おーぷん2ch速報

話題のニュースをお届けします

    2014年06月

    1: 名無しさん 2014/06/30(月) 12:50:39.07 
    【韓国】

    空港でファンからアメ玉を投げつけられ暗い表情の選手達
    no title

    no title

    no title


    「韓国サッカーは死んだ」という痛烈な横断幕
    no title


    厳しい声や横断幕で落ち込む選手達の表情
    no title

    no title

    no title




    【日本】
    「キャー!キャー!ウッチー!」と女性ファンの黄色い歓声が飛びまくり
    https://www.youtube.com/watch?v=OqUInjcMTss



    スーパースターのお出迎え
    no title

    no title

    no title

    【【画像・動画あり】 W杯で予選敗退した「韓国」と「日本」の、帰国時の迎えられ方の差がwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 名無しさん 2014/06/23(月) 03:54:15.48 ID:???0_SL500_AA300_
    ザッケローニ監督解任か? 囁かれる次期監督候補たち

     6月13日からブラジルで開催されているサッカーの祭典・ワールドカップ。グループCに振り分けられた日本代表は、15日のコートジボワール戦を1-2の敗戦、20日のギリシャ戦を0-0というスコアレスドローと、2戦終え、勝ち点1のグループで3位と、すでに自力での予選リーグ突破は不可能になっている。日本が決勝リーグ進出にするためには、次戦のコロンビア戦に勝利し、勝ち点を4にするのが第一条件。さらに勝った場合でも、コートジボワールがギリシャに敗けるか引き分けなければならないという崖っぷちの状態だ。

     この状況下で話題となっているのが、日本代表を率いるアルベルト・ザッケローニ監督の解任だ。海外紙でもコートジボワール戦での采配ミスを大々的に指摘されるなど、監督責任が問われている。ワールドカップ開始前では、日本サッカー協会の大仁邦弥会長が監督人事について「大会が終わって分析してから考える」と述べるなど先行きは不明だったが、今回の結果を受けて、次期監督候補の選定に向けての動きが活発化する可能性があり、一部メディアでもすでにそのことについて報じられている。

    「週刊新潮」(新潮社)よれば、ザッケローニ監督の後任は、以前から日本からオファーが来たことをほのめかしているスペイン・リーガの元エスパニョール監督のハビエル・アギーレ氏が有力。この他には、Jリーグ、浦和レッズを率いたギド・ブッフバルト氏やセレッソ大阪の元監督レヴィー・クルピ氏など、日本にゆかりがある者が選ばれるのではないかとしている。

     また「週刊実話」(日本ジャーナル社)は、すでにザッケローニ監督はワールドカップ後にイタリアに戻ることを決めていると伝えている。さらに後任の監督は、前代表監督の岡田武史氏がほぼ決定しており、岡田氏に今回のワールドカップが終了してから2年間任せ、その後ザッケローニ監督と同門でサッカースタイルが近く、今回コートジボワールを率いているサブリ・ラムシ氏にバトンタッチするのではないかと報じている。

     ネットでも、攻撃的な布陣を組み立てたザッケローニ監督を評価する声がある一方で、失点が多い点に不満を持つ意見が多く、過去日本代表監督をつとめた岡田監督の就任を望む声や、トルシエを再評価する意見などが飛び交っている。

     強豪相手に連敗し、グループリーグ突破が絶望視される中、解任論が加速するのは当然の流れなのかもしれない。しかしながら、公言していた「ベスト4」への可能性もまだ残っている。なんとか一次リーグを突破してもらいたいものだが...。

    (文=ブレンディ佐藤)

    TOCANA 2014年6月22日09時00分
    http://www.excite.co.jp/News/column_g/20140622/Tocana_201406_post_4331.html


    【【サッカー】次期日本代表監督候補本命は→週刊新潮「アギーレ、ブッフバルト、クルピ」週刊実話「岡田武史→ラムシ」ネットではトルシエ再評価の声・・・との模様。】の続きを読む

    1: 名無しさん 2014/06/22(日) 12:44:37.89 ID:???0_AA278_PIkin4,BottomRight,-44,22_AA300_SH20_OU09_
    日本パワープレー、選手にも戸惑い 「やるなら準備を」

     1次リーグC組で1敗1分けとなっている日本は、試合終盤に得点を狙って浮き球のパスを敵陣ゴール前に放り込む作戦「パワープレー」を繰り返している。その戦い方について日本サッカー協会の原博実専務理事兼技術委員長が20日、「違う策を徹底してやるべきだ」とザッケローニ監督の采配に疑問を呈した。

     原専務理事によると、選手の間にも戸惑いが広がっているという。豊田(鳥栖)ら長身で空中戦が持ち味のFWをメンバーに入れておくべきだったのでは、と報道陣に問われると、「今はここにいるメンバーで戦うしかない」と答えるにとどめた。そして「DFの吉田を前線に上げるなら練習しておくべきだが、このチームには合ってない」と作戦自体を否定した。

     吉田本人は、「監督は空中戦をしないとは言っていない。上がれと言われれば上がる。僕はヘディングが得意」とザッケローニ監督の策を擁護していた。遠藤はギリシャ戦の後、パワープレーをするなら練習しておくべきだと話した。「練習は1回もやってない。パワープレーをやらずに90分間を終わらせるのが理想だが、次の試合も同じ状況になればやる可能性もある。そのための準備はしっかりとしなくちゃいけない」

     注目度の高いW杯だけに世論からの批判もある。長友はザッケローニ監督の采配への不信感を「それはない」と否定した

    http://www.asahi.com/articles/ASG6P3QG0G6PULZU003.html


    【【サッカー】遠藤「パワープレーの練習1回もやってない」・・・模様。】の続きを読む

    1: 名無しさん 2014/06/21(土) 09:27:23.60 ID:???0_AA278_PIkin4,BottomRight,-44,22_AA300_SH20_OU09_
    韓国がザックを引き抜き? 早くも始まった次期監督争奪戦
     
    ワールドカップ(W杯)ブラジル大会は、まだグループリーグが始まったばかりだが、水面下では次期監督をめぐる駆け引きが早くも始まっている。

    グループリーグC組の日本代表は14日(日本時間15日)のコートジボワール戦で1-2と敗れたが、これを受けて、ザッケローニ監督の母国であるイタリアのメディアは、日本代表監督の進退にまで言及。
    「日本代表がグループリーグで敗退すれば、ザッケローニ監督の更迭は免れないだろう」としている。

    一方、グループリーグH組の韓国は17日(日本時間18日)、ロシアと1-1で引き分け。
    韓国各地ではパブリックビューイングも行われ、サポーターは大いに盛り上がったが、それでも現在の洪明甫(ホン・ミョンボ)監督に対する風当たりは強いという。

    最新のFIFAランクで日本は46位だが、韓国は57位。
    特にザッケローニ監督が日本代表監督に就任した2010年以降、韓国は日本と4度対戦して0勝3敗1分。ザックジャパンに対しては一度も勝てていないのだ。

    それゆえ、日本からアジア王者の座を取り戻すためには、監督交代しかないというのが韓国メディアの論調だ。それもなんと、「日本代表を率いるザッケローニ監督が電撃移籍する可能性がある」というのだ。

    それによると、「ザッケローニ監督は日本チームのデータを熟知している上、アジアのサッカーにも詳しい。また、ヨーロッパのチームとも親交があり、次期韓国代表監督としては最適」としている。

    もっとも、これは現在のところ、憶測の域を出ていない。ザッケローニ監督の手腕については、韓国のサポーターも認めているところではあるが、“日本の後追い”を嫌う風潮があることも事実。
    このため、韓国国内の世論を探るための“観測気球”との見方がもっぱらだ。

    さらに、イタリアのメディアによれば、「ザッケローニ監督はW杯の結果に関わらず退任する」との見通しを示しており、すでに中国代表とイングランド・プレミアリーグのフラムがザッケローニ監督を次期監督候補としてリストアップしているという。

    まさにモテモテの状態だが、日本のサッカー協会関係者は、「たとえ引き抜かれたとしても、日本陣営はザッケローニ監督の戦術を熟知しているため、それほどの脅威にはならないだろう」としている。

    今のところはまだ、水面下での動きではあるが、W杯終了後に次期監督問題が一気に噴出することは間違いない。果たして、韓国、中国、フラムによる三つどもえの“ザック争奪戦”はどう決着が着くのか? 
    熱戦の続くW杯の裏側では、早くも腹の探り合いが始まっている。 

    http://sankei.jp.msn.com/sports/news/140621/wco14062107310005-n1.htm
    http://sankei.jp.msn.com/sports/news/140621/wco14062107310005-n2.htm

    【【サッカー】韓国がザックを引き抜き?韓国代表、中国代表、フラムによる三つどもえの“ザック争奪戦”の模様・・・・・・】の続きを読む

    1: 名無しさん 2014/06/20(金) 14:25:17.23 ID:???0_SL500_AA300_
    ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第2節、初戦のコートジボワール戦を落とした日本は同じくここまで勝ち点0のギリシャと対戦し、0─0で引き分けた。
     
    コートジボワール戦のスタメンから香川真司と森重真人を替えて臨んだ日本は、堅守速攻スタイルを貫くギリシャに対してボールポゼッションで上回り、さらに相手が1人退場となったことでその攻勢をより強める試合を繰り広げたが、最後までゴールを割ることができなかった。

    この結果、日本がグループを突破するためにはコロンビア戦の勝利が絶対条件。加えてギリシャがコートジボワールに勝つか引き分けなければならない、という絶望的な状況となった。

    試合後、解説者のセルジオ越後氏はサッカーキングの取材で次のように語った。

    「これが実力だ。結果は驚きでもなんでもない。今大会の他の試合を見れば一目瞭然だ。日本はどの国よりも未熟で、どの国よりも走っていないし、迫力がない。にも関わらず、一番期待されている国だ。海外組ブランドが喧伝され、選手たちは大スターのように扱われてきた。ヌルい親善試合と、本当のことを言おうとしないメディア。強化よりも興行に気を取られてきた結果、自分たちの実力が実態以上に大きく見えるようになってしまった。しかし、現実は隠せないということだ」

    「『自分たちのサッカー』がどうこうというフレーズが騒がれているけど、一つ答えを出すとすれば、今日のこの試合で見せたプレーが、まさに『自分たちのサッカー』だよ。本来の力を出せていないのではなくて、これが世界における我々の本来の力なんだ。そこを見誤っては成長がない。他の試合をよく見てほしい」
     
    「グループステージ突破は、限りなく可能性が低い。コロンビアはメンバーを落としても日本より強い。実力で言えば、グループの1位はコロンビアで、2位はコートジボワールが妥当だ。けれど、突破どうこうではなく、とにかく最終戦には勝って帰ってきてほしい。意地と可能性を見せてほしい。このままでは、本当に何もなくなってしまうよ」

    http://brazil2014.headlines.yahoo.co.jp/wc2014/hl?a=20140620-00202858-soccerk-socc

    【【サッカー/W杯】ギリシャ戦ドローにセルジオ越後氏「“自分たちのサッカー”とはこの程度 日本はどの国よりも未熟」・・・とのこと。】の続きを読む

    このページのトップヘ