おーぷん2ch速報

話題のニュースをお届けします

    1: 名無しさん 2015/02/21(土) 12:39:28.16 ID:???*no title
    巨人・坂本がベッド写真流出…野球選手を狙う美人局事情

    今年もプロ野球のキャンプシーズンがやってきた。
    開幕前のこの時期の風物詩といえば、キャンプ地でハメを外した選手たちの下半身スキャンダルである。

    その第1号となったのが、今年から球界の盟主、読売ジャイアンツの新主将を務める坂本勇人内野手(26)。

    フライデー3月6日号(講談社)が、巻頭の袋とじページで、『キャンプ宿舎に愛人連れ込んだ「ベッド写真」』と題し、坂本の〝熱い一夜〟の一部始終を報じた。

    同誌によると、坂本は2月4日深夜、キャンプ地の宮崎で昨年知り合った女優、片瀬那奈似の23歳のキャバ嬢を宿舎ホテルに呼び出し、行為に及んだという。

    同誌は、キャバ嬢が撮影した、一戦を終えた後の坂本の寝顔写真も掲載。
    昨年から2度に及んだプレーの様子も詳述している。

    ■かなりのオラオラ系
    それによれば、坂本はかなりの「オラオラ系」で、ホテルに呼び出した女性に「口でしろよ!」と要求。
    コトが終わると、「タクシー代」として2万円~5万円を渡したのだという。

    主将として臨む新シーズンを前に、いきなり出鼻をくじかれた格好の坂本だが、こうした〝夜の暴走〟が報じられた選手は枚挙にいとまがない。

    2013年には、チームメートの杉内俊哉投手(34)が、WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)合宿中に
    宿舎のホテルで不倫密会している現場をフライデーされている。

    野球選手は、女性人気の高い職種だけに、こうした醜聞とは無縁ではいられないという側面はあるだろうが、彼らにとって、より脅威となるのは、わざと選手を籠絡して罠にはめようとする美人局の存在だ。

    「もっとも多いのがヤクザが絡むパターン。選手が集まるスナックやキャバクラに息の掛かった女性を送り込み、巧みに誘惑させる。女性と2人になった所をカメラに収めて、その現場写真を球団に持ち込み、カネにするのです。期間中の逢瀬で選手とトラブルになった女性がヤクザや半グレ連中に話を持ち込んで、後から脅しをかけることもある」(事情に詳しいスポーツ紙記者)

    各球団のキャンプが集中する宮崎や沖縄には、シーズンになると〝シノギ〟のために裏社会の連中が集まり、繁華街で虎視眈々と獲物を狙うのだという。有名選手の中にも、美人局の被害にあった人は少なくない。

    「最近ではロッテの涌井秀章投手がカモにされた。西武在籍時代に筋の悪い輩にゆすられ、散々搾り取られた。厳密に言えば美人局には当たらないかもしれないが、2012年には、巨人の原辰徳監督が、20年以上前の女性との不倫をネタに、1億円を脅し取られていたことが明らかになった。表沙汰になっていないだけで、
    カネを支払うかわりに、スキャンダルをもみ消してもらった選手は数え切れないほどいるだろう」(事情通)

    球界きってのスター選手を直撃したスキャンダルには、果たしてどんな裏事情が潜んでいるのか。

    DMMニュース http://dmm-news.com/article/920241/

    →続きを読む

    1: 名無しさん 2015/02/15(日) 09:51:06.19 ID:???*_SL1080_
     3月10、11日に開催される欧州代表との国際試合(東京ドーム)に出場予定の侍ジャパン選手が16日に沖縄・那覇市内で発表される。
    目玉になるはずだった日本ハム・大谷はじめ開幕投手の有力候補たちは辞退必至なだけに苦しい人選になる。

    「発表を楽しみにしてください」。関係者はそう言っているが、野手はともかく、投手陣は日本代表にふさわしいメンバーをそろえるのは至難の業だ。
    今季開幕の3月27日に向け、12球団監督はチームの最終調整に入るだけに、日本代表どころの話ではないからだ。

    侍ジャパン・小久保監督はキャンプ地巡りをして各球団に協力を要請していた。総論では「全面協力」でも各論ではそうはいかないだろう。
    今季で契約切れ、進退のかかる監督も少なくないし、主力選手は最終調整を優先させたいところ。日本代表に派遣するのは若手選手中心にならざるをえない。

    しかも、同10、11日にはオープン戦が組まれている。注目カードで昨年のリーグ覇者同士の対決となるソフトバンクvs巨人は10日に長崎、11日はヤフオクドームでのナイターだ。巨人のリーグ4連覇阻止を宣言している球団創設80周年の阪神も、メジャーリーガー黒田の復帰で24年ぶりリーグ優勝のムードが高まる広島と甲子園で2連戦だ。

