おーぷん2ch速報

話題のニュースをお届けします

    1: ◆gPL9bjLp/2 2014/04/10(木)12:43:04 ID:???

    「200回には最低数年」理研同僚が疑問

    BkzOiMmCMAAPjfM


     







    「STAP細胞」論文問題で、理化学研究所の小保方(おぼかた)晴子研究ユニットリーダー(30)は9日、大阪市内のホテルで記者会見を開いた。

     会見を中継で見た神戸の理化学研究所の研究者らからはさまざまな声が上がった。関係者によると、小保方氏が所属する理研発生・再生科学総合研究センター(神戸市)の一室では研究者ら数十人が集まり、インターネット中継で主張に聞き入った。時折苦笑する研究者もいたという。ある研究者は「生データに手を加えたり、論文の重要な画像を取り違えたりするのは考えられない」と冷ややかに話す。STAP細胞の作製に200回以上成功したという小保方氏の発言には「どの段階を成功と言っているのか。200回の作製には最低数年はかかる」と疑問を呈した。別の研究者は「自信があるのは伝わった。本人が公の場で話したのは評価できる」と話す。
     http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp0-20140410-1283149.html?mode=all

    →続きを読む

    1: ぱぐたZφ~社会篇◆FdDsU0B5ivx5 2014/04/08(火)22:36:52 ID:???51Qo7m0zfbL__SL500_AA300_
    7日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)で、マツコ・デラックスがネット通販大手の楽天市場について、「そういう会社じゃない。元から」と持論を展開した。

    番組では、楽天が運営するネット通販「楽天市場」が、国際司法裁判所(ICJ)の判決を踏まえて、鯨肉やイルカ肉の販売を全面禁止にする通達を出したことを紹介。

    しかし、実はICJは南極海での漁を中止したに過ぎず、調査捕鯨自体を否定したわけではない。さらに日本国内に流通する鯨肉のうち、南極海産は2割程度なので、残りの8割程度はネット通販で販売されていても何ら問題はないのである。

    これに対し調査捕鯨に従事する捕鯨組合は、「過剰反応だ」とため息をついている、といった内容を紹介した。

    司会のふかわりょうから「マツコさんも過剰反応だと思われますでしょうか」と問われると、マツコは「んー、でも、(楽天は)そういう会社じゃない。元から」とバッサリ。

    「何人(なにじん)が経営してるのか分かんないような会社じゃない?公用語、英語でしょ。あと、おっしゃってる事もなんかも、どこの国のアイデンティティから出てる発言なのか、不思議なくらいぶっ飛んだ方だから」と楽天に対する印象を語った。

    続けて「でもそこが、日本のネットショッピング業界で最大勢力になってしまったことが不幸なんだけど、しょうがないわ、そこでは(もう鯨肉などは)売れないと思うしかないよ。業者のほうの人が。そういう会社よね?」と、いささか諦めモードで、ほかの出演者も言葉を失うほどだった。

    ソース
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/8712573/

    →続きを読む

    1: 動物園◆XpV8FL50tY 2014/04/08(火)21:30:23
    バイキング視聴率、坂上司会が最低
    140320-i041
     








     
     タレント坂上忍(46)が酒酔い状態で初司会を務めた7日のフジテレビ「バイキング」の視聴率が4・5%だったことがビデオリサーチの調べで明らかになった(関東地区)。

     「笑っていいとも!」の後番組として、曜日ごとにMCとテーマが異なる編成が話題だが、各曜日の中で最も低い結果となった。

     また、各曜日の初回視聴率も出そろった。放送順に、以下の通り。

     ◆火曜MC/EXILE・TAKAHIRO(4月1日)6・3%

     ◆水曜MC/おぎやはぎ(4月2日)5・6%

     ◆木曜MC/フットボールアワー(4月3日)5・9%

     ◆金曜MC/雨上がり決死隊(4月4日)5・2%

     ◆月曜MC/坂上忍(4月7日)4・5%

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140408-00000017-nksports-ent

    →続きを読む

    1: 名無しさん 2014/04/07(月)23:44:54 61TufomBfnL__SL500_AA300_
    海外旅行をする際に旅行先の治安は気になることのひとつだと思います。
    都市の治安については、犯罪率や暴力事件の歴史などを知ることである程度回避できます。しかし、地震や津波、台風、竜巻などの自然災害については、地球上に生きている以上は避けられません。

    そこで、「暮らす」という意味において、世界で最も危険な都市ランキングをスイスの再保険会社(Swiss Re)が発表。世界616の都市を対象に、できることなら移住すべきではない都市を明らかにしました。

    なんと、日本からは5大都市がランクイン。
    1位となったのは東京・横浜。(同率一位ではなく2都市でひとくくり)常に、地震、季節風、洪水、津波などの危険にさらされており、巨大地震が発生した場合、人口の約80%が被害を受けるとみられています。中でも横浜エリアは、嵐や河川の氾濫、津波などのリスクも高いとのこと。
    阪神・淡路大震災が記憶に残る神戸は大阪とともに4位にランクイン(同)。地震はもちろんのこと、高潮による被害が最も大きいと予想され、それによる被害者の数は約300万人に上ると予想されています。
    3大都市のひとつ名古屋は6位。人口密度の高い都市部が海に近いため、巨大津波が発生した場合約240万人が犠牲になるのだとか。

    1位 東京・横浜(日本)
    2位 マニラ(フィリピン)
    3位 珠江デルタ(中国)
    4位 大阪・神戸(日本)
    5位 ジャカルタ(インドネシア)
    6位 名古屋(日本)
    7位 コルカタ(インド)
    8位 上海・黄浦江(中国)
    9位 ロサンゼルス(アメリカ)
    10位 テヘラン(イラン)
    「-Mind the risk- A global ranking of cities under threat from natural disasters」
    http://media.swissre.com/documents/Swiss_Re_Mind_the_risk.pdf


    →続きを読む

    このページのトップヘ