おーぷん2ch速報

話題のニュースをお届けします

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 
    かつて日本中を敵に回してその悪名を轟かせた男が再びユニフォームを身にまとう……。驚愕シナリオの全貌は!?

    「新成」とは、2015年の巨人軍チームスローガンである。

    「これまでのチームを一度解体し、より強いニュージャイアンツを作り上げる」との原辰徳監督(56)の決意が込められたこの言葉を体現するように、新たな選手が活躍している。

    ドラフト3位ルーキーの高木勇人投手は、4月までに先発で4勝。ドラフト2位の左腕・戸根千明投手も、リリーフとして働きを見せ、25歳の橋本到外野手は、新たにクリーンアップの一角を担うことになった。

    まさに「新成」が実現しつつあるが、肝心の指揮官に、ある噂が囁かれている。
    「原は今季限りで退任」――。この情報が開幕直後から、メディアや関係者の間で飛び交っているのだ。
    「今季は原にとって2年契約の最終年で、2度目の登板となった06年から数えて丸10年になる。周囲には"もう限界。休みたい"と漏らしているようだ」(スポーツ紙デスク)
    そして、その後任に浮上しているのが、まさかまさかの江川卓氏(59)だという。
    この事態の裏には何があるのか?
    1cd0a51aca27f39b5b3bd1c01991bf5d









    話は今季開幕前、3月23日に行われた巨人軍を激励する『燦々(さんさん)会』席上での渡邉恒雄巨人軍最高顧問(88)のスピーチに遡る。
    「原監督は(通算)12年目。7回リーグ優勝して、3回日本一になっている。
    これが最終年だなんて何かに書いてあったけど、誰も"これで終わった"なんて言っていない。13年、14年目といくかもしれない。僕は信じている。原君、頑張って」と、壇上から原監督に熱烈なエールを送ったのだ。

    この露骨な"続投要請"を原監督は、なんとも複雑な表情で聞いていたのだが、ナベツネ発言の真意を、専門誌記者が解説する。
    「原監督が辞めたがっていることを察したナベツネさんが先手を打ったんです。あの場での留任要請なんて異例中の異例。それだけナベツネさんも焦っている、ということでしょうね」

    その証拠に、スピーチの中で渡邉最高顧問は、「適当な後任も目の前にいない」と、率直すぎる発言をしている。

    「この"適当な後任"は明らかに松井秀喜氏のことです。かねてから"松井監督"にご執心だったナベツネさんですが、ついに"目の前にいない"と諦めたわけです」(前出の専門誌記者)
    その松井氏は、今年3月にヤンキースのGM付き特別アドバイザーに就任。近い将来の巨人復帰は、考えにくい状況になっている。

    野球取材歴40年を超えるベースボールライターの江尻良文氏は、次のように語る。
    「結局、すべての問題は松井の去就なんですよ。読売側としては、松井に監督をやってもらいたい。松井が監督をやれば、次は(高橋)由伸、阿部(慎之助)と、10年先まで巨人の監督は決まったようなものですからね」

    http://dmm-news.com/article/968061/?page=1
    日刊大衆 

    →続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 
    [5.16 ブンデスリーガ第33節 ボルフスブルク2-1ドルトムント]
    香川







    ブンデスリーガは16日、第33節を行い、MF香川真司の所属するドルトムントは敵地でボルフスブルクと対戦し、1-2で敗れた。
    香川はトップ下で先発したが、後半25分に交代し、3試合連続ノーゴールに終わった。

    30日に行われるDFBポカール決勝の前哨戦となったが、試合開始早々の前半1分に先制点を許した。
    「こういう相手にああいう失点の仕方は絶対に避けなきゃいけないし、今年はこういう形が多い」。
    立ち上がりの失点を悔やむ香川は「ああいう時間帯の失点は……。厳しい戦いになると思った」と振り返る。

    それでも前半10分にMFケビン・カンプルがGKに倒され、PKを獲得。これをFWピエール・エメリク・オーバメヤンがゴール左に決め、1-1の同点に追いついた。
    しかし、その後もなかなかいい形でチャンスをつくれない。

    「一人ひとりの判断」に問題があったと感じている香川は「なかなかボールが出てこない場面もあった。
    シュートを選択するのは良いけど、もう一個(パスをつなげば)という場面もあったと思う。結果論ですけど」と指摘。
    ドルトムントらしい連動した攻撃が見られず、逆に後半4分にCKから失点。「後半も入りがすごく悪かった」という立ち上がりの2失点目で再びリードを許すと、最後まで追いつくことはできなかった。

    5試合ぶりの黒星を喫したドルトムントだが、8位ブレーメン、9位ホッフェンハイムも敗れたため、順位は7位をキープした。
    最終節の相手は勝ち点43で並ぶブレーメン。勝てば7位以内が確定し、勝ち点3差で追う6位アウクスブルクがボルシアMGに敗れれば、6位にまで浮上する。

    ポカールで優勝すれば文句なしで来季のEL出場が決まるが、たとえ準優勝に終わった場合も、ボルフスブルクがリーグ戦で3位以内が確定しているため、EL出場圏が7位に広がる。
    そのためドルトムントはリーグ戦を7位以内で終えれば、来季の欧州カップ戦への切符を獲得できる。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150517-00557253-gekisaka-socc
    ゲキサカ  

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150517-00557253-gekisaka-socc.view-000


    →続きを読む

    1: れいおφ ★@\(^o^)/ 
    ミランMF本田圭佑は9日、セリエA第35節ローマ戦でフル出場し、2アシストを記録した。
    イタリアの複数メディアが本田のパフォーマンスを称賛している。
    o0800053312901892441








    3試合連続となるスタメン出場を果たした本田は、40分にMFマルコ・ファン・ヒンケルの先制点、
    59分にFWマッティア・デストロの追加点をアシストした。
    本田のアシストは昨年9月28日の第5節チェゼーナ戦以来となる。

    PKで1点を返されたものの、ミランは2-1と逃げ切りに成功。6試合ぶりに勝利を取り戻した。
    2アシスト以外にも何度となく好機を演出した本田がチームをけん引したことは間違いない。

    イタリア『スカイ・スポーツ』は、本田をマン・オブ・ザ・マッチに選出。
    この試合で唯一となる7.5点をつけた。同メディアのユーザー採点の平均でも、日本時間10日午前7時時点で7.54点と、チームで唯一7点を上回っている。

    『スポーツ・メディアセット』の採点でも、本田はやはりこの試合唯一の7.5点。
    同メディアはこのように背番号10をたたえた。

    「春に花咲く日本の桜のようだった。花見には遅れたが、いずれにしても称賛に値する素晴らしさで、効果的でもあった。2アシストを記録したが、それだけではない。フィジカルの強さを見せ、継続的なパフォーマンスだった」

    ミラン専門サイト『acmilannews.it』も、本田の採点はチーム唯一の7.5点。次のように評価している。

    「日本のサムライが非の打ち所のないパフォーマンス。彼は輝きとプレーを取り戻したようだ。ファン・ヒンケルをゴールに導き、クロスで2点目のデストロのヘッドもアシストした」

    『tuttomercatoweb.com』の本田の採点は、ファン・ヒンケルと並ぶチーム最高の7点。
    寸評では次のようにコメントしている。

    「試合で最初の危険なシュートを放ったのも彼だった。ゴールにならなかったのは、(モルガン・)デ・サンクティスが素晴らしいセーブをしたからというだけに過ぎない。先制点の功績も大きかった。右サイドを見事に駆け上がり、ペナルティーエリア内のファン・ヒンケルをとらえたのは彼だ。彼の左足(実際には右足)からデストロのゴールも生まれている。今夜のベストプレーヤーの一人だ」

    http://web.gekisaka.jp/news/detail/?162722-162722-fl


    →続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 
    人気女子アナとの結婚がプレッシャーになったのか――。
    最下位にあえぐ広島カープのなかでも、大スランプに陥っている堂林翔太内野手(23)。代打生活が続き、打率.158と低迷から抜け出せない。

    不振の一因として、多くのファンが不安視するのが、昨年12月に結婚したTBSの枡田絵理奈アナ(29)との“甘い新婚生活”だ。

    堂林は、2012年に144試合に出場して14本塁打を放ち、鯉打線の若きホープとして期待された。
    しかし、年を追うごとに成績は落ち込み、今年のオープン戦も14打数1安打と不調で、開幕2軍スタートに。

    チームの打線不振が続いたことで急きょ1軍に招集されたが、目立った活躍ができないまま、打率は1割台に低下している。
    1軍に帯同しても代打生活が続き、最後に安打を記録したのは先月26日の阪神戦。
    再び2軍落ちを通達されても不思議ではない状況だ。

    そんな夫を支えるべく、4月から有給休暇を消化しながら広島で同居生活に入った新妻の枡田アナ。
    自ら番組で「春にTBSを退社して、広島に住むことになりました」と生報告していたが、かえって堂林にはプレッシャーになっているのでは、との見方が根強い。

    堂林がこの調子なので、枡田アナには寿退社“撤回説”も浮上。
    実際、退社についてはうやむやのままだ。ネット上では、堂林ファンから<(枡田アナは)責任もって堂林を最後まで育てろよ><幸せになってほしいので、もし決断するときには子どもが出来る前に……>なんて声まで上がっている。

    枡田アナは昨年12月の結婚後、「私自身も、できることを精一杯やって、彼の野球人生、サポートしていければと思っています」とブログで公言していた。
    このままでは、“家庭”ではなく“家計”を支えなければならない恐れもある。

    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/159577

    no title

    2人は大丈夫?

    http://baseball.yahoo.co.jp/npb/player/900430/
    堂林 打撃成績

    →続きを読む

    1: VIB ★@\(^o^)/ 
    マーリンズ・イチロー(41)が再び息を吹き返してきた。6日(日本時間7日)のナショナルズ戦は「7番・左翼」でスタメン出場し、4打数1安打1打点。
    連続試合安打を7に伸ばし、3戦連続打点を記録した。二回、無死二、三塁の好機で13年のサイ・ヤング賞右腕シャーザーから左前適時打を放った。

     これで今季は23安打。残り133安打とし、メジャー通算3000安打達成に向けて量産態勢に入り始めたものの、次戦のジャイアンツ戦からは再びベンチに戻ることが濃厚だ。
    腰を痛めて4月20日に故障者リスト入りした正左翼手イエリッチ(23)が8日(日本時間9日)にも戦列に復帰する見込みだからだ。
    mlb15022610080010-p2
     












    昨季、ゴールドグラブを受賞したイエリッチに加えて中堅オズナ(24)、右翼スタントン(25)は守備に定評があり、メジャーを代表する外野陣。守備力ではゴールドグラブ賞10度のイチローにも引けを取らない。

     もっとも、ナ・リーグ東地区2位の今、得点圏打率3割4分8厘(23打数8安打)、8打点と勝負強さを発揮するイチローを外すのは得策ではない。
    イチローの打撃を生かすため、レドモンド監督は、ここにきて一塁へのコンバートを検討しているという。

     マーリンズの一塁はM・モース(前ジャイアンツ)が開幕から打撃不振(打率1割9分3厘)。現在は控え内野手が日替わりで起用されている。
    メジャーではシーズン中であっても選手の配置転換は珍しくはない。多くのゴールドグラブ賞を育てたベリー・ヒル内野守備コーチの指導で、イチローを急造一塁手に仕立て上げるプランがあるというのだ。

     コンバートが実現すれば「3000安打」も現実味を帯びてくるのだが……。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150507-00000009-nkgendai-base

    →続きを読む

    このページのトップヘ