    こんな好カードがあれば、ファンの関心が侍ジャパンvs欧州代表の試合よりオープン戦に向けられても仕方ない。
    しかも、いくら本邦初となる欧州代表との画期的な試合だとアピールしても、実力的に相手は格下。侍ジャパンは負けたら恥になる。“若侍”でちょうどいい相手といえる。

    欧州代表のレベルの高さを披露してもらいつつ「野球は世界的なスポーツだ」と2020年東京五輪での野球復活をPRしたい思惑もある。そう考えれば、若侍ジャパンでちょうどいいのかもしれない。 (江尻良文)

    http://www.zakzak.co.jp/sports/baseball/news/20150213/bbl1502130830006-n1.htm

    →続きを読む

    1: 名無しさん 2015/02/14(土) 06:06:38.58 ID:???*518I-H19k+L
     かつては「天才」と呼ばれた地元の英雄 息子たちの帰郷「父さん、俺、プロ野球では通用しなかったよ」 夢破れて戻ってきた我が子を、父は、母はどう受け入れたのか

    息子から失意の報告を受けた親たちは、彼らの第二の人生に頭をめぐらせた。
    人生の先輩として厳しく接する場合もあれば、あえて何も言わない時もある。そこにはそれぞれの、親子の物語があった。

    「お疲れさんやったなあ」と

    元巨人投手の辻内崇伸(27歳)の母・佳子さんは'13年秋、戦力外になったことを知らせてきた野太い辻内の声を、今でも鮮明に覚えている。

    「電話がかかってきましてね。『クビになったから。明日、新聞に載るよ。プロで活躍できずに申し訳ない』と。
    私は『お疲れさんやったなあ』とねぎらいました。あの年までの数年は、秋になると戦力外リストに名前が載っているのでは、と新聞とにらめっこ。
    ドキドキしていました。
    高校3年の夏、あれほど甲子園を沸かせたあの子でも、プロでは通用せんかったんやねえ。
    戦力外はさびしかったけど、『もうドキドキしなくて済む』とほっとする気持ちもありました」

    辻内は大阪桐蔭高時代、甲子園で国内左腕最速の156㎞を記録。松井秀喜以来の高卒で契約金1億円、年俸900万円と破格の評価を受け、ドラフト1位で入団した。
    だが、入団後は2度のひじの手術の影響もあり、8年間で一度も一軍登板できないまま、プロ生活を終えた。

    25歳で迎えた第二の人生。パチンコ好きの辻内は現役時代、おカネの使い方が派手だった。
    サラリーマンの父・伸詞氏は息子と、よく口論になったと言う。

    「彼の年俸を月で割り、『使えるのはひと月これだけやで』と決めたこともあります。
    それでも毎月、限度額を完全にオーバーする。ですから、戦力外になった後、まずその金銭感覚を普通のレベルに戻さないといけないと思った。アルバイトでもいいから、汗水流して1回おカネを稼いでみろ、と話しました」

    時給700~800円のアルバイトを勧めても、辻内はいろんな言い訳をしては、重い腰をあげない。伸詞氏が続ける。

    「仕事を選ぶ時、内容より給料のいいところを探してしまう。最初、知人に紹介してもらった不動産会社に話を聞きにいったようですが、その社長から懇々と『そんな甘い考えでは無理や』と言われたようです。宅建の免許が必要だし、元プロ野球選手だからといって、すぐに契約がとれるわけではない」

    再就職先の選択肢がどんどん狭まる中、道を開いてくれたのは、かつての恩師だった。
    大阪桐蔭高の西谷浩一監督が女子プロ野球を指導する道を勧めてくれ、埼玉に拠点を置く日本女子プロ野球のイースト・アストライアのコーチに就任。
    女子プロ野球を支援するサプリメント事業会社の正社員となった。まだ心配は尽きないが、佳子さんは言う。

    「生きる世界が変わっても、人間同士の付き合いは大事にしてほしい。プロ野球選手ではなくなって、これからもいろんな人に助けてもらわなくてはいけません。あの子も少しずつ、そのことがわかってきたようです」

    辻内は現在、1日1000円の小遣い制。仕事の合間の食事は自宅でとるようつとめており、こずえ夫人に毎日小遣いを要求することもない。辻内は両親への感謝を口にする。

    「両親の存在はとてつもなく大きかったのだ、と家に戻ってはじめてわかった気がします。女子選手17人を指導することも新しいことばかりで、毎日が勉強。世間を教わっています」

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150214-00042101-gendaibiz-bus_all
    現代ビジネス 

    →続きを読む

    1: 名無しさん 2015/02/08(日) 09:09:07.07 ID:???*ff046_60_504aa4696f5ecc9fe7b536ede7bccd0e
    張本勲氏が8日、ソフトバンク松坂大輔投手の活躍は「難しい」と話した。

    TBS系テレビ「サンデーモーニング」に生出演。キャンプでの松坂のブルペン投球の映像をチェック。
    「別人ですね。肘が下がり過ぎている。よくないですね。腕の振りが小さいし、8-2で(活躍するのは)難しい。今の状態では難しい。簡単な商売じゃない」。

    ゲスト出演した片岡篤史氏は「一番良い時を見ていますが、あと50日でどう修正するか。
    シーズンに入って結果を出さないといけない選手。楽しみにしています」と話した。
    片岡氏は日本ハム時代、松坂(西武)のデビュー戦で155キロ速球を豪快に空振りした。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150208-00000007-nksports-base
    日刊スポーツ 

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150208-00000007-nksports-base.view-000
    ブルペンで投球練習をする松坂大輔

    →続きを読む

    1: 名無しさん 2015/02/08(日) 06:41:49.31 ID:???*171cad38
    セリエA第22節 ユベントス3-1ミラン

    セリエAは7日、第22節を行った。日本代表MF本田圭佑の所属するミランは、敵地でユベントスと対戦し、1-3で敗れた。
    今季初のトップ下で先発となった本田は、フル出場したが、ゴールに絡むプレーを見せることは出来なかった。

    ミランは前節のパルマ戦で、ようやく15年リーグ戦初勝利を挙げた。
    波に乗りたいところだが、今節の相手は首位を独走するユベントス。戦前から厳しい試合になることが予想された。

    ミランのスタートのシステムは、4-2-3-1を採用。FWジェレミー・メネズを頂点に本田をトップ下。右MFにアレッシオ・チェルチ、そして左MFにはサリー・ムンタリが入った。対するユベントスはDFステファン・リヒトシュタイナーを出場停止で欠く布陣。しかし発熱の影響が心配されたFWカルロス・テベスはスターティングメンバーに名を連ねた。

    試合は前半からシーソーゲームになった。まずはユベントス。前半14分、センターライン付近からFWアルバロ・モラタの浮き球パスで、オフサイドラインぎりぎりを抜け出したテベスが、そのままドリブルで持ち込む。DFガブリエル・パレッタが懸命のカバーに入るが、テベスの左足を振り抜くほうが早く、GKディエゴ・ロペスの脇を抜けて、ゴールネットに収まった。

    しかしミランは前半28分、左サイドからのCKを獲得すると、チェルチのキックをニアで合わせたDFルカ・アントネッリのヘディングシュートがゴール左隅を捕え、試合を振り出しに戻す。だが王者は勝負強い。同31分、CKがゴール前の混戦でこぼれると、最後はDFレオナルド・ボヌッチが押し込み、すぐさま勝ち越しに成功した。

    押され気味のミランに前半37分、アクシデントが発生する。メネズが自ら交代を要求。早くも1枚目のカード、FWジャンパオロ・パッツィーニの投入を余儀なくされた。

    後半に入ると、お互い集中した守り合いになる。後半早々、ミランはパッツィーニが抜け出し、左足でゴールを狙うが、GKジャンルイジ・ブッフォンが右手一本で防ぐ。
    ユベントスも同13分にゴール前でFKを獲得。MFアンドレア・ピルロが直接狙うが、壁に阻まれ、追加点とはならない。

    しかし勝負強さではユベントスが明らかに上だった。ミランは後半17分にMFアンドレア・ポーリに代えてFWジャコモ・ボナベントゥーラを投入し勝負に出ていたが、同20分、ユベントスはエリア外からMFクラウディオ・マルキージオが左足で強烈ミドル。惜しくも左ポストに嫌われるが、跳ね返りをモラタが押し込み、リードを2点に広げた。

    ミランは後半33分にザッカルドに代えてDFアディル・ラミを投入。しかしユベントスの分厚い攻撃を跳ね返すだけで精一杯。反撃する力にはなれなかった。
    今季は第3節の対戦も0-1で落としているミラン。昨年に続くリーグ戦のダブルを許した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150208-00334138-gekisaka-socc

    スコア
    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10634931
    http://www.gazzetta.it/trsport/tempo-reale/Gara.shtml?match_config=777029&comp=21&day=22&anno=2014
     

    →続きを読む

    このページのトップヘ