は…」と香川とドルトムントとの相性が特別だと分析する声も少なくない。“相思相愛”ぶりを感じたからか「われわれは香川の2年間を無駄にさせてしまった」と謝罪する声まである。

     変わらないのがどのサポーターも香川の活躍を祝福している点。順風とはいかなかった英国での日々だが、サポーターには愛されていたようだ。

    東スポWeb 
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140914-00010001-tospoweb-socc


    【【サッカー】香川真司の活躍にマンUサポーター複雑「なぜチャンス与えなかった」・・・との事。】の続きを読む

    1: 名無しさん 2014/09/12(金) 21:12:25.58 ID:???0ダウンロード
    サッカー女子・なでしこリーグの千葉は12日、選手へのセクハラ行為があったとして上村崇士総監督(40)の解任を発表した。

    クラブによると、上村氏は今年に入ってから、飲酒した状態で同じ選手を「指導」と称して複数回呼び出し、2人だけの状況でセクハラ行為に及んだという。

    8月中旬に被害にあった選手がコーチに相談して発覚。
    弁護士が事実関係を調査し、「重大なセクハラ行為があった」と判断した。クラブは上村氏の認否など、調査の詳細は公表しなかった。

    千葉の島田亮社長は「関係者に深くおわびします」と謝罪し「選手たちが今まで通り活動できるように、再発防止対策を整えていきたい」と話した。自身の月額報酬の20%を3カ月カットすることも明らかにした。

    上村氏は現役時代はJリーグ・横浜フリューゲルス(当時)などでプレー。
    引退後は指導者となり、2005年から千葉で女子チームの監督を2度務め、今年から総監督に就いていた。

    毎日新聞  
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140912-00000069-mai-socc

    【【サッカー】なでしこリーグの千葉、上村総監督解任 飲酒した状態で同じ選手を「指導」と称して複数回呼び出しセクハラ行為・・・・の模様。】の続きを読む

    1: 名無しさん 2014/09/12(金) 10:36:05.47 ID:???0wada-01
    和田監督続投白紙、岡田氏、金本氏ら候補

    阪神和田豊監督(52)の続投方針が白紙になったことが11日、明らかになった。
    逆転優勝のラストチャンスとなった巨人戦で悪夢の同一カード3連敗。Bクラス転落の可能性がある中で、来季の監督人事は白紙に戻った。次期候補として、元監督の岡田彰布氏(56)や金本知憲氏(46)、矢野燿大氏(45)ら有力OBの名前が浮上。和田監督の続投も選択肢に入れ、慎重に選定作業を進めていく方向だ。

    阪神の監督人事が風雲急を告げる動きを見せてきた。逆転優勝にわずかな望みを抱いて、巨人戦に臨んだ。それがまさかの同一カード3連敗で、首位に7・5ゲーム差。4位DeNAが肉薄する予想外の展開だ。
    泥沼の6連敗で悪夢は続く。これまで球団側は「よほどのことがなければ…」と和田監督の続投を基本線にしていたが、CS本拠地開催の可能性さえ危ぶまれる事態に続投方針は「白紙」になった。

    次期監督として、有力OBの名前が浮上した。その1人が元監督の岡田氏だ。04年から5年間、指揮を執り、
    05年にはリーグ制覇を果たした。最強のリリーフ陣と称される「JFK」の編成など用兵に優れ、選手の信頼も厚い。培われた野球観を基に、勝負にこだわった采配が今も高く評価されている。
    08年はシーズン序盤から独走しながら、球史に残る巨人の追い上げを受け、2位に終わった。
    球団は全力で慰留したが、V逸の責任を負って、辞任。その後はオリックス監督を3年間、務めた。

    阪神は最後の優勝となった岡田政権下の05年以降、リーグ優勝に届いていない。
    特に後半戦の失速は近年の恒例行事となり、課題を克服できていない。ただし外国人選手を中心に戦力は
    他球団に見劣りしていない。現在のチームの基盤を引き継ぎ、スムーズに新体制に移行することを考慮すれば、岡田氏は適任と言える。

    有力OBとして、金本、矢野両氏も候補に挙がっている。03年、05年の優勝メンバーで実績、経験ともに申し分ない。ファンの人気も絶大で、指導者としての復帰が待ち望まれている。
    手腕は未知数ながら、選手からの人望も厚く、チームをしっかりとまとめ上げていくことが期待される。
    観客動員が減少傾向にある中で、チームの魅力を高める起爆剤になる。情熱的な指導で定評のある平田2軍監督も候補だ。

    来季は球団創設80周年。今季の優勝が絶望的な状況で、メモリアルイヤーのV奪還は重大な使命だ。
    白紙にはなったが、和田監督の続投も選択肢に入れ、来季監督の選定作業を慎重に進めていく。

    nikkansports.com http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20140912-1365287.html

