おーぷん2ch速報

話題のニュースをお届けします

    2014年04月

    1: 名無しさん 2014/04/18(金)12:32:45
    no title

    STAP細胞の論文問題で、理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダー(30)の代理人弁護士は17日、週明けにも不服申し立てに関する追加資料を理研に提出すると明らかにした。

     代理人の三木秀夫弁護士によると、捏造(ねつぞう)とされた画像を取り違えて使った経緯について、本来載せるべきだった画像を添付して、詳しく説明するという。三木氏は「それさえあれば、捏造(との指摘)は吹き飛ぶ」と強調した。

    no title

     また、切り張りした画像については、改竄(かいざん)の定義に当たらないと改めて主張する。

     理研の調査委員会が調査に使った小保方氏関連の資料のうち、弁護士らが開示を求めていた資料の一部が返却されており、これも参考にする。

     追加資料は小保方氏の体調などを踏まえ、段階的に提出する考え。三木氏は「資料作りは詰めの段階。不服申立書で言い足りない部分を補充する」と話した。

     理研の調査委は現在、再調査するかどうかの審査を続けている。当初は今週中にも出される見込みだった結論は、追加資料が提出されるため、来週以降にずれこむことになった。

    http://sankei.jp.msn.com/science/news/140418/scn14041809100002-n1.htm

    no title

    【【大逆転】小保方氏側、「それさえあれば捏造吹き飛ぶ」正しい画像提出の模様・・・・・・】の続きを読む

    1: 名無しさん 2014/04/17(木)07:48:56
    以前、ガジェット通信の「24時間連続シフト」や「ワンオペ」……閉店騒動に揺れる『すき家』の過酷労働が赤旗に掲載される

    http://getnews.jp/archives/544590 という記事でもお伝えしたが、現在それなりの店舗数が「パワーアップ工事中」を行っている牛丼チェーンの“すき家”。そこでは「ワンオペ」と呼ばれる1人での勤務が何かと問題になっているようだ。
    no title

    そんな中、とある『Twitter』ユーザーが投稿した画像がネット上で大いに話題になっている。

    「店員一人じゃこうなるわ、全部片付けられない。若い兄さんひとりでかわいそうだ」
    no title

    no title


    といったツイートと一緒にアップされたのは、“すき家”と思しき店内でテーブルや足元に食器が放置されている状態の画像。いわゆる「ワンオペ」で、片付けることができずどうにもならない状態だったのだろうか。
    経営陣に反省を促すツイートも行っていたが、現在ツイート主はツイートを非公開にしてしまった模様。アップされた画像はそのまま見ることが可能である。

    衝撃的な画像だけあって『Twitter』上でもかなり拡散され、多数のまとめサイトも取り上げている。
    衛生的に問題があるのではと指摘する声もあれば、「さすがにコラ画像なのではないか」と疑う声もあるようだ。

    http://news.biglobe.ne.jp/trend/0416/gad_140416_1037473585.html

    【牛丼屋店内の衝撃的な画像が話題の模様・・・・・・】の続きを読む

    1: それなり◆XonGXAywZYD. 2014/04/17(木)12:47:29 518ZJWmfEvL
    個室でプロレス技かけるJKリフレ 労基法違反容疑:朝日新聞デジタル
    http://www.asahi.com/sp/articles/ASG4K3GY2G4KULOB006.html

    女子高生を雇い、男性客を相手に個室でプロレス技をかけるなどの接客をさせたとして、神奈川県警は、「横浜リフレ学園レインボーカラー」経営者、京谷真行容疑者(36)=横浜市西区=を労働基準法違反(危険有害業務の就業制限)の疑いで逮捕し、17日発表した。

    中略

    横浜市の高校2年の女子生徒(16)が18歳未満であることを知りながら、客の男に対し「腕ひしぎ逆十字」などのプロレス技をかけるなどの接客をさせた疑いがある。

    中略

    一番人気は首4の字固めで、5秒間技をかけて2千円。2番は腕ひしぎ十字、3番は三角締めだったという。

    【客にプロレス技をかけるJKリフレ摘発。腕ひしぎ逆十字や首四の字固めなど5秒で2千円の模様・・・・・・】の続きを読む

    1: トラネコ◆EDwr815iMY 2014/04/16(水)14:34:14 31TcrTMe5PL__SL500_AA300_
    近年、「ボランティアで精子を提供します」「無償の精子バンク」などとうたい、病院を介さず個人でやりとりする精子提供サイトが増えていることをご存知だろうか。

    実際に女性が妊娠・出産に至った実績や提供数などが記載されたサイトもあるが、提供者側の具体的な年齢や氏名などは明かされていないものばかりで、完全に匿名だ。

    その代わりと言っては何だが、肌の色、健康面、学歴、家族構成など、いかに自分の精子が優秀であるかをアピールしている場合が多い。しかし、それだけの情報で見ず知らずの男性から精子をもらうのはとても危険なことではないだろうか。


    無償で精子を提供する理由

    多くは「善意」であるという。フジテレビの情報番組「とくダネ!」で取材を受けていたとある40代男性は、現在も妻とともに暮らす既婚者だ。

    「自分自身に子どもができなかったので、どんな形でも良いから自分の遺伝子を残したかった」との思いで、数年前から精子提供を行っているそうだ。そして3人の女性から出産報告を受けているのだという。

    事前に、「子どもが生まれても認知はしない」という約束を交わしているそうだが、やはり出産報告は「嬉しい」と語っていた。


    第三者から精子をもらう理由

    「とくダネ!」のインタビューに答えていた41歳の女性は、現在妊娠5か月でお腹が目立ち始めていた頃だった。

    これまで恋人はいたものの、仕事に邁進していたこともあり結婚には至らなかったという。しかし、「子どもが欲しい」と思ったのは39歳になってから。出産のタイムリミットを考えると焦らずにはいられなかったそうだ。

    そこで出会ったのが個人の精子提供サイト。容器の中の精子を、針のない注射器を使用して自分の体内に入れるという。HIVや肝炎など精子の感染症問題がクリアだったとしても、この行為には卵管炎、子宮内膜炎、腹膜炎などを起こす危険性があると言い、危険極まりない。

    さまざまなリスクを伴う個人間の精子提供。現在、営利目的ではない場合の精子提供については罰則はないため、強制的な規制はできない。しかし、倫理面の問題はもちろん、生まれてくる子どものことを考えた行動が大切ではないだろうか。
    http://irorio.jp/naokitta/20140416/128113/

    【個人による精子提供サイトが急増する理由とは?】の続きを読む

    1: こたつねこ◆AtPO2jsfUI 2014/04/16(水)14:34:4301hg4lj7j3
    「友達だからタダでやって!」というクレクレ女にご用心!

    独女もキャリアを積んでくると専門知識やスキルが身につき、それで生計を立てる人も多くなってきます。それが周囲に知られるようになると、近づいてくるのが「無料でやってよ! 教えてよ。だって友達でしょ?」という「クレクレ女」です。

    ■なんでもタダで欲しがるクレクレ女

    もともと“クレクレ”とは、オンラインゲームの世界でたいして親しくもない相手に対してアイテムを「くれ! くれ!」とねだるプレーヤーを揶揄したことから発生した言葉。
    現実世界では女性にその傾向が多いようで、他人の持ち物を無遠慮に欲しがる人を「あの人ってクレクレ女だよね」なんて言ったりしますが、その欲望の対象はモノだけに留まりません。

    (中略)

    ■頼りになるのは“幻のマネージャー”

    そんなクレクレ女ですが、対応を間違ってしまうと「あの人はケチ!」と根も葉もない噂を広められてしまうところ。それについて「幻の敏腕マネージャーがいるとラクですよ」と笑うのは翻訳家のTさん。

    彼女自身も「英語が得意なんでしょ!? 訳して!」と海外俳優へのファンレターなどを無料で翻訳させられそうになった経験が山ほどあるそうですが、「すみません~。お手伝いしたいのはやまやまなんですけど、マネージャーが怒るんですよ」と幻のマネージャーを作り出し、自分の判断だけでは仕事を引き受けられない。
    どうしてもというなら、マネージャーから連絡させますと、全ての責任をそちらに押し付ける形にしたとか。そうすると相手も「しかたないわね…」と引いてくれるようになるそうです。

    クレクレ女にお困りの皆様、試してみては?
    また自分自身も無意識のうちにクレクレ女になっていないか、気をつけたいものですね。

    ↓全文を読む場合は以下をクリック↓
    http://dokujo.jp/archives/51846930.html

    【【無料だって】「友達だからタダでやって!」というクレクレ女の対策法】の続きを読む

    このページのトップヘ