    【【次は?】阪神、和田監督続投方針を白紙に…次期候補として岡田彰布氏、金本知憲氏、矢野燿大氏らが浮上・・・の模様。】の続きを読む

    1: 名無しさん 2014/09/10(水) 18:00:34.41 ID:???0ダウンロード
    本田、武藤&柴崎を祝福も自らの脅威となることは否定「抜かれない自信がある」

     日本代表は9日、横浜国際総合競技場でハビエル・アギーレ監督の2戦目となるベネズエラ代表戦に臨み、2-2で引き分けた。

     FW本田圭佑(ミラン)は、クラブと代表での役割の違いを問われると「システムもポジションも一緒なので大きくは変わらない」とし、「個人的に求めていることも、監督に求められていることも変わらない」と語った。

     さらに、得点を決めたFW武藤嘉紀(FC東京)とMF柴崎岳(鹿島アントラーズ)に対しては「どちらにも完全におとりにされた。昔の自分を思い出す」と苦笑いを浮かべながらも「当然、勝負なので満足は出来ないけど、彼らにはおめでとうと言いたい」と祝福した。

     また、10年南アW杯を目指すチームにおいて、自らが当時の主力選手からポジションを勝ち取った経緯を踏まえて、この2人が脅威となるかとの質問には「“本田を越える”かはどうでしょうね」と述べた。

     そして、「僕はもっと上を見ている。彼らをまだまだ意識していないし、意識していないうちは抜かれない自信がある。むしろもっと離せる」と自らへの絶対的な自信を語った。

    フットボールチャンネル編集部
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140910-00010004-footballc-socc


    【【サッカー】本田圭佑「(武藤と柴崎が)本田を超えるかはどうでしょうね。抜かれない自信がある。むしろもっと離せる」・・・らしいよ。】の続きを読む

    1: 名無しさん 2014/09/09(火) 12:29:46.12 ID:???0c0144828_739691
    長谷川アナ、暴言ツイートに反論

     元フジテレビアナウンサーの長谷川豊氏(39)が9日、自身のブログを更新。錦織圭選手をめぐる過熱気味な報道についてつづった前日のブログに対し暴言ツイートが多数寄せられたとして、真意を説明した。

     8日に更新したブログで、錦織の全米オープンテニス男子シングルスで日本人初の決勝進出という快挙に沸く日本の報道についての違和感をつづった長谷川氏。「日本人として嬉しい~」「日本人だから~」と、“日本人”だということを強く押し出す報道に、同氏は錦織が早い段階で世界最高のテニスアカデミーであるIMGアカデミーに奨学金をもってテニス留学することになったエピソードを紹介するとともに、「国籍は確かに日本人ですが、錦織選手はフロリダのIMGアカデミーがはぐくんだ天才です」と指摘していた。

     このブログ記事に対し「あまりに的外れで、不愉快なツイートや暴言が多数書き込まれていて、正直、辟易しています」と明かした長谷川氏。特に多かったのは「ひねくれてる!素直に応援しろよ!」という声だったらしく、同氏は「中学でテニス部だった僕はそんなくだらない書き込みしてる連中や、テレビでアホみたいに『頑張れ!錦織!』とか言ってるテニスなんてしたこともないようなアナウンサーよりも(TBSの石井君除く)、間違いなく僕の方が錦織選手については詳しいし何年も見てきてるし、はるかに応援してます」と反論。「繰り返しますが、僕はネットで匿名で人のことを口汚く罵るしか出来ない下品な人間達よりもずっと彼を応援しています」と続けた。

     ブログ更新は試合前だったが、「チリッチ選手の事も心から応援しています。決勝は二人がベストを尽くして、戦えばいいと思う。昨日の相手もそう。錦織選手に負けた時、健闘をたたえ合っていました。これぞスポーツだと思う」とつづっていた長谷川氏。しかし、日本人選手である錦織が活躍した瞬間だけ「にわかファン」が増え、報道が過熱することに対し、「『同じ日本人として~~!』と相手選手への礼儀も完全に失念しお前、テニス知らんだろ、と突っ込みたくなるテレビのアナウンサーが『頑張れ!錦織!』と叫び続ける。そんな連中より、僕の方がずっと応援してるし、礼儀をわきまえとるわ。こんな時だけ変なナショナリズムを持ち出して、『同じ日本だし~~!』とのたまってる人に、僕は違和感を感じてるだけです」と、前日のブログ記事の真意を説明した。

    http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20140909-1364016.html

    【【テニス】長谷川豊、ブログ批判に激怒「間違いなく僕の方が錦織選手に詳しいし僕の方が遥かに応援してるし僕の方が礼儀わきまえとるわ」だってさ・